日本商業学会ワークショップ・グローバルマーケティング研究会に参加


2010年5月28日 日本商業学会のワークショップとして開催された
第30回グローバル・マーケティング研究会に参加してきました

グローバル・マ-ケティング研究会は
1999年5月に開催された日本商業学会のワークショップから
設立されたものです

今回の、ワークショップのテーマは
”マーケティングが国境を超える意味の再検討”
このテーマに対して、以下の3つの報告が
報告40分、質問20分の形式で行われました

スティグマ管理としての国際マーケティング
ーアメリカにおけるマンガ出版を事例としてー
松井剛(一橋大学)

スティグマとは、属性とステレオタイプの間に見られる
特殊な関係であり、社会的な構築物であるとのこと
日本のマンガやコミックが文化規範の違うアメリカへ輸出される際に
このスティグマを管理するべく
年齢レーティングや修正、出版中止が行われた、との内容でした

丁度2007年から2009年3月までの
アメリカの現状を鋭く多指にわたって研究され
論理も明解で分かりやすい報告でした

国際間にまたがるサプライチェーンの構築
ーデジタルカメラの事例を基にー
伊藤宗彦(神戸大学経済経営研究所)

日本の家電メーカーとフランスの家電販売店フナック・Fnacとの
商品開発・流通・サービスを総合的に分析された研究です
フナックの販売戦略や在庫管理としてのサプライマネージメントが
非常に解りやすく解説されていました

商品評価を中心としたフナックの販売戦略が
どこまで国際的なマーケットで通用するのか、受け入れられるのか
そのあたりに、今後の研究の余地があるのではないか
と、個人的には新たな興味が持てました

越境とローカルな意味付け問題を考える
川端基夫(関西学院大学)

この報告は、ちょっと長いスパンで見た場合の
日本の小売業の海外進出がどのように変質してきたか
これを文化の面から意味付けし、その変容を考えてみた報告です

個人的には、時間軸のスパンが長すぎると共に
最近動きが反映されていない点
商品のサイクルが速くなっている現状を前提とすると
小売業においては特に2005年以降の動きは
欠かせないのではないでしょうか
また、最近の中国市場の急激な経済的な変化を考えると
経済的な視点を抜きにして、文化的な側面だけで考察するのは
どうしても、マーケティング理論として総合的な説明ができないのではないか
と考えてしまいました

報告会のあとの懇親会にも参加させていただきました
なかなか研究者の方とお会いすることも
お話させていただく機会もない中、
明治大学経営学部教授大石芳裕さんの主催される
グローバル・マーケティング研究会の一環として
このような機会を持ち得たことに感謝します