WordPress でマルチ・複数サイトを運営する際の注意


WordPress 3.0 以降、サイトのマルチ(複数)運用ができるようになっています
これを、WordPress では、ネットワークの作成と呼んでいます
興味があって、調べてみるといくつかの注意点がありあすね

一つは、WordPress をディレクトリ(フォルダー)に展開している場合
サブドメイン型のマルチ化ができない点
二つ目は、WordPress を設定して一ヶ月以上経っている場合
サブディレクトリでのマルチ化ができない点
既存のパーマリンクの構造に問題が生じるとのことです

以下、 WordPress Codex 日本語版
ネットワークの作成
からほとんど引用させていただいています

サーバーの要件

レンタルサーバーを使用している場合
事前にその仕様を確認しておく必要があります
通常にWordPress を使用する要件に加えて
サブドメインが利用できるか?
この場合、サブドメインの設定をレンタルサーバー側で
行なう必要がある場合があります
サブディレクトリーが利用できるか?
手順の中で.htaccess ファイルの変更を加える必要があります

WordPress の設定による制約

WordPress ファイルを専用ディレクトリに配置している設定をしている場合
ネットワークが正常に動作しません
ドメインのURLにwww.を使用している場合には
同じようにサブドメインにもwww.を使用する必要があります
次の場合にはネットワークの作成を実行できません
WordPress のアドレス(URL)とサイトのアドレス(URL)が異なるとき
WordPress のアドレス(URL) に:80 :443 以外のポート番号が付いている時
次の場合にはサブドメイン型インストール選べません
WordPress がディレクトリの中に設置されている(ドキュメントルートにない)時
WordPress のアドレスがlocal host の時
WordPress のアドレスがIPアドレスである時
次の場合にはサブディレクトリ型インストールを選べません
WordPress を設置してから1ヶ月以上経っている場合、
既存のパーマリンク構造に問題が生じるため

ネットワークの設定は、概ね以下の手順になります

手順 1 WordPress のバックアップを取る
手順 2 ワイルドカード・サブドメインの設定
手順 3 マルチサイトの許可
手順 4 ネットワークのインストール
手順 5 ネットワークの有効化
手順 6 ネットワーク管理設定

ロリポップでの手順については
WordPress Experiment さんが以下の記事をあげられており
参考になるかと思います

ロリポップでWordPress<1> URLをルートに見せるやり方
これだと、サブドメイン型のマルチ化ができないため
始めからルートディレクトリ、XXXXX.com 直下に
WordPress を展開するのが将来のマルチ化を考えれば最善でしょうか

ロリポップでWordPress <2>マルチサイト化
ロリポップでは、ワイルドカード・サブドメインの設定ができないため
手順に従って、ロリポップにサブドメインを登録する必要があります

以上自分への注意書きとして書き留めておきます