Apple TV の衝撃


”Apple TV の衝撃”といったら大げさですが
それをよく現しているのが次の写真ではないでしょうか?

右2つが、今使用しているテレビとスカパーのリモコン
普段使わないボタンも含めて、ありとあらゆる”ポッチ”が付いている
伝統的な機器ですね

左の2つは、今回のApple TV のリモコンと、ご存知 iPhone
どちらか1つだけで十分に役に立ちます

お気に入りの iPhone のアプリケーション Remote では、
普通にiTunes を操作するようにしてテレビを操作することができます

Apple TV のリモコンのデザインのシンプルさにはしびれます
画面上の簡単な操作で複雑な操作をこなしています

テレビのリモコンもおそらく同じように
テレビの画面上でいくらでも操作できるでしょう
が、そこにはガラパゴスから超えられないほどの発想の転換が必要でしょう

もちろん iTunes の映像、写真や音楽を楽しむには
別にパソコンを立ち上げておく必要があります
(アメリカではほとんどの人気テレビ番組が
iTunes で、一話$2.99程度で楽しめます)
加えて YouTube も楽しむことができます

YouTube では 2010年12月1日
Leanback にパーソナライズ・チャンネルを導入
YouTube のコンテンツをエンドレスで上映してくれます

ブラウザーに youtube.com/leanback と入力すればスタートします
試しに、好きなキーワードを入力するとチャンネルとして登録され
スタートボタンで映像がエンドレスで流れるようになります
例えば”宇多田ヒカル”の検索で
最近話題のGoodby Happiness, Color などが流れ続けます

Apple TV でやれるのかな?と試してみましたが
今のところ、やり方は見つかっていません
今後のOSのアップデートに期待しましょう