Foodex Japan 2011 に行ってきました


Foodex Japan 2011 国際食品・飲料展に
幕張メッセまで出かけてきました
初めての見学でしたが、なかなか興味深いものでした

最初に、登録が必要で、なかなか盛況です

36回を数えるこの展示会、日本能率協会がメイン主催者?
として顔を出しています

いわゆるB to B の展示会だからでしょうか?
入り口で形式的な手荷物検査があり
会場内での撮影が禁止されています

いわゆるバイヤーの専門的な評価も必要でしょうが
いっきにソーシャル・メディアに公開して
話題作りをやったほうが出店者には
メリットがあるのではないでしょうか?と思ってしまいました

あまりにもたくさんの出店がありましたが
そのなかで気になったものは・・・・

インドネシアからのコピ・ルアック
友人の出店ですが、ジャコウネコが食したコーヒー豆
その稀少価値ゆえ、高値で取引されています

トルコのオリーブオイル Milas OLIO
日本での知名度は高くないのかな?
ヨーロッパでの評価は高く
子供向けのオリーブオイルを出しています

アフリカ、カメルーンのコヒー豆
JETROの後押しでアフリカや中東
中南米のメーカーが多く出店しています

養殖の鯛やブリを出店していた
愛媛県宇和島の水産業者、大徳水産
トレーサビリティをあげ、餌に工夫することによって
油っぽくない、より天然に近い魚を安定供給するとのこと

いろんな国の様々なワインが数多く出展されていました
各国のビールも出展されていました
車で出かけていましたので、一切試飲できませんでした
これだけが、大きな、大きな心残りです、残念

昨日のTweet では、多くの中国の方々が目立つとの情報があったので
そのエネルギーを期待して出かけたのですが
今日は、特にそのようなことはなく
全般的に様々な国の方が、適度に混じっていたように感じました