Google Buzz は使えるか? 


2010年2月10日にGoogle Buzz が発表されました
このGoogle Buzz は使えるのか?
結論的には、まだ使える状況ではないように思います

Google Buzz とは何だろう?

”コミュニケーションのツールである”ことより、
また、Following の概念で
そのコミュニケーションの範囲を限ることができる点でも、
Twitter を、さらにFacebook を意識したサービスであることは間違いありません
さらに、Buzz 上で、写真や映像を投稿できる点、
Twitter よりも写真、映像に親和性が高いとも言えます

Connect と言う概念で、他のサービス(Frickr, Picasa,
Google Reader, Twitter, Youtube など)をBuzz に取り込むことができます
このあたりは、Facebook に買収された Friendfeed と同じような動きをします

Filtering フィルタリングの機能も新たな特色です

興味のなさそうなものは除外したり
動きのない投稿や、ステータスメッセージは折りたたまれてしまいます
おもしろそうな会話は、Buzz 上で、おすすめとして表示されます

携帯での使用の場合、GPS情報を利用して情報を共有でき
その場所についての話題を共有できる点
foursquare などのサービスも射程に入っています

コミュニケーションをさらに豊かに・・・Google バズがいよいよ登場

Google Buzz の可能性

Google Buzz が提供する機能で気になるのは
Filtering の機能です

”フォロー中の人達から投稿されたメッセージで、興味がなさそうなものはバズが除外します
動きのない投稿や、短いステータスメッセージは折りたたんでしまいます
逆に、直接フォローしていない人達からのバズであっても、面白そうなバズ
(例えば、コメント内でのあなたの友達同士が楽しい会話をしている投稿など)
であればバズ上で”おすすめ”として、表示されるので、ホットな情報を何時でも捉えることができます
勧められたバズに特に興味がなければ”興味なし”リンクをクリックしておけば、
おすすめ機能をよりあなたにあった形で利用できるようになります”
と、説明されています

これが、Googleの検索技術をもとに、Filtering が行われ、
”興味なし”によって、より個人向けにカスタマイズされるのであれば
非常に大きな可能性を持っています

Edo Segal  エド・シーゲルが、 ”アンビニエント・ストリーム”と言う概念を提唱し、
”至高の目標は、その人物、ソーシアルグラフ、いまその人や友人が何をしているか、
以前何をしているか、その他の消費した情報の状況に基づいて、
関連する情報だけを提供するフィルターである” と説明した
これから業界全体規模での取り組むべき、第一歩となる可能性があります

リアルタイム検索の向こう側: アンビエント・ストリームの夜明け
(示唆に富む内容ですので、是非お読み下さい)

Google Buzz の使えないところ

とは言っても、現在Twitter を使って
即時性・同時性のチャットを楽しんでいる人が
こちらに移ってくるとは考えられません

Twitter のAPIが公開されていることや、URL短縮サービスによって
140文字の制限の中、すでに写真や映像の共有が自由に行われています
さらに、イベントの共有なども盛んに行われています

情報のコネクトも、Frienfeed の数分後に比べて、
Google Buzz では、数時間(実際には5.6時間)後となってしまっています
これでは、Facebook から、Google Buzz への人の移動も期待できません
また、Buzz からTwitter へのコネクトも行われていないようです

(訂正:2010年2月17日
Google Buzz からTwitter への投稿が確認できました

再度訂正: from Google と言うのを発見して、
Google Buzz からのものかと思ってしまいました
が、これはYoutube からのものでした、恐らく・・・
現在のところ、Google Buzz は,Twitter に反映されません

追加: FeedBunner を中継させることによって、
FeedBunner の基本設定である30分毎に
Buzz をTwitter に反映させることができます
Google Buzz と Twitter の連携について)

Filtering に可能性があるとはいえ、すぐにBuzz ろうとは思いません

ビジネスに利用しようとする一部の人が 積極的に利用しているのが現状でしょうか?