東京江原会2012に参加する


2012年7月1日、東京プリンスホテルで開かれた東京江原会2012に参加してきました。  この江原会、出身の熊本高校の同窓会組織です。  今年で高校は、旧制中学から含めて創立112年目に当たるとのこと。  毎年卒業から20年経った人達が幹事となり主催、東京で開催されています。

今年は、卒業生の文化活動に焦点を当て、能楽を披露、半能「熊坂」がホテルのホールに特別の舞台を設置して演じられました。  この演者に高校時代同級生だった小鼓方大倉流飯富章宏さんがいて、興味深く鑑賞させてもらいました。  普段は、実業界の人物の講演が多いのですが、今回のように卒業生の文化活動に焦点を当てたのは、おそらく初めての試みで、新鮮なものでした。

それに、急遽参加が決定した、ゆるキャラグランプリ以降大忙しの「くまモン」。  実際に見てみると、何とも愛くるしく、可愛い存在でした。  もちろんお子さんや、若い女性に大人気で、けっこう長い時間皆さんとの写真撮影に多くの人だかりが出来ていました。

ここまで忙しくなってくると、ディズニーのミッキーマウスのように同じ時間帯には2箇所の場所では出演させない、などといった戦略も考えておかなければならないでしょう。  ちょうどくまモン、前日と当日、岐阜の「全国ゆるキャラ大集合」にも出演していましたし、熊本市内でのイベントもあったようです。   ソーシャル・メディアですぐその様子もアップされるので、こういった配慮も必要でしょう。