« コメント・トラックバックについて | メイン | 【釣り師のひとりごと】 歩くオーディオルーム »

2005年11月10日

横浜中華街で上海蟹を食べる

食べ物のネタはあえて避けようと思っていました。

個人の好みもありますし、また ちまたたくさん書かれているネタもそれこそ玉石混合。
そんな中で、新たに食べ物ネタを書いても仕方が無いなと思っていました。

とはいっても、自分用のいろんな情報が、散在したり、手に入らなくなったりするのも現状です。
あくまで自分用として、最低限記録しておいた方が良いネタに限って残しておこうかなと、
少し考え方を改めました。

そこで、横浜中華街上海蟹を食べる、です。

上海蟹の魅力は、オス、メス好みが分かれます。
私の場合オスの、山本益弘さん風に言うと、
まったり、ねっとりしたした白子部分の食感と味がなんともいえません。

横浜中華街には多くの中華料理店がありますが、多くが広東料理をベースにしています。
そんな中で、やはり上海蟹を食べるのであれば、
上海料理を得意としている所を選んでみたいと思います。

上海飯店 上海生まれの奥さんとご主人のあったかい、こじんまりとした店です。 
ご主人は一見とっつきにくそうですが、話し出すといろんなことを教えてくれます。
好きな店です。
状元楼
三和楼
市場通り四五六菜館
老正興菜館(現在休業中?)

以上がおそらく昔から地元でも評判の代表的な上海料理のお店です。
これらの店もそれぞれに個性がありますので、好きな店、その時の状況に合わせて選びたいと思います。
どの店で食べても、十分な満足が得られると思います。

2007年4月2日

山本益弘さんが、お書きになっていたブログが休止となっています
リンク先を、オフィシャル・ページへと変更しておきます

投稿者 ichirotokunaga : 2005年11月10日 14:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.livemoreint.com/cgi/mt/mt-tb-masako.cgi/170

このリストは、次のエントリーを参照しています: 横浜中華街で上海蟹を食べる:

» 上海料理・上海人家はいつも現地の人でいっぱい from LiveMore International Inc.
上海人家がお気に入りのレストランになっています 上海に現在11店舗、4年前に利用した南京東路の店が見当たらなかったので 今回は地下鉄2号線、静安寺駅北側、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月13日 01:52

コメント

コメントありがとうございます。
現在上海で調理師とのこと、がんばってください。

私自身1955年(昭和30年)生まれですが、
小学生低学年の頃、何時もうまみ調味料が食卓にあり
父親が白菜の漬物などにたくさんかけていたのを覚えています。
その後、小学生高学年頃にはいつの間にかうまみ調味料は姿を消し、現在に至っています。 
この時点でいろんな議論があったかのように記憶しています。
結構名のとおったラーメン店などでも使用しているところがあり、山本益弘さんが異を唱えいらっしゃる記事を読んだ記憶もあります。
一方で、A社がこれからのアジアでの展開をも見据えて、ロシアに研究所や中国に工場を設立したという記事を読んだ覚えもあります。

私自身、舌に残る独特の感じは好きではありません。

これから、独立されお店をもたれるような場合、どうか素材の味を大事にする料理をおつくりください。

投稿者 Ichiro Tokunaga : 2005年12月24日 13:29

はじめまして、今回始めてメールしました。山本益弘さんのブログを見ていた時、上海の写真に目が止まりました。実は現在上海に滞在しています。そして、職業は中華の調理師です。去年まで中華街で働いていたため、コメントせずに入られなくなりました。
 私が働いていたのは広東料理の店でした。しかし上海料理に魅せられて、ついには来てしまった、というとこです。上海に来て日本とは違う材料、素材の味、味付けすべてに最初は感動していました。けれど最近になってやたら化学調味料の味が気になるようになってきました。
 今回の話の中にあった上海蟹もそのひとつです。あの濃厚なミソを使ったふんだんに使った料理の中にも必ずといっていいほど多くの化学調味料が入っています。ミソの良い香りの後に濃厚な甘さがくる。それで終わるはずなのに舌に残るあの独特の甘さ。とても残念です。
 中華街にいたときも確かに多く使っていました。それを入れなければいけない、というぐらいです。正直そのときも使用の是非の対してとても考えました。
 ただここ上海では、野菜、果物、魚どれをとっても日本よりうまみ、香りがあり本当にもったいないと思います。是非、意見を聞きたいです。
 

投稿者 tanaka tatsuya : 2005年12月22日 19:29

コメント大歓迎です、お気軽にどうぞ




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)