182a2a2e296561a4045165a56e8008a7

なぜ”ソーシャル・ネットワーク”なのか?

今どうして「ソーシャル・ネットワーク」が注目を浴び、それを利用するのか? 利用したほうがいいのか? その大きな理由の一つに、ソーシャル・ネットワークが持つ力、ネットワークの価値、言い換えるとその拡散性の大きさがあります。

ネットワークは、これまでずっと1対1の関係(直接の会話、電話、メールなど)で築かれてきました。 これに1対多数(複数宛のメール、ブログなどの投稿など)、更に多数対多数の関係(ソーシャルネットワーク上で行われる投稿にコメント、会話など)よってもネットワークが構成されます。

イーサネットの発明者、ロバート・メカトーフは1対1の状況において、メンバーn人のネットワークの力はnの二乗に等しいと主張した。(メカトーフの法則、コトラーのマーケティング3.0)

直接の会話や電話が3人のグループでなされるとき、そのネットワークの力は3の二乗、9となるということです。 ところがメカトーフの法則は、関係が1対多数、多数対多数の場合の時のネットワークの力を過小評価しているとして、現在ではリードの法則が使われることが多くなっています。 すなわち

リードによれば、多数対多数の環境におけるメンバーn人のネットワークの力は、二のn乗に等しい。 nが五以上なら、多数対多数のネットワークの力は1対1のネットワークの力より常に大きくなる(コトラーのマーケティング3.0)

メンバーが5名の場合、メカトーフの法則によればネットワークの力は「25」、1対多数、多数対多数を前提にリードの法則によれば、ネットワークの力は「32」となります。 これはメンバーが多くなればなるほど、急激にその差が出てくることになります。 メンバー10名であれば、メカトーフの法則「100」、リードの法則「1,024」と圧倒的にネットワークの力が大きくなってきます。

このネットワークの大きな力、言い換えれば拡散性の大きさが、今、ソーシャルネットワークが注目され、そして利用される理由の一つです。 このソーシャルネットワークの進展を現在のテクノロジーの変化の一つと捉え、Salesforce のマーク・ベニオフは「消費者は発言の自由と選択の自由を手に入れた」としています。

Twitter (2006年7月)、Facebbok (2004年、2006年9月公開)などのソーシャルネットワークが日本でも普及してきた事によって、一般の人がネットで発言する垣根が劇的に低くなってきました。 2010年頃、日本のマーケティング業界では、それをソーシャル・メディア、個人が情報の発信者となって拡大していくメディアとして取り上げ、その量があまりにも大きなため、ビッグデータとして話題になっています。 これに加えて最近の技術革新の3本めの柱であるモバイルの進展、いつでもどこでもネットにアクセスでき、このソーシャルネットワークで発言することが可能です。 モバイル上のアプリは、プッシュ通信で他の人の投稿を知らせてくれますし、メッセンジャーの機能で手軽に連絡も取り合えるようになっています。 ソーシャルネットワークをうまく使って、その拡散性の大きさを利用しながら効果的にコミュニケーションを行う時代になっています。


182a2a2e296561a4045165a56e8008a7

資生堂アジア戦略ーグローバル・マーケティング・研究会

2014年7月31日、グローバル・マーケティング・研究会(明治大学経営学部大石芳裕教授主催、東京御茶ノ水、明治大学リバティ・タワー)に参加してきました。 今回は資生堂 取締役執行役員常務 岡澤 雄さんの 資生堂アジア戦略「挑戦ーアジアのお客様から信頼され勝ち抜く企業」へ、と題した報告でした。 リバティ・タワーのホールに、これまでの研究会で最も多くの人が詰めかける非常な盛会となりました。 また、グローバル・マーケティング研究会の会員も今回で1,200名を超えたと、大石教授から報告がありました。

岡澤さんの報告は、まずは自己紹介から始まり、
当社概要および海外展開状況、
資生堂のアジア戦略理念および市場概要、
資生堂のアジア展開状況と課題、
アジア戦略実行の上でのリスク、
結び:「アジアお客様から信頼され勝ち抜く企業へ」、
と言った流れのものでした。

さらに大石教授のまとめとしては、中国市場での化粧品メーカーのシェアーの変化と、グローバルな化粧品メーカーのROS:売上高対利益率をベースに、海外企業に比べての日本企業の利益率の低さを指摘されていました。

今回印象に残ったのは、改めて中国市場の変化の早さでした。

今回の岡澤さんは、個別各国の市場戦略について概説されていましたので、むしろ2012年6月20日に、この研究会で報告いただいた資生堂中国事業部事業推進部(当時)の大田正人さんの報告が、その当時の中国戦略を詳しく伝えていました。 その後、2013年8月29日には、このグローバル・マーケティング研究会で中国戦略研究所の徐向東さんは、「中国で売れないなんてありえない」と題して、化粧品分野での中国独自ブランドが育ってきている点を指摘されていました。

これに加えて、中国におけるスマートフォンによるインターネットアクセスの増加、廉価なアンドロイド版がこの増加を支えています。 中国ネットワーク・インフォメーション・センター(CNNIC)の2013年末の報告によれば、中国インターネット利用者数は6億1,800万人、この内スマートフォンなどのモバイルからの利用者が、5億人。 モバイルからのインターネットの利用者の2007年5,040万人から2013年5億6万人への変化は凄いものがあります(チャート)。

中国モバイル

このインターネット利用の利用用途の第一位がチャット(5億3,215万人、利用率86.2%)なのです。 上に政策あれば、下に対策あり、という国民性の中で、一番信頼されるのが、自分が属している仲間の「クチコミ」。 このクチコミをチャットが支えています。 いつも思うのは、中国の変化は、日本でも体験していない、世界の最新の変化が非常な早さで中国で起きていることです。 この辺りについていけないと、一気にマーケット・シェアーを落とすか、伸び悩んでしまうことになってしまいます。

研究会の後の懇親会も今回は50名を超えたということで、非常に楽しく、賑やかな会でした。 次回は8月19日、ダイキン、グローバル戦略本部・営業企画部長の大森さんの報告です。


182a2a2e296561a4045165a56e8008a7

水戸岡鋭治からのプレゼントー熊本市現代美術館

昨日2014年7月2日、水戸岡鋭治さんの世界に触れたくて、熊本市現代美術館で開かれている「水戸岡鋭治からのプレゼントーまちと人を幸福にするデザイン展」(入場料1,000円)へ出かけてきました。 パネル展示が中心であるものの、ななつ星の室内を再現したブース、実際に七つ星で使われているのものの展示などもありました。 また、これまでにデザインされた列車の座席が展示してあり、これは実際に手に触れたり、座ってみることもできました。会場中央に置かれており、子供向けのミニトレインの線路を越えて行かなければならず、思わず、係りの人に声をかけ、確認してから座ってみました。

印象に残ったのは、今年10月から実際に導入される市電のデザイン「COCORO」走っているのを見るのが楽しみです。 また、江津湖周辺のイメージデザインも、ちょっとワクワクするものがありました。 写真撮影も、デザインであるがゆえに接写はダメですが、会場の全体風景でしたら許可されていますとの係りの方のお話でした。少し写真を撮ってくればよかった、と後悔しています。

image


182a2a2e296561a4045165a56e8008a7

もっと気楽に移動したい、熊本ー大阪の最低運賃

ちょっと大阪に出かけたいと思って、熊本から大阪への運賃(格安運賃)を調べてみました。 移動時間、予約のしやすさ、そして料金から、熊本から福岡空港へ移動し、大阪へ向かうのが一番いいかなとの結論になりました。

熊本から大阪へ直行する

深夜バスだと、移動時間およそ9時間、料金は片道7,200円で往復14,400円体力が充溢していれば可能でしょうが、あまり現実的ではありません。

飛行機だと、往復割引で43,800円、様々な割引で片道9,700円から15,300円、往復20,400円から30,600円といったところでしょうか。 格安航空券で、7日前までの予約で往復22,000円というのが見うけられます。 これに 空港駐車場800円/1日 3日で2,400円、合計22,800円から33,000円といったところでしょうか。 大手の航空会社は、予約が45日前、75日前などで格安の運賃を旅行会社などにおろしており、最近はオンラインの航空会社の料金表にも反映されています。 現実的には1週間程度前に予約をするのではないでしょうか? もちろん旅程が早く決まっていれば、もっと安く(片道9,700円程度)なる可能性があります。 格安航空券もこれらの料金体系を利用しています。 スカイマークの運行が2014年4月から休止しているため、どうも割高感がある航空運賃となってます。 また、天草エアーラインが一日一便大阪まで運行しており、片道8,300円から17,500円となっています。

新幹線を利用すると、大阪まで3時間1分。 料金は通常片道18,850円、往復37,700円。 3日前までの予約で、片道14,810円、往復29,620円、 14日前までの予約で、片道12,860円 往復25,720円となっています。 14日前と言うのはちょっと予約しづらいですね。 旅行代理店の格安チケットでは、おおよそ23,000円から24,200円となっているようです。 これに熊本駅駐車場の代金が割引を利用して、72時間まで600円/1日 3日で1800円となります。 合計27,520円から31,420円となっています。 飛行機と比べてあまり魅力あるとはいえません。

熊本から福岡を経由して大阪へ

福岡空港には、LLCと呼ばれているジェットスターピーチが関西空港まで飛んでいます。
料金は、時期によって変動しますが、おおよそジェットスターは片道3,890円から8,990円。 ピーチは、片道2,980円から7,800円。 往復12,000円程度で飛べそうです。 ホテルの検索によくエクスペディアを利用しています。 ジェットスターもピーチもエクスペディアに情報を提供していますが(日本の大手航空会社は提供していません)、どうも料金はジェットスターとピーチ自身がオンラインで提供するものが一番安いようです。 もちろん関西空港から大阪中心部へのおよそ1時間程度の移動と往復2,400円程度の料金がこれに加わリ、合計14,400円程度となります。

熊本から福岡空港への移動

を使って、一時間半ほどで福岡空港へ着くことができます。 この場合、高速料金が3,500円、休日だと1,750円。 往復 3,500円から7000円。 これに駐車場が2泊3日で800円/日、2,400円。 ガソリンがおよそ3,000円。 合計8,900円から12,400円がかかります。

新幹線を利用すると、移動はおよそ1時間、通常片道5,130円、往復10,260円。 割引きっぷが3日前で3,090円、1週間前で2,570円となって居ます。 これに熊本駅駐車場、割引を使って600円/1日 3日1,800円となり、合計6,970円から7,980円となります。

博多方面への高速バスを利用することも考えられ、移動は2時間程度、料金は往復割引利用で3,700円。 バス停の利用が便利であれば選択肢となります。

ちょうど1週間後くらいに大阪の中心まで行くのであれば、ジェットスター、福岡から関西空港 往復8,984円 関空から大阪市内往復2,400円程度、熊本から博多、新幹線往復5,140円、熊本駅駐車場、割引利用3日間1,800円 合計18,324円くらいで行けそうです。 これに自分に便利な宿をエクスペディアで選ぶのが良いかと思います。

182a2a2e296561a4045165a56e8008a7

日本でのマイクロソフトOffice

「マイクロソフトOfficeのiPadアプリ、46日で2,700万ダウンロードを達成」(日本では、このiPadアプリの配布は開始されていません)という、昨日(2014年5月13日)のニュースをみて、あまり使わなくなりご無沙汰しているOffice、改めて「Office 今、どうなってるの?」と疑問が出て来ました。 最近いろんなことが起こっており、調べてやっと理解できた結果、Officeとはしばらく距離をおいておこう、 当面あまり知られてないOffice Onlineが使えればなんとかなるかな? との結論になりました。

今起きているクラウド、SNS、モバイルの3分野での技術革新。 そんな中で出遅れているマイクロソフトです。

Google

Googleはオンラインでのドキュメント作成機能、Google Docsをオンラインストレージ、Google Driveで提供してます。 なかなか使いやすく、私も利用していますが、時としてオンラインでの入力に、意図しない動きが出てきたりして、長時間の入力は無理かな?と言った印象を持っていましたが、その辺は改良されたのでしょうか? ビジネス向けには、1ユーザーあたり月額600円でGoogle Apps が用意されています。 さらに2014年5月1日にはiOS、アンドロイド向けのアプリとして、ドキュメントとスプレッドシートの提供を開始しています(プレゼンテーションアプリも開発中)。 モバイルディバイスでの使用感をあげ、オフラインでも利用できるようにしたものです。

Apple

iPhone(2007年6月、日本では2008年7月)、iPad(2010年5月)でモバイルデバイスに革新を起こしたApple, アプリとしてKyenote, Numbers, Pagesを提供しており、2013年9月のiPhone5S、5Cの発売の際に、これらのアプリが無料で提供されるようになりました。 クラウド領域では後塵を拝したAppleですが、iCloudによってドキュメントなどの共有を進めています。

マイクロソフト

Office Online

2014年2月21日に、それまで2009年以来提供されてきていたOffice Web Appsの名称をOffice Onlineと変更しました。 これはブラウザーから無料でOfficeの主要機能を利用できるもの。 あまり知られていないというのが実状でしょうか?(私も知りませんでした)。 マイクロソフトアカウントが必要とされますが、ホットメールのアカウントで入ることができました。 クラウドのストレージサービスも同じタイミングでSkyDriveからOneDriveへと変更されています。

Office 365

2011年6月28日から正式版が提供されています。 発表当時、Officeのソフトがダウンロードできるようになって、月額課金に変更になるんだ、と言った印象しか持っていませんでしたが、その月額課金は、商用利用を中心として、クラウド上の様々な機能を積み上げるようなモデルとなっています。  料金は一人あたり月額490円から、PCにソフトを入れておきたければ、月額1,250円からとなっています。

Office 365

Office 365 Personal

2014年4月15日に発表されたOffice 365の個人向けプラン。 日本市場での提供の予定はないとされているものです。 PC1台、及びタブレット1台での利用が、月額$6,99、年額$69.99とされています。 商用利用ができない個人向けのプランとされています(どうやって区別できるんでしょう?) 日本では引き続き、パソコンにインストールするOfficeが個人向けに販売されることになります。

Office home

Office Mobile 

2013年6月にOffice 365のユーザー向けに提供が開始されていました。 スマホ上で作成、編集が可能で、保存先はマイクロソフトのOneDriveのみとなっています。 共有はメールでの送信のみです。 2014年3月27日次のOffice for iPadが発表されるのと同時に、このOffice Mobileを無料化し、Office 365のユーザーでなくても利用できるようにしています。

Office for iPad

これが冒頭で伝えた45日間で2700万ダウンロード達成したアプリです。 それだけ、iPad上でOfficeを取り扱いたいとの需要はあります。 これまでもCloudOn2.0 (これは、Officeをそのままの形でiPadで使おうとしていて、使いづらかった)や、ストレージサービスを横断する形でのHopToなどがありました。 今回はマイクロソフトからiPadで使いやすいように提供されるようになりました。 が、残念ながら日本での配布は行われていません(もちろん日本以外のiTunes Storeアカウントを持っている方は、ダウンロードできます)。 さらにドキュメントを見ることはできるのですが、編集しようとすると、Office 365を購入したアカウントが必要とされてしまいます。

こう見てくると、マイクロソフトはそのビジネス・モデルの転換中とは言え、法人相手のビジネスをOffice 365を中心に展開し、利便性を高めるためにOffice MobileやOffice for iPadを開発しているというのが素直な見方でしょう。 特に日本においては、その傾向が強くみられます。 消費者に新たな体験を提供しているAppleや、強力にCloudを推進しているGoogleとは方向性が違います。 とは言え、マイクロソフトのエクセルなど、ピボットテーブルを使ったデータ分析や初歩的な統計解析に使える関数など数多くの機能を持っており、いざというときにはどうしても使いたいソフトです。  当面あまり知られてないOffice Onlineが使えればいいか、とでも考えておきましょう。 何時まで無料で使えるか?不透明ではあります。