(株)良品計画のグローバルSCMへの取り組み

2014年11月19日、グローバル・マーケティング研究会(明治大学経営学部大石芳裕教授主催)に参加してきました。 第83回となる今回は、株式会社良品計画の常務取締役、小森孝さんの「(株)良品計画のグローバルSCMへの取り組み」と題した報告でした。

まず最初に、事業内容、事業の要諦を説明、その後
無印良品のコンセプト
商品開発
海外事業展開、グローバル化の基本方針
基幹となるMDプロセス、グローバルMDプロセス、システム開発
グローバル・ロジスティクス
ITと一体になった業務改革
最後に、 と言った内容の報告でした。

「無印良品」のブランドで知られる(株)良品計画、商品の企画開発から製造、小売まで行う製造小売業として、その商品管理から流通までのサプライ・チェーン・マネジメントのグルーバル展開について話を聞くことができた貴重な時間でした。 2005年に大きくシステムを変更されていますので、お話の中心はどのようにシステム開発を進められ、なおかつその後の業務改善に役立てているかといったものでした。

大石芳裕教授の指摘は、製造小売業においては、サプライチェーン・マネジメントをどのようにグローバルで構成するか、さらにその基本的なコンセプトはグローバル・マーケティングの重要な一部である、と私自身理解させていただきました。

次回のグローバル・マーケティング研究会は、12月10日キッコーマンの海外事業部長、茂木修さんの「キッコーマンのグローバル・マーケティング」の予定です。