レスポンシブ・ウェブデザイン、これから重要です

(ちょっと、ブログのメニューを修正しますので、2013年9月2日にブログのHomeにおいていた記事をこちらに再掲します。)

ブログ・ソフトであるWordPress のテーマ(サイトのデザイン)、Twenty Twelve を使っています(追記:2013年8月から、最新版のTwenty Thirteen に変更しています)。  レスポンシブ・ウェブデザインと呼ばれる、どのようなサイズのスマートフォンやタブレットからでも、最適化されちゃんと見ることができるデザインで、どちらかと言うと、モバイルからのアクセスを最優先に考えてあります。

1990年代インターネットの黎明期には、ウェブサイトの開発には大きな投資が必要でしたし、PCからアクセスすることが当然でした。 Windows 95 の大成功は、このような環境での出来事でした。  その後、ジェネラル・パブリック・ライセンス(GPL:,誰もが開発に参加できる)のブログ・ソフトウェアWordPress がリリースされたのが2003年5月。  世界中に32百万人以上のユーザー(2010年)がいます。  これにムーアの法則に従って、レンタルサーバーはどんどんお手頃になり、クラウドサービスを利用したSNS, Twitter やFacebook が2006年から一般公開され世界で爆発、日本でも明らかに2010年から多くの利用者を獲得しています。  Twitter や Facebook などは、スマートフォンやタブレットを中心に利用され、ネットへのアクセスが手軽にいろんなサイズのデバイスから出来るようになって来ています。  2007年に発売された iPhone, 2010年の iPad が全く新しいトレンドを作っています。

ソーシャル・メディアが日本で話題になったのは、2010年(ソーシャル・メディアって何だろう?)。  個人が情報の発信者となって拡大していくメディア、とか、また商業的ソーシャル・メディアとは、ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ(UGC, User-generated content) やコンシューマー・ジェネレイテッド・メディア(Consumer-generated media) と言われています。   Twitter はその即時性、拡散性に特色があり、またFacebook はそのつながりの強さ、拡散性の特色を持っています。  そんな中で個人・法人の情報発信を持続性をもたせ、広告に邪魔されずにブランドとして確立していくためには、WordPress を使って独自のサイトを構築していくのが最適です。  そして、これからの世の中を見据えて、全てのサイズのスマートフォンやタブレットに最適化されたレスポンシブ・ウェブデザインのテーマを使うことが必要です。  PCのみを想定したサイトは、巨大なマンモスに見えてしまします。

レスポンシブ・ウェブデザインのWordPress によるサイト作成、ブログ作成、既存サイトからの展開のアドバイスも行なっています。