iPhone 3G ソフトバンクの料金体系発表・・やっぱり高い


Apple 3G US

ソフトバンクから iPhone 3G 用の料金体系が
2008年6月23日発表されました

どうも新規のお客に限る? ようですが
7.280円 プラス 8GB モデル 月額支払い 960円
合計 8.240円 が最低となっているようです
このうちパケット定額フル 定額料が5.985円
これはNTTの4,095円、 AUの1,050-4,410円より
ちょっと高めの設定になっています

Apple のスティーブン・ジョブスの発表で
$199となっていたのが
実質負担額 23,040円となっているのは、いかにも日本的
$199*108円で21,492円ですので
7%くらい乗っかっていることになっています
が、為替の問題もありますので、こんなもんでしょうか?

この料金体系、どうも新規のお客に限るニュアンスです
私自身、長くソフトバンクを使用しています
が、長く使っているからといって
大切にしてくれるということは無いのですね・・・きっと
普通のビジネスモデルでは
ロイヤルカスタマーをいかに大切にするかが
ビジネスのポイントとなるのですが
競争の激しい電話屋さんでは、
そこまで手が回らないのが本当のところかもしれません

パケット通信料を高めに設定して儲ける
それも電話屋さんの発想として仕方の無いことかもしれません
が、せめてAU並にしておいてくれたら、
一気に日本の電話屋さんの地図が変わったかも知れません

TechCrunch日本語版に
”日本のiPhone ウェブブラウジングはどこより安い”
と載っていて、驚いたのですが、本当は
”日本でのiPhone でのウェブブラウジングは、他のスマートフォンより安くなる”
が、正しい意味となります
ソフトバンクでの iPhone 用の料金$56 と 
他のスマートフォン用の通常料金$90 を比較しているだけのことでした

アメリカのAT&Tのプレスリリースによると
iPhone 3G の場合、個人用 データ通信 リミットなしで月$30 
これに加えて 月$39.99からの音声通話料金
ビジネス用だと、データ通信料 月$45
個人用で2年間毎月の料金が$10上がってしまう体系(もともと月$20)のようで
それに不満のブログがこちらです

それにしても、リミットなしのデータ通信で月$30
トータルでも$69.99 
孫さんに、通話980円のように
データ通信 $30、$20とがんばってもらいたいものです