ジャカルタ Jakarta オートバイが増えています


貧富の差が大きいジャカルタで、
最近オートバイが増えてきて、車の運転がしにくくなっている、と
車で移動している現地の人が、話しています

オートバイといえば、ベトナムです
古い話ですが、1990年代後半にホーチミンを訪れた際には
まるでハエのように多くのオートバイが道路一杯に走っていました
車の数が少ないのに、一気にオートバイが普及している感じでした

ジャカルタの場合、富裕層に車が普及した後に
オートバイの普及が始まっているという感じです

およそ11万円から15万円のオートバイを
クレジットで、毎月の支払いが5千円から1万円
この金額を毎月払える層が、
一気にオートバイの購入に走っているようです
一種のステータスとして、
オートバイは、ほとんどぴかぴかに磨き上げられています
現地に駐在したことのある人は
インドネシア人がこんなにきれい好きだったとは知らなかった
と言っています

とはいえ、このクレジットの金利、20%から25%
すごい金利です
日本の大手の金融機関、銀行もすべて参入しているそうです

現地の人は、”彼らは、何にも先のことを考えていない ”
と嘆いていました