WordPress・WordCamp Yokohama 2010 に参加してきました


昨日2010年5月29日、横浜東京都市大学で開かれた
WordCamp Yokohama 2010 に参加してきました

今回の開催、ブログ用の無料ソフトウエアーWordPress のユーザーの
オープンなコミュニティとして世界各都市で開かれている一環です
今回約400名の参加
メインホールの報告を中心に聞き、懇親会まで参加させていただきました

ひとつのオープンなソフトを中心にこれだけの人が集まり
テーマを共通に盛り上がり、つながる、素晴らしい体験でした

今回、特に印象に残ったのは

WordPress の現状~事例とバージョン3.0紹介

マクラケン直子さんの報告の中で
これまでのデフォルトのテーマが変更されるとのこと
新バージョン3.0に搭載される新しいテーマ・Themeの名称は Twenty Ten
背景のカスタム化ができたり
カスタムポストタイプを設定できたりすると同時に
フッター部分にも4つガシェットが割り当てられています

これまで苦労しながらやっとテーマを探しああてて
丁度、このブログでフッター部分に3つガシェットを割り当てています
が、これからはデフォルトのテーマでこの構成が可能になります
全体的に、新しいデフォルトになるテーマ
自由度が高く、最近のブログのデザイン傾向を取り入れてあり
非常に使い勝手の良いものになりそうで、期待が高まりました

ソーシャルメディアのネットワーク

東京都市大学教授上野直樹さんの報告です

Webの生態系と言う視点から
例えばWordの使用目的は、シンプルであるが操作が複雑
これに対して、Twitter は操作・構造はは非常にシンプルであるが、
その使用目的・意味付けは非常に複雑、と指摘
Twitter は勝手に皆が意味付けしているとのこと
Twitterが、ウェブの生態系の再編成の起点になっているとも指摘

確かに、Twitter の特徴の一つとして
誰ひとりとして同じタイムラインを持っていません
これによっても、それぞれに使っている人によって
Twitterの持つ意味は変化していくのでしょう
それにしても、Twitterの持つリアルタイム性・同時性が
多くの人を魅了しているのではないかと、私は考えています

Intense Debate コメントシステム

Issac Keyet さんの報告です
開発から9ヶ月後に、Automatic 社に買収されたというコメントシステムです
コメントを投稿する際に、Twitter やFacebookのIDでログインして
コメントを残すというWordPress のプラグインです

こちらも、ネット上の最近の”つながる”といった動き
WordPress のコメントの投稿にも取り入れられるものです

他にも、神戸・板垣宏明さんの”ホームページ読上げシステムのプラグインの紹介”
村岡正和さんの”HTML5で変わる何か”、などが特に印象に残りました

今回のキャンプ、メインホールは
ケツダンポトフのそらのさんによってUstream配信がされ
こちらも380名以上の方が配信に参加していたとの事
直ぐ後ろでカメラ撮りが行われていたこともあり
一言だけご挨拶だけさせていただきました

いつもUstream で見かける控えめな印象から
勝手に結構小柄な人かなと想像していたんですが
ヒールを含めて170cm近くある、とても素敵できれいな方でした

最期に、スタッフの皆さん、本当にこの様な機会を
運営していただきありがとうございました
改めて感謝いたします