日本ではどうしてディーゼルエンジンの車が普及してないか?


日本のガラパゴス化は、携帯電話だけではないようで・・・・

2002年とちょっと古いのですが
ヨーロッパのディーゼル市場については、いすず ISUZU がうまくまとめてくれています
ヨーロッパにおける乗用車用ディーゼルエンジン の動向

ディーゼルエンジン最新データブックによると
2005年時点で、ヨーロッパ EU 諸国全体では新車販売の49.8%
最高はルクセンブルク、乗用車の新車販売の75.4%がディーゼルエンジンです
驚きました
ISUZU は独自にディーゼルエンジンを開発、ヨーロッパに供給しているんですね

フォルクスワーゲン VW もうまくディーゼルエンジンの歴史をまとめてくれています

Diesel Engine History
Clean Diesel Engine

何でディーゼルエンジンの乗用車が日本に入ってこないのだろう?

あまり説得力のある理由は見つかりませんでした
世界で、中国で過酷な販売競争をしているフォルクスワーゲンとトヨタ
いくらフォルクスワーゲンの日本での販売店にトヨタの資本が入っていても
プリウスの販売に影響するからと言って
ディーゼルエンジン乗用車の販売を手控えるようなことはないよなぁ・・・・・
と考えながら見ていると、こんな記事がありました
2009年9月7日の記事です

フォルクスワーゲングループジャパン、
クリーンディーゼルエンジン搭載車の日本導入 2010年にゴルフから

New Golf にターボ、スーパーチャジャーがついた
ガソリンエンジン TSI が載ったのは今年2009年の4月
となれば、先にTSIエンジンが載っていた、Golf Variant あたりに
ディーゼルエンジンが載ってもおかしくないかもしれませんね

面白くなってきました
もともと車の造りでは定評のあるフォルクスワーゲンですから
ディーゼルエンジンTDIに、ギアシステムのDSG
これに2014年のEU排ガス基準、 Euro 6 をクリアーしたブルーモーションテクノロジー
これらが、一緒になって載ってきたらいいですね
すでに、ドイツのアウトバーンを走っているわけですからね