Twitter って何だろう?


初めのころ、
マイクロ・ブログサービスと考えていました
140文字に制限された手軽で簡単なブログ
ブログが、初めのころ日記と認識されていたように、
Twitter は、ぶつぶつと独り言のつぶやきのようなもの
と感じていました

”ぶつぶつと独り言を公開して、なにがおもしろいのだろう?”

しばらくして、いろんな機能が
Followers・フォローされている、Follows・フォローしている
と整理されてくると、
いかに Followers の数が多いかなどが
Twitter の価値と判断され、話題となるようになります

”Followers の多い有名人の Twitterがいろいろあるんだ、へぇー”

その後
オバマ大統領の選挙で 
Twitter が大変上手く使われていたり
オバマ大統領就任演説が行われている際には
CNN のライブ放送と同時に
Twitter のひとつのアカウントで多くの人が同時にチャットしていました

私自身の認識も、改めてオランダから来た友人たちの 
“何で日本では SMS が使えないの?” 
との一言から
改めて日本以外で、いかに携帯電話同士のチャット、
メッセージのやり取りが普通になっているかに気付き
Twitter はネットでのショートメッセージ・サービス、と認識しました
マイクロソフト・メッセンジャーズなどのダウンロードが必要な
メッセンジャー・サービスではなく
ネットにつながってさえいれば利用できるサービスです 

改めて、Twitter の使い方を見てみると
文章の最初に、@マークの後に相手の Twitter IDをいれると
相手の公開 Twitter  にメッセージを送ることができます
これは、携帯電話や PC 上のソフトに依存しない 
開かれたメッセージ・サービスですね

”すごい、これは新しい双方向のコミュニケーションの道具だ” 

やはり、ちょっと気になる価値のあるサービスですね
ゆるゆるの公開チャット、
でもちゃんと双方向性のコミュニケーションがネットでできる・・・
とはいえ、日本での普及は後、20年、ネットの世界ですから10年
かかるでしょうね・・・・

携帯電話の SMS が、携帯電話のキャリアーを超えて普及していないこと
携帯”村”の日本での発展が、ネットへの認識・浸透を阻害していること

そうですね・・・・5年から10年後、日本でも流行るかもしれませんね?