Garmin Oregon 450 が届きました


今年の秋田渓流釣りでその面白さに引かれて
あまり何も考えないでGarmin ガーミンのGPS
Oregon 450を購入しました
注文したのが8月17日、届いたのが 31日でした

携帯の電波が届く街中では
iPhone が素晴らしいGPS になります

が、私たちが出かけるのは携帯の電波が届かない渓流
そんな状況ではGarmin は最高のGPS でしょう
また、海外での携帯電話のパケット通信代は
とんでもない金額になるというのも常識
であれば、海外の知らない街に行ったときにも
GPSはこころ強い道案内人になるでしょう
”Travel like a local with your GPS!”
あるサイトで見つけたこの言葉は
GPSの使い方を簡潔に伝えています

友人はハワイに行った際に購入しています
私は、アメリカでアウトドアの通販で定評のある
Cabelas  カベラスから購入しました
これまでも、いくつかのアウトドア用品を購入しています

プロモーションのメールにつられてCabelas サイトを見ていて
このOregon 450が$349.99 で出ていましたの思わず
ポチってしまいました
(この後で、別のサイトのセールで$249.99の物がありました
日本への発送も$75くらいでできそうです)

このOregon 450、これまでのOregon 300の後継機で
ジャイロが組み込まれたことによって
水平にしなくてもコンパスが機能するとのこと
$499.99のOregon 450T もありますが、
こちらは北米のTopoマップ(等高線マップ)が最初から組み込まれているもの
Oregon 450は世界のBaseMap と呼ばれているものだけが
組み込まれています
Oregon 550はカメラが付いたものです

日本までの送料が$98.00、高いとは思いましたが
合計$447.99 現在のレート85円で38,079円
これにクレジットカード会社のマークアップ(上乗せ)が入りますので
実際の請求額は若干上がるでしょうが適切な価格でしょう

日本での実売価格は38千円から99千円でしょうか
どんな地図をマウントするかによって価格差が出ています

Garmin は航空機や船舶へのGPSの提供でも実績がある会社
GPSの使い方としても、衛星を利用して
世界のいろんなところで使用されることが前提となっているでしょう
このあたり, 興味が尽きません
しばらく追っかけることになりそうです

次回は、Garmin Oregon 450 の外観と付属品です