ブランド戦略研究所・東京フォーラムに参加してきました


2012年6月27日 ブランド戦略研究所の第一回東京フォーラムに参加してきました。  関西大学商学部陶山計介教授がこれまでの活動を基礎に、今年設立された一般社団法人ブランド戦略研究所の東京での第一回フォーラムです。

テーマは2つ。 一つは「三菱食品の取り組むライフスタイル・マーケティング」と題して、三菱食品リテールサポート本部、本部長研R-プランニング部長、原正浩さんの講演。  2つ目は「グローバル・マーケティングとブランド」と題して、いつもお世話になっているグローバルマーケティング研究会・主催者、明治大学経営学部大石芳裕教授の講演でした。

三菱食品の取り組むライフスタイル・マーケティング

POS情報を個人に紐付けし、クラスター・アナリシスをベースに個人のライフスタイルを分析、新しい顧客層、その行動傾向を明確にすると共に、それを売り場作りなどにも反映していこうとする新しい試みについてのお話でした。  小売・流通業の悩みも含めて、新しい試みを興味深く聞かせていただきました。

グローバル・マーケティングとブランド

日本企業の問題点に踏み込まれた後に、マーケティング上の問題点として、ターゲティング、知覚品質、複合化戦略について、独自のグローバル・マーケティング及びブランド論を展開。  普段からグローバル・マーケティング研究会でそのお考えに接しているとはいえ、非常にすんなりと染みこんでくる理論でした。

ブランド戦略研究所

今年から一般社団法人として活動を開始するとのこと。  これまで、関西、小売、流通業を活動の基盤として、そのVision において、ブランドを中心に「経営」「マーケティング」「知的財産」の三位一体を目指しています。  このVision がどのように浸透していくか、今後の活動を期待して見ていきたいと思っています。