Garmin Oregon 450 (7) 地図はいどんなっぷ

最終的にGarmin Oregon 450に入れる地図は
いどんなっぷさんの物に決定しました

最初はサンプル地図が
上手く表示されなかったのですが
これは、いどんなっっぷさんが書かれている
設定>マリン>Marine Chart Mode を
オフすることによって、ちゃんと表示されました

自分の用途に応じて地図を選択
私の場合、もっぱら渓流釣りのお供ですので
全国地図に加えて
よく出かける渓流地区のTopo 10m を加えました

日本語のみ、日本語・英語併記を選択しなければなりません
私は両併記では表示がうるさくなるだろうと
日本語のみを選択しました

が、これはまだGarmin のちゃんとした機能を
完全に理解していませんでした
日本語を表示できるようにしてあっても
検索はアルファベットのみ対応しており
この検索が出来ると
様々な他の Garmin の機能がもっとよく使えるようです

これから購入される方には日本語・英語併記をお勧めします

表示のうるささの問題も、
実際現地で使用する縮尺、20mやそれ以下では
全く問題になりません

前回の釣行に、このGarmin Oregon 450 を持って行きましたが
現在どこに居るのかがわかること
渓流の地形がわかること
退渓点までの距離がわかること
など、非常に重宝しました