実際にTGVに乗ってみた


フランス語サイトでのTGVの予約の仕方の続編
今度はTGVの乗り方についてです

実際に、2009年4月26日にパリ東駅から
ドイツのザールブルッケンまで
2009年4月30日にパリ・モンパルナス駅からレンヌまで利用してみました

日本で予約をしたときの最後のページを
印刷して持参していきました

まずはチケットを何処で受け取るかです

こちらがパリ東駅 Gare de l’Est

paris

どんどん進んでいくと
こんなチケットブースがいくつもあり、悩んでしまいました

paris-5

が、実際は駅を入ってしばらくした左手に
SNCF(フランス鉄道公社)の大きな看板の店舗がありました

paris-17

こちらで、チケット・プリーズ Tickts please でも
ビエ・シル・ヴ・プレBillets, s’il vous plait でもかまわないでしょう、
印刷した予約内容を見せると
チケットを印刷して、手渡してくれました

チケットに刻印 Composteur を

列車に乗車する前には、チケットに刻印をします
ホームへの通路に設置された黄色の刻印機に
チケットを差し込むと、それなりの音がして
コード番号が刻印されますので、これを忘れないようにやっておきます

列車に何処で乗るか(ホームは何処?)

チケットに列車の番号やシートは印刷されています
が、問題はホームは何処か・・・・ですね
みんなが見上げている大きな掲示板に
各列車のホームが表示されます

paris-2

が、これがほとんど直前まで表示されません
5分10分前に表示されれば、良いほうではないでしょうか
表示された瞬間に待っていた人が
一斉に移動を始めるといった感じです

モンパルナス駅 Monparnasse から、レンヌ Renne へ行った際には
この表示が、遅れに遅れて出発時刻の30分後にやっと表示されました
この人ごみが、いっせいに移動しました

paris-4

何号車に乗るか

チケットに何号車と書いてあります
この数字が結構”20”と書いてあったりして
いったい何両編成なんだろう・・・と思っていたのですが
列車の側面に、列車の号数が電光掲示板で表示されていました
意外と、適当に”18”から始まったりしています

レンヌ駅では、ホームに列車の号数表示の
掲示板がありました

これで、乗り込んで座席を探して席に着けば
後は出発を待つだけです
こちらがドイツに向かう ICE です

paris-31

1等車では、ザールブルッケンまでわずか2時間弱ですが
ランチボックスが出るとのことです

こちらはモンパルナス駅の外観と

paris-11

モンパルナス駅の駅前の広場です

paris-10

レンヌから利用したTGVです

paris-91

予約を取る際に悩んだ、シートの指定ですが
車両によって、さまざまな形、形式があるようです
ザールブルッケンからパリに帰ってくる列車では
パノラマと言うのがあったので試してみました
列車最後尾の運転席越しに外が見える、結構快適な席でした