ソフトバンクのiPhone 5S を活用する

どなたにもお勧めできる方法ではありませんが、手元にあるソフトバンクのiPhone 5S を格安SIMを使って活用してみようと、試してみました。 結果、しっかりとNTTの3Gネットワークを掴み、データ通信は問題ありませんし、通話の発信もできます。 が、4G LTE のネットワークが使えず、また電話の着信ができません(携帯電話にかけても、「電波の届かないところにいるか、電源が入っていない」とのメッセージが流れ、NTTではSMSで、着信があった旨を知らせてくれます)。

最初に、ソフトバンクでSIMロックが掛かったものを解除する方法を探したのですが、情報が混沌としていて、ある意味途方に暮れました。 よく探してみると2つの方法があるようです。

ファクトリー・アンロック

一定のiPhoneの情報を送ることによって、iPhoneのSIMロックを解除してくれるサービスのようです。 が、料金が30,000円以上しますし、またSIMロックが解除されるかどうか、しっかりとした保証がないようです。

SIMロック解除アダプター

いわゆる「SIMに下駄を履かせる」といったやり方で、多くの商品がAmazonに出品されています。 偽物、不良品も多いようで、結果もマチマチ、どうも実用的でないと思っていたのですが、そんな中で岡山のventure resource が販売しているものが価格は高め、2,760円なんですが、しっかりとマニュアルもついていますし、動作保証、返金保証、有料サポートなどあり信頼できるようでした。

実際の作業もほぼマニュアル通りで大丈夫でした。 一点、事前の準備として、一度iPhoneを初期化しておくこと、またiCloud、iTunes への登録をサインアウトしておくことをやっておけば、ほぼ問題なく、しっかりとドコモの電波をつかむことができました(ソフトバンクiPhone5S iOS8.1.2 でした)。

5S Picture 006

IIJ mioフォンの音声通話付きの格安SIMを利用したのですが、大丈夫でした。 限界として、4G LTEは利用できません。 このためか、電話も発信は問題なくできるのですが、着信ができず、NTTからSMSで着信があった旨メールが送られてきます。

IIJ mio フォンの格安SIMを使う利点として、4G LTEを利用してのiPad mini へのデザリングの重きをおいていますので、最終結論として、手元のソフトバンクiPhone5sをデーター通信端末としてこれからも活用すると言う結論には至りませんでした。 手放すかなぁ。