海外旅行の為の外貨両替はFX業者で?


為替王さんのブログで外貨両替が有利なレートでできるという記事があって
海外旅行の際に使えるかずっと気になっていましたので、調べて見ました

三菱東京UFJ銀行の場合、ドルの現金であれば、
おそらく銀行間取引レート(TTM)に2円80銭を上乗せしたレートで銀行窓口で購入できます
トラベラーチェックの場合、TTMに1円を上乗せしたレートに加え、
トラベラーチェック発行手数料1%が必要となります

FX業者の一つ、セントラル短資オンライントレードでは、両替(外貨受け渡し)サービスを利用することになります

まず、外貨の買いポジションを持ち、取引量相当の円を入金します
このポジション、ドルの場合、10,000($10,000)が最低単位となっています
その後、外貨調達(受け渡し)をリクエストし、国内の外貨預金口座に送金してもらうことになります

手数料として、買いポジションを持つ際の売買手数料が10,000通貨単位で500円
受け渡し手数料が10,000通貨単位で500円
銀行送金手数料は自己負担とのこと、
指定銀行口座である三菱東京UFJ銀行にはネット上情報はなく、
たとえば新生銀行は外貨建て国内振り込み手数料4,000円でした

24時間取引が出来ますので、適切な為替水準のときドルのポジションを買い増しておけば
$1当たり5銭、$10,000で500円、さらに受け渡し手数料500円、合計1,000円
これに約4,000円であろう振込み手数料、 合計5,000円で$10,000の現金を手に出来ます

銀行の場合、現金であれば$1あたり2円80銭、$10,000で28,000円の手数料がかかりますから
確かに随分差があります

難点は、セントラル短資オンライントレードに口座を開いておくことが必要なこと
最低単位が10,000($の場合$10,000)であること
受け渡しに、通常2営業日かかること
国内に、快く$を引き出せる外貨預金口座を持っておく必要があること、でしょうか

海外旅行に際して小額の両替を行うには、最低通貨単位がちょっと大きいようです、
2日ほど時間もかかります

小額の両替の場合、旅行先の銀行でなるべく有利なレートを探し
現地で両替するのが良いかもしれません