WordPress でECサイト・ネットショップを構築する(4)Welcart


日本語で提供されている Welcart e-commerce を見てみました。  日本語の解説も準備されています。  自由度が高い、というメリットがありますが、WordPress の開発者にしてみれば、その通りでしょうが、どうも素人には使いづらい印象を持ちました。

Whisper さんが詳細なWelcart の使い方をまとめています。  これによるとTwenty Eleven でも使うことができますが、そのためにはデフォルトで作成されたテンプレート・ファイルをTwenty Eleven のテーマ内にコピーする必要があります。  難しい作業ではありませんが、プラグイン導入以外になるべく触りたくない、との思いには反します。  もう一つは、商品と写真の関連付けをひとつひとつ手作業で行う点に、ある種の面倒くささを覚えました。

メリットとして、Welcart では幾つかの日本のクレジットカード決済のプロバイダーを使うことができます。  カラーミー・ショップを参考にすると、およそ売買代金の5%、これに取引あたりおよそ200円の手数料がかかるようです。  Paypal の手数料が国内3.6%プラス取引あたり40円であることを考えれば、少し高めのように感じます。