ドロップ・ボックス Dropbox の使い方(2)


iPad で作成した Keynote ドキュメントを Dropbox を使って共有したい、と考えています。 Windows の PC を使いながら、iPhone や iPad を活用している人が多いのではないでしょうか。 結論として、最近使っていなかった(というかほとんど接続することがなくなっていた) iTunes を利用するのが、一番簡便ではないかと思いました。
Apple Keynote Share
Keynote など iWorks ドキュメントの共有方法

Keynote などの右上のスパナ印、ツール>共有とプリント、を見てみると、共有のやり方として
1) メールで送信、これは特定の相手方に例えばKeynote などをPDFで送ってシェアするなどの時に有効ですね。
2) iTunes にコピー
3) WebDAV にコピー、と3つの方法があるのがわかります。

WebDAV とは何だろう?

WebDAV とは、ファイルのサーバー上での管理のやり方、方法のようで、例えば、これまでファイルをネット上送信するのにFTPプログラムなどを利用してサーバーに送ったりしていましたが、このWebDAV だとそんなFTPを利用せずともファイルをサーバーへ移転できるし、また様々な管理ができるようです。  実際、レンタルサーバーを提供しているロリポップやさくらサーバーなどでもこの方式のサービスが提供されています。 従って、単にレンタルサーバー上にファイルを転送し管理するだけでしたら、このWebDAV にコピーを使うことができます。  Window やApple のOS を超えてドキュメントの共有を目的とするのであれば、さらにDropbox との連携が必要です。

WebDAV を利用したサービス

そこで、WebDAV のコピーの機能を直接Dropbox に関連付けるサービスが提供されています。 DropDavや、Otixo と言ったサービスです。 この2つとも、様々なクラウドサービスを、簡単な操作で一括して管理してくれるツールです。 それぞれのサービスに登録し、Dropbox との関連性を持たせることによって、「WebDAVにコピー」するだけでKeynote 等のファイルがDropbox ヘアップロードされることになります。 Google Drive やマイクロソフトのSkydrive などのクラウドサービスの利用が普及してくれば、こういったサービスも一般的になってくるかもしれません。  何よりも、PCに依存せずにファイルの共有の処理を完結できる利点は大きいと思います。  サービス開始の当時は、無料で提供されていたのですが、現在では両サービスとも月額$5.00程度の有料となっています。

iTunes にコピー

最近全く利用していなかった iTunes です。 Apple が iCloud を提供するようになって、まずはバックアップをそちらで取るようになり、一定の写真も共有されたりしていますので、iPad や iPhone を意識して iTunes に繋ぐことがなくなっていました。 今回改めてiTunes を観てみると、まずはWiFi を経由して、iPad やiPhone と接続することが可能となっていました。 これは同じ家庭内のWiFi に機器があれば、PCでiTunes を立ちあげてさえ置けば、簡単にKyenote などのドキュメントをiTunes に送信できることになります。 Apple TV が最初でしたが、WiFi 経由で、iTunes をPC上の基幹として利用できるようになっています。 そしてiTune 上にKyenoteがコピーされれば、右下の「保存先」をクリックして、Dropbox のフォルダーを指定すれば、簡単にKyenote をDropbox によって、他の人達と共有することが出来るようになります。