ソーラー携帯は魅力的


日経新聞2008年2月19日夕刊が、
”ソーラー携帯に廉価版”

中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)
世界で初めてとなる廉価版の太陽電池付き携帯電話機
ソーラー携帯 を開発した、と伝えています
おまけに、価格は$20-$30かそれ以下になるとのことです

なんと魅力的なことか・・・・・

まず、発想
電気が通っていない地域や使うのが難しい地域に住む人は
世界で約20億人
この地域の低所得者層に売り込もうと考える発想、
この着想とスケールの大きさに脱帽です

ちょっと旅行したときなど、
何時も携帯の電池の残量が気になりますし、
時として残量0 となることが良くあります
もちろん雨の日は、使えないのでしょうが、
車のダッシュボードなんかに、
このソーラー携帯を転がして置けば、
バッテリーの残量を気にすることなく使えますね

2代目の携帯として、手に入れておいて
ちょっと出かけるときにSIMカードを入れ替えて
持って行けばとても便利ですね・・・・・

十分に2台目の携帯として
携帯が普及している地域でも売れるんではないでしょうか?

日本では、相変わらずSIMカードが付け替えられない
SIMロックが かかっているんですよね?

日本では、こういった利用は無理ですね・・・・・・残念!? 
また、おまけにiPhone の SIMカードは iPhone 専用の特殊なもの・・・
と思っていたら、そうでもないようです

このソーラー携帯が、海外でSIMロック・フリーで売り出されたら
日本でも使えるかもしれませんね

サムソン・Sumsung も太陽電池付き携帯電話”Blue Earth”
を発表していました
こちらの写真がきれいでした