マーケティングは


読者の中には経済学とマーケティングが異なる学問だと認識している人もいるかもしれないが、そうではない。 マーケティングは生産者から卸売会社を経て小売業に至るまでに価格が実際にどのように決定され、企業の広告や販売促進などで需要曲線がどのようにシフトするか分析する応用経済学の一つなのだ。 (フィリップ・コトラー、私の履歴書、日本経済新聞)