ソーシャル・メディア Social Media って何だろう?


最近ビジネスの世界では、猫も杓子もソーシャル・メディア

ビジネスの世界にいる友人に話を聞いてみると
どうも、自社サイト以外での消費者とのコミュニケーションを
すべてソシアルメディアと呼んでいる様にも思える
が、これがどうしても違和感があり分かりにくい

個人が情報の発信者となって拡大していくメディア、とか
商業的なソーシャル・メディアとは、UGC(User-generated content)や
CGM(Consumer-generated media)を指す、などと言われているようです

機会があり、”どのように情報発信していくか?”と考えてみる機会がありましたので
このソーシャル・メディアを、どのように情報を発信するかといった方向から
まとめておきたいと思います

まずは、インターネットによる情報発信ツールを中心に
その歴史をざっと見ておきます

インターネット

アメリカでインターネットの商用利用が開始されたのが1988年
日本では1991年にDNS の管理業務が任意団体JNICに引き継がれ
初期のウェブ・ブラウザー、モザイクがアメリカで開発されたのが1993年
1995年のWindows 95 の発売によってインターネットがより一般化しています

WWW ウェブ

今やインターネットアドレスの標準的なキーとなっている www
World Wide Web 一般的にWeb・ウェブとして知られています
インターネットでアクセスされる内部リンクを含んだハイパーテキスト・ドキュメントのシステムです
インターネット普及の最初から、当然のようにサイト構築の基本となっています

1990年に開発され、日本では1996年にコマーシャルサイトが慶応大学によって初めて構築され
それ以降、世界中のウェブサイトがドメインネームとHTMLを含んで作成されています

ブログ Blog

語源はWeblog, Web上のlog (記録)として発生
ブログ・ストレージ・サービスのBloggerは1999年に開発され
2003年のGoogle に買収されユーザーを増やしています
ブログソフトのMovable Typeは2001年に発表され
2007年12月にオープンライセンス化・General Public License されています
現在利用者の多いブログソフトWordPress は2003年5月にリリースされています

日本では2002年頃から急速に広まったと言われており
2005年当初、Yahooがブログ・ストレージサービスを提供していない中
ライブドアなどがブログ・ストレージサービスを提供していました

Twitter

2006年7月に開発されたTwitter
2007年3月South by Southwest (SXSW) フェスティバルを経て
アメリカでより知られるようになっています
日本では2008年1月デジタルガレージが出資、
2008年4月に日本語での提供が開始され、
2009年10月に携帯向けサイトが開始されています

Facebook

Facebook は、2004年ハーバードの学生によって開発
2006年9月に一般公開され
2008年5月には日本語版が公開されています

YouTube

ついでと言ってはなんですが、映像での情報発信として
YouTubeについても見ておきます
2005年2月にカリフォルニアに設立され
2006年7月に日本語対応しています

Ustream

現在話題のライブ配信サービスUstream は
2007年3月に設立
2010年4月に日本語版の提供が開始されています

あえて、インターネットの世界的な動向を見るために
日本のみのサービスは外しています

が、ブログの2003年のサービス拡大を始めとして
現在当然の様に存在するサービスの殆どが
2005年以降に開発されたことに驚きを感じます

これらの情報発信サービスの特徴や
拡大のスピードについて、次回見てみたいと考えています