Facebook ページの仕様変更に踊る?


Facebook ページのタイムライン導入に対して
賑やかに様々な意見が出ています
(あたふたしているとも言えます)

企業のマーケティング戦略が
ソーシャル・メディアのひとつ、Facebook の仕様変更に
いとも簡単に影響を受けてしまう、というのは
どうもいただけません

そもそもソーシャル・メディアとは
硬直化、マンモス化していたウェブ・サイトに対して
ブログ、Twitter, Facebook と消費者が作り出すメディア、コンテンツ、
その圧倒的な量を企業(スモール・ビジネスも含んで)は
無視することはできません
何とか企業のマーケティング戦略として取り込めないか?
ここが始まりです

誰でも合理的なコストで自由に意見表明できるブログ
同時性、拡散性に優れたTwitter
それに、よりつながりを重視したFacebook
この3者の関係をどう構築していこうかと
これまで色々と試してきました

結果、ブログを起点にして、
有機的な即時のつながりを持つTwitter
そして、より個別的なつながりを持つFacebook
これらをコントロールしながら、結びつけていく
そのプラットフォームとして
ブログ・ソフトのWordPress が最適と考えています
特に、現在使っている最新テーマのTwenty Eleven は
これからのiPhone, iPad などでの表示の相性まで考えられて
消費者からのアクセスの容易さを確保しています

このコントロールのプラットホームを手に入れて
企業はどのようにマーケティング戦略を実施していくか?
その戦略は普遍的なもので(でも、変化していきますが)
一つのFacebook の仕様変更では影響を受けないと考えています