Salesforce World Tour Tokyo 2014 に参加

2014年12月4日に開かれた Salesforce Word Tokyo 2014 に参加してきました。 マーケティングを実践するものとして、マーケティングを実現するのにどのようなツールが利用できるのか、また、テクノロジー業界において明確にこれからのヴィジョンを語れるマーク・ベニオフがどのように考えて基調講演を行うかを知りたくて、ほぼ連続してSalesforce のイベントに参加しています。

salesforce2

今年のマーク・ベニオフは、良い意味で非常にリラックスしているように見えました。 日本でのSalesforce が安定的な成長期に入ったとみていいかと思います。 2011年に初めてマーク・ベニオフの基調講演を聞いた時の雰囲気とは違っています。 横並びを心地いいとする日本企業が雪崩を打ってSalesforce のクラウドを利用することになるでしょう。

今年の現状分析は、これまでのクラウド、ソーシャルネットワーク、モバイルに加えてビッグデータが取り上げられていました。 ビッグデータそのものは、ソーサシャル・ネットワーク、モバイルの構成要素でもありますので、それが特別に取り上げられたということは、それほどまでにクラウドで取り扱われるデータの量が増えているということ、実際Salesforce のクラウドで取り扱われるデータの量が2009年からうなぎのぼりに増えているチャートがマーケティングのセッションで示されていました。

これを前提に、Salesforce が示すグランドマップは、そのクラウドで提供する、Sales, Service, Marketing, Community, Analytics, Apps です。 これを今年は、The Customer Success Platform という概念で説明していました。 「世界と同じスピードでビジネスを展開する」ためのプラットフォームです。 今年は特にマーケティング・クラウド、そしてプログラム・コードを書く必要がなく、準備されたアイコンをドラッグするだけでモバイル・アプリを開発できる Salesforce 1 Lightning  というモバイル・アプリケーション開発のツールに焦点が当たっていたように思います。

これまで、2011年に企業におけるコミュニケーションがソ-シャル・ネットワーク化すると言う「ソーシャル・エンタープライズ」、2012年には顧客が選択と発言の自由を得て、企業と対等の立場を得たとする「カスタマー・カンパニー」を提唱していたマーク・ベニオフですが、今年は、クラウドでSalesforce が提供する価値として、「The Customer Success Platform」を提唱しているように思えます。

2014年6月に東京で予定されていたイベントには、マーク・ベニオフは参加せず、その直前のマイクロソフトとの業務提携に忙殺されていたようです、が、その後のヨーロッパでのツアーには参加していました。 重点をヨーロッパに移しているとも考えられます。 これとは別に、2015年6月にはニューヨークでMarketing クラウドのイベントを行うようです。 楽しみです。