« ナチュラムの ナイスコメント賞 受賞しました | メイン | Poker侍 WSOPで110位入賞 »

2005年07月11日

萬珍軒

味覚と言うものは結構いい加減なもので「美味しいから」と薦められていざ食してみると
イマイチだった。。。と言う事は良くある。 その逆もある。「旨いから」と薦めて後で
感想を聞いてみると「・・・・・」  自分が美味いと思えばそれでいい。

しかし一軒薦めたいお店がある。
群馬県片品村にある「萬珍軒」という中華料理店、田舎の町の中華屋さんと侮ってはいけない。
片品村を南北に走る国道120号線沿いの伊香原地区あたり。
片品川を良くご存知の諸兄には「ささの湯」に行く平川という交差点の近くといった方が判り易いか。
グルメな義兄Sに「ここの中華は絶品だ」と前々から聞いていた。
今回、やっと立ち寄る事ができた。
店の雰囲気はどこにでもある中華屋さん、高級なイメージはどこにも無い。
店内に入ると地元の家族連れのお客さんが数組。 
厨房では真面目そうな店主がまな板に向かっている。
一組の家族連れが精算をしようとした際、店主は子供達に「ありがとう。これ食べてね」と
お菓子を一握り渡した。子供達は「ありがとうございました!!」と大きな声。
なんだか急に懐かしい気分になり自分も微笑んでいた。
 
メニューは豊富。 何を注文しようか結構悩んだ。
結局二人で注文したのは餃子・揚げ豆腐と筍肉の煮込み・芝エビのタマゴ炒め。
最初に出てきた餃子、サイズはやや小振り。 
よく見ると皮には黒ゴマが粒ごと練りこまれている。 
一口食して驚いた。 一般的な表現だが「外はパリパリ、中はジューシー」そのもの。
特筆すべきは黒ゴマの香りが香ばしい。自分的には今まで食べたどこの餃子よりも美味しいと感じた。
「揚げ豆腐と筍肉の煮込み」・「芝エビのタマゴ炒め」は二人で取り分ける。
どちらも美味い!! 上品だが高級ではない、味付けが優しい。  
店主の中華に対するこだわりを感じる。 

客が我々だけになったので店主と色々話し込んだ。 味に対するこだわりは半端ではない。
特に麺には絶対の自信を持っていて「東京で旨いと言われているどこの麺にも負けない」
と自信たっぷり。 確かにSも麺は本当に美味しいと絶賛していた。
あまりにも旨い旨いと褒めたもんだから帰り際、店主は生麺を6食分我々に手渡してくれた。
おまけに地元の朝どりレタス4玉まで。 なんと気のいい店主だろう。
早速今夜は萬珍軒特製麺を食してみよう。 

もともと店主は自由が丘で中華料理店を営んでいた。ガイドブックに載っていたが
先代の店主は、かの日本中華料理の父と称される陳健民に師事したとか。  
何がきっかけで片品の田舎に店を構えるようになったかは聞いていない。 
東京でも十分通用する味である。
なお現在でも自由が丘には支店があるようだ。 

片品川に釣行の際はぜひ一度お立ち寄りを。


【萬珍軒】
定休日:   月1回 火曜日? 
営業時間: 11時開店~23時頃まで
        
※名古屋に萬珍軒という食通の間で有名な中華料理店がありますが全く別のお店です

7月12日
萬珍軒特製麺でラーメンを作ってみた。 煮干だし風味のしょうゆベースのスープに
味付け煮タマゴ、トロ甘チャーシュー、茹でたほうれん草などをトッピング。
店主の言う通り麺の茹で時間は30~40秒。
出来栄え、見栄えとも本格的(笑)
味は。。。。 美味しい。 本当に美味しい。 麺とはこうあるべきみたいな自分の理想的な
麺である。 しかも伸びない。 わざと食べている途中で放置し、10分後に食してみる。
ほとんど伸びていないのだ。 ちじれ細麺がしっかりスープに絡み絶妙の硬さを維持している。

明日もラーメンにしてみよう。 今度は湯麺かな。

投稿者 Matsuoka : 2005年07月11日 17:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.livemoreint.com/cgi/mt/mt-tb-masako.cgi/81

コメント

いつの間にか、ラーメン作成記まで追記していただいているとは。 本日気付きました。

それにしても美味しそうで、渓流の禁漁まで70日をきっていますが、なんとしても一度片品方面まで足を延ばさざるえませんね。

その時、きっと萬珍軒を訪ねます。

投稿者 Ichiro Tokunaga : 2005年07月27日 18:24

コメント大歓迎です、お気軽にどうぞ




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)