日本の人口の減少(5) 参考にアメリカの人口の推移


今回、日本の人口の減少をマクロレベルで
ちゃんと確認しておこうと考えたのは
”金持ち父さん、貧乏父さん”で知られた
ロバート・キヨサキさんの最近の本のなかに
現在も不動産投資に前向きな理由として
アメリカの人口の増加が挙げられていたからです

アメリカでの不動産バブルの発生は
不動産のキャピタルゲイン(転売益)を目指して
ありとあらゆる人が市場に参加したことによるとのこと
彼自身は、一貫して不動産のもたらす
キャッシュフローを重視しています

アメリカは歴史的に開放社会であり、
移民数の増加、出生率の維持安定により
毎年人口が300万人近く増加し、
2007年に3億人を超えています

(US  Census Bureau, Popuration Estimates Program
各年度、7月1日現在の推計総人口) 

毎年の人口の増加が対前年比1% 程度
というのがここでの発見でした