Google Maps が iPhone に帰って来ました


ビジネスモデルの構築に長けているApple とて、新しい分野ではこれまで2度ほど失敗しています。 iCloud の初期と今回のApple Maps. クラウドと地図情報です。 時が経てば、Maps の方も何とか問題が解決されるでしょうが、今回は今の時点でGoogle Maps のアプリケーションの配布を認めることになりました。

Google Maps グーグルマップの使い方

さすがにGoogle, 準備も万全でした。 Google Japan Blog で2つのマップが使われる状況に応じて、丁寧に使い方が説明されています。 レストランの検索、経路案内です。 非常に判りやすいビデオが好感もてます。 Google ってこんなにユーザーのことが解っていたっけ?と思ってしまいました。 これまで、技術主導でサービスを作っては、壊してきたGoogle が過去のものに思えたくらいです。

さて、3本めのビデオで説明されている「ログイン」。 ログインしておけば、履歴が残るし、PCとiPhone が綺麗に連携されます。 これこそタッチフォンの位置情報がこれからのマーケティングに重要性を増す大きな理由です。 Google はこれを一足お先にどんどんと自らのクラウドに溜め込もうとしてますね、世界中の人のを。 ここにApple も出て行きたかったんですが、最初でつまずいてしまいましたので仕方ありませんね。 今後のApple の地図については暖かく見守りましょう。 Google Maps を使いますけど。