« 最近のあくあくん | メイン | HTMLやソースコードをエントリーできるようにするプラグイン »

2006年12月08日

トラックバック スパム対策をとる

Movable Typeのスパムフィルターが結構効いているのですが
最近それをすり抜けて、トラックバック・スパムが発生しています

フィルターの設定を変更するのも手ですが
最近話題になっている対策をとってみることにしました
エントリー時のタイムアウトも発生していましたが、それにも効果ありようです
Movable Type で行こうMovable Type Memoさんを参考にさせていただきました

1) トラックバックCGIのファイル名の変更

Movable Typeをロリポップのサーバーにアップしたときに、
mtのフォルダーの中に、mt-tb.cgiというファイルがあります
これをファイルの名前の変更を使用し、mt-tb-XXXX.cgiなど、XXXX に任意の文字を入れて変更します
これで、トラックバックのcgiファイルがスパマーの標的になるのを防ぎます

同様に、mt-comments.cgiも変更しておけば、スパムコメントも防げます

さらに、ファイルの編集を使って、mt-config,cgiファイルの最後に
TrackbackScript mt-tb-XXX.cgi
CommentScript mt-comments-XXXX.cgi
と書き足して、編集を保存しておきます

2) エントリーアーカイブからRDFを削除する

という表現で、<$MTentryTrackbackData$>を削除すると紹介されています
ちょっと初心者には?なのですが、
Movable Type のテンプレート中、アーカイブ・ファイルを見てもこのタグが見当たりません
メインページの中に、記述がありましたので、えいやとそこを削除しました
まぁ、不都合が出れば元に戻せばいいかという勢いです

これによって、記事内にリンクを貼ったときに、
自動的にトラックバックしてくれるという機能は使えなくなり、
相手側のトラックバックURLをコピーして貼り付けなくてはいけませんが、
そんなにたいした手間ではありません

投稿者 ichirotokunaga : 2006年12月08日 17:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.livemoreint.com/cgi/mt/mt-tb-masako.cgi/444

このリストは、次のエントリーを参照しています: トラックバック スパム対策をとる:

» Movable Type 3.34に移行しました from LiveMore International Inc.
Movable Type3.34日本語版がリリースされたとの事 今回、セキュリティを中心としたマイナーチェンジのようで 不具合も出ることないだろうと、早速... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月24日 00:03

コメント

コメント大歓迎です、お気軽にどうぞ




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)