グローバル・マーケティング研究会、イトーヨーカ堂の目指すもの


2013年4月24日、明治大学経営学部大石芳裕教授が主催される第65回グローバル・マーケティング研究会に参加して来ました。 この日はイトーヨーカ堂、三枝富博さんの「イトーヨーカ堂が目指すもの」、副題「成都IY15年の挑戦・・・お客様第一主義の理念のもと常に改善・革新へのチャレンジ」でした。 三枝富博さんは、現在イトーヨーカ堂常務執行役員、中国総代表。 45歳の時に成都での中国事業創設にたずさわれ、5年前の2008年中国政府の選ぶ最優秀経営者に外国企業からただ一人選ばれているとの事です。

中国事業の紹介、経営理念、戦略、人材育成など詳細に報告がありました。  それにも増して、実際の経営の現場を熟知されている三枝さんの一言一言が非常に印象に残りました。 いつもの様に報告後質疑応答の時間も、密度の濃いものとなりました。

今回は、三枝さんの言葉で特に私の印象に残ったものを取り上げます(私自身の記憶によるものですので、正確でない点があるかもしれません。 その点ご指摘、ご意見などいただければと思います)。

現場をちゃんとしようと思うほど、経営理念が重要である

16年に渡る成都での中国事業、その現場を何とかしようとなさった結論の1つが、経営理念。 改めて、企業の理念、経営理念の重要性を現場感覚でお話いただきました。  私自身、企業文化こそがグローバル企業の社内規範足りえ、それを導き出すのが経営理念と考えていますので、逆に「経営理念を現場に浸透させる」、その過程で企業文化が形成される、といった文脈で非常に納得させられました。

経営理念を経営幹部が共有すること、そしてけっしてブレないこと

現在日本人はサポートに回ってると語られる中で、「経営理念を経営幹部が共有する」とは、現地の人に経営理念の共有を求めるもの。 如何に大変なことであるか、想像がつきます。 が、それをやらないと企業として成功できない。 また、中国の変化の速さ、成長し続ける一般大衆に併せて、常に変えていかなければならない現場の運営に対して、経営理念を決してブレないものとして維持していくことの大切さ、大変さが示されていました。

自分たちが何者であるかを知ること

生半可なSWOT分析ではない迫力を感じました。 価格競争に入るか? ネットでの展開に走るか? どのように戦略を立てていくか? すべての局面において、真剣に「自分たちが何者であるか?」を問うていらっしゃいました。  これに関連して、「製造業はコストが上がれば、安いところに逃げることができる。 小売業は、逃げられない」との言葉も、非常に印象深いものでした。

本物を持って行かないと(中国市場では)負ける

現在の中国の変化の速さ、消費者の嗜好の変化の速さに関連しての発言です。 中国の変化の特色は、私達が、例えば過去20年かけて経験してきたこれまでの変化を極めて短期間に実現しているのに加えて、現在起きている世界の最先端の変化も同時進行的に先取りしている点にあります。 日本にいて、現在の変化の先読みに時間をかけすぎて変化できないでいると、到底中国市場で戦えないことになります。 こういった意味で「本物を持って行かないと負ける」とは、非常に深い意味を持ちます。

地域で勝てなければ、全国で勝てない

「自分たちが何者であるか?」に関連しますが、地域に密着した小売業であるがゆえに、その地域で勝てなければ、全国で勝てない。 成都で1400万都市、ここで勝てて黒字化しなければ、広大で、様々な特色を持つ巨大中国市場で展開し勝つことはできない。 中国市場を一つの市場と見て、一気に全国展開しようとする戦略に対するイトーヨーカ堂の答えでした。

この他に非常に興味深い分析が2つほどありました。

成都を世界の真中においてみる

自分たちが何者か? どう成都の都市生活者の変化に合わせて運営していくか?を考える際に不可欠の要素です。 ネットで南北を反転させた中国の地図は見たことがあり、如何に中国が湾岸部を包囲されているかが一目瞭然の地図でした。 今回、三枝さんが示されたのは成都を真中において、日本やシンガポールがその商圏の端っこに位置する地図でした。 成都からの海外旅行者数と併せて非常に印象深い地図でした。 ちょうどGoogle Earthでやってみるとこんな感じでした。
中国四川成都

都市人口一人あたりのGDPを比較してみる

これまで国の人口一人あたりのGDPを比較してみたことはあり(2007年3月)、それはそれでいろんな発見があったわけですが、今回三枝さんが提示されたのは、 都市人口一人あたりのGDP,そしてその将来の予測でした。 消費者が都市化することによる早い変化に対応しようとする非常に優れた分析手法で、初めて眼にするものでした。 これから様々な事を考えるのに、是非とも利用させていただきたい分析手法でした。

次回のブローバル・マーケティング研究会は5月17日、日本コカコーラ副社長の鈴木祥子さんの「コカ・コーラのグローカライゼーション」についての報告です。