WordPress テーマ Twenty Eleven 使うことにしました


昨年末から使っていたWordPress のテーマ、Twenty Eleven
なかなか良さそうなので、今後使って行くことにします

ソーシャル・メディア、Facebook や Twitter が日本でも普及してくると
そちらに、ちょっとした事を書き込むと、ブログのアップがおろそかになり
平気で2週間もブログ記事を書いていないようなこともありました
ブログに対しては、どうしてもまとまった記事を書きたい、
と言った欲求があり、それなりの時間が取れないとなかなか書けませんでした

投稿の種類

Tumblr の影響も見て取れる Twenty Eleven 、投稿の種類を

  • Standard: これまでのブログ記事
  • Aside: 4,5行の短い記事
  • Link: リンクを伴う他の記事の紹介
  • Gallery:  複数の写真のアップ
  • Status: 書き手の近状を短く
  • Quote: 他の記事の引用
  • Image: 写真・映像のアップ

と分けてくれ、その効果も若干変えてあります
スタンダード以外、それこそFacebook や Twitter に
気軽に書き込むような感じです

ソーシャル・メディア

Facebook にはその独自のつながりの強さとLike による影響力
Twitter には、即時性と情報のリトリートによる伝播性
と言った特色があり、それが有機的な結合を築いていきます
その中に埋没してしまわない為には
どうしても有機的なつながりの起点、軸となるブログが必要であろう
と考えています

今回、Twenty Eleven を使うにあたって
ソーシャル・メディアとの連携、リンクは
Faccebook, Twitter, Google+の3つに限り
Facebook, Twitter, & Google+ Social Widgets
というプラグインを使用することにしました
それまで利用していたRSS リーダーなどへのリンクは
すべて外しました
RSS リーダーの利用者は、それぞれ使い慣れた
登録のやり方を持っていると考えています

また、RSS リーダーを使い慣れていない方には
Email の登録を設けました
Subscribe2 というプラグインを使っています
(一部日本語化されていませんが、そのまま使っています)

またブログ記事を投稿する際に、Facebook, Twitter に
その記事の内容に応じて公開できるように
Social というプラグインを利用します
このプラグインは、Facebook, Twitter のID でコメントが残せ
また、Facebook のコメント、Like や Twitter でのReTweet が
自動でフィードバックされる機能も持っています

サイド・バー

Twenty Eleven の次の特徴として
記事の内容に集中して読んでもらうために
個々の記事にはサイドバーが付きません

検索などで他のブログを訪ねると
2コラム、3コラムで多くのリンクや広告を配置してあり
目指す内容が、どこに書いてあるのかわかりにくいのが通常です
Twenty Eleven の評価についても
サイドバーがないことを問題にしている意見が見られ
すぐさま、それまでのやり方を続けるべく
個々の投稿にサイドバーを付けるプラグインが開発されています

が、記事に集中して読んでもらうためには
読み手にとってすっきりとしたデザインが必要でしょう
オリジナルのデザインのまま行くことにしました

iPhone, iPad, Facebook Welcome page

Twenty Eleven はテーマそのものが
ダイナミックにブラーザーに対応するようにできています
そのため、iPhone や iPad でブログを見ても
最適化された状態でオリジナルなブログを表示してくれます
これまで使っていたモバイル用のプラグイン、WPtouch
独自の表示を iPhone に提供するものですが
必要無いので削除しました
また、WordPress Twenty Eleven のページを使って
Facebook のWelcome Page を作成すると
ブログ全体が最適化されてWelcome Page に表示されます