Amazon で電子書籍を出版するーKindle ダイレクト・パブリッシング(3)


前回、どのように出版する書籍・本を準備するか、に続いて、カタログ・表紙画像の作成について見ておきます。 アメリカでは Cover creator という機能が準備されていますが、日本には提供されていません。

本は表紙で決まります。表紙に使用する画像が読者の購入意欲を左右します。質の高い表紙画像を使用することは、お客様の信頼を得て、売上を伸ばすための効果的な方法の1つです。

表紙の作成

カタログ・表紙画像の作成として説明されています。 JPEG またはTIFF のファイル形式で表紙画像を作ることができます。

サイズ

長辺が最低1,000ピクセル、2,500ピクセルが推奨されています。 理想的な縦横比は1.6, 長辺が2,500ピクセルであれば、短辺が1,562ピクセル(ちょっと割り切れませんが)となります。

カラー

RGBカラーモードを使用して表示、可能な限りカラーモードを使用します。

表紙のアップロード

KDPアカウントにログイン後、アクション>本の詳細情報の編集>商品の画像に関する見出し>画像の参照>画像ファイルを選択、開く>画像のアップロード>保存して実行、します。

画像について

サポートされている画像は、GIF, PNG, BMP, JPEG のファイル形式
ファイルサイズは最大127KBのJPEG, GIF ファイルをサポート
縦横比9:11のHTML画像は、画面いっぱいに自動表示されます。

サポートされている文字

文字コードはUTF-8、 日本語のフォントとしては明朝体、ゴシック体、それぞれ標準と太字でサポート。

以上です。 次は本の詳細情報の入力について見ます。