MUJIの海外市場向け商品対応・グマ研


2012年2月20日グローバル・マーケティング研究会
(明治大学経営学部大石芳裕教授主催)に参加してきました
今回第51回、(株)良品計画海外商品担当増田明子さんの
MUJI の海外市場向け商品対応
ークリスマス・ギフト商材の開発事例ー
と題しての報告でした

はじめにMUJIの海外展開を概観
海外商品対応の全体について展開
さらにクリスマス・ギフト商材開発事例を
詳細に多くの写真を使い、
プロモーションも含めての報告でした

今回、商品開発の現場からの詳しい発表
様々なご苦労が直接感じられる良い報告でした

個人的には、「MUJIらしさ」を規定する
ブランド・ステートメント(規定書)に
哲学的なことが書いてある、というのが印象的でした

本来ブランドを維持するためには
明確にブランドコンセプトを規定し
それを実現する手順がしっかりしているべきで
どのように自らのブランドを確立し、維持していくか
この How の部分が全ての人に判りやすく
経営者からスタッフまで同じ事をしゃべるくらいになっていないと
実現は難しいかと思います
何とも、哲学的、というのは、ある意味日本的だなと感じてしまいました

同じ事を資生堂の「資生堂Way」の
どのように実現するか? のHow の部分においても感じています

MUJI 南アジアから中東にかけての展開拠点を
シンガポールに置くというので最近話題になていました
戦略全体についての理解には増田さんが紹介されていた
「無印良品 世界戦略と経営改革」(2012年2月10日発売)
が役に立ちそうです
会社の経営陣が全面的に協力して完成した本とのこと
また社員全員に配布されたとのことです

次回のグローバル・マーケティング研究会は
2012年3月13日 Bob O’Brien さんの
CREST, Consumer Reports on Eating Share Trend
という消費者パネル、の報告です