WordPress2.2のWidgetsは動かない?

ワードプレス・WordPress2.2の日本語版を入れたのですが

管理画面・表示の下にあるウィジェット・Widgetsを

どのように使っていいか、どうもしっくりこない

一度、利用できるWidgetsをサイドバーに移して、表示させて見ましたが

タイトルの表記が気入らなくて、どのように変更するのか見当が付かず

全く、お手上げ状態でした

いろいろと探していると、本家PluginのSideberWidgets のFAQに

”あるWidgetsには、ドラック出来るWidgetsの右側に小さなアイコンがあります

アイコンをクリックすると、Widgetsのオプションが現れます

オプションボックスの外側か、X印をクリックするとWidgetsページへ戻ります

Widgetsページの変更を保存するをクリックするまで、オプションは保存されません”

こんな小さなアイコンなんか表示されない!!(たぶん)

バグじゃないのと思いながら、さらにいろいろ探していると

”WidgetsはWordPress2.2のコアとして統合されました

Nothing fancy. ちっとも魅力的でない

このPluginは、WordPress Widgertsを簡単に使えなくします”

思わず、Disable WordPress Widgetsをダウンロード、入れてしまいました

改めて、Sideber Widgetsを入れて見ると

一部日本語の表記が乱れてはいますが、

無事に、右側の小さなアイコンも表示され、

タイトルの変更や、カテゴリーの件数表示などもチェックボックスで可能となりました

とりあえず、使えれば何でもOKです


ワードプレス・WordPressへの移行方法

ムーバブルタイプ・MovableType からワードプレス・Wordpress へ移行しました

この作業は、ほとんどなないろブログさんを参考にさせてもらいました

以下、迷ったりした点だけ記録しておきます

バックアップの範囲

うまくWordPressが動かないときにはすべてを元に戻すつもりでしたので

レンタルサーバーにあるすべてのファイルをFFFTPで自分のPCに落としておきました

WordPress 2.0 と WordPress 2.2違い

今も良く分かっていません、ひとつは文字コードでしょうか? 

普通は最新の物一番いいと考えて、私もWordPress 2.2をダウンロードしました

が、どうもそうでもないかも知れません(まだ、バグがあるかもしれない?)

WordPress 2.2については、本家にこのような記述がありました

新しいユーザー機能

  • コメント編集の改善
  • ウィジェット・Widgets(プレゼンテーション・タブにあるので、プラグインが必要ない)
  • Widgets機能が、デフォルトで付いているテーマ(ブログのデザイン)やクラッシック・テーマに加えられる
  • アーカイブ(過去の記事)やカテゴリー(記事の分類)のプルダウン・メニューを表示するオプション付き
  • プラグインの無効化を自動で行う
  • ブロガー・Bloggerのインポートを追加
  • アップグレードを数度のクリックで、より簡単に
  • ログインのアクセスを改良
  • 原稿を削除したときの、UI(?)を改良
  • コメント通知メールの、スパム・Spam it、削除・Delete itを分かりやすく改良

Sidebar Widgetsが導入された点が一番大きいようです

技術的な点は、良く分からないので、割愛します

部品・プログラムの修正について

541行目に追加ですが、これが普通見えない(分からない)

技術系の方は、何か特別なテキスト・編集ソフトを使っているな、と思い

探して見ると、無料のTeraPadがありました

これをダウンロード、解凍し、該当ファイルをオープンします

行数の表示はありませんでしたが、検索機能で、541行を指定すると

そこにカーソルが飛んで行き、挿入できます

サーバー上の既存のファイルの削除

WordPressをサーバーに設置する直前に、既存Movable Typeのファイルを

削除しておかなければなりません

では、どの範囲のファイルを削除するか?

Movable Typeからエクスポートされた(吐き出された)ファイルを見てみると

記事などの内容だけでした

画像ファイルへのリンクがそのまま保存されています

これまで、Movable Type のデフォルトのセッティングで多くの画像を保存しています

見て見ると、ArchiveやBlogフォルダーの中に

 .jpgの拡張子が付いた画像ファイルがたくさんあります

これを消すわけには行かないだろうと考えて

まず、明らかにMovable Type のプログラムの入っている

blog/cgiのフォルダーは削除しました

後は、良く分かりませんが、blog フォルダーにあるindex.htmlや

他のindex.xxxとなっているファイルを消しておきました

正解かどうかは、分かりませんが、何とか動いています

他のサイトにトラックバックが残っているのをクリックして見ると

古いままのデザインのサイトが表示されていますが、それはそれで良しとしています


ワードプレス・WordPressに乗り替えてみました

とりあえず本日、Word press にMovableType から乗り替えて見ました

何とか、ページも見れてるようです

これからいろいろとやって見ます


ワードプレス・WordPressについて調べて見る

Movable Type 4.0 が発売され、法人利用には新たに料金がかかります

そんな中、小粋空間さんで、
ワードプレス・WordPressが世界でシェアーが一番高い
という内容を含んだ記事を目にしたり、
Web屋のネタ帳さんでMovableTypeがオープンソース化される
という記事を目にしたりで
ワードプレス・WordPressがとても気になりましたので、調べて見ました

まずは、ウキィペディア・Wikipedia の基本情報を抑えて、
英語の公式ページ wordpress.org こちら

日本語のWordPress Japan (WordPress ME) で
日本向けパッケージのダウンロードが出来ます

MovableTypeとWordPressの比較については
Caramel*Vanillaさんに詳しく述べられています

レンタルサーバーでWordPressが使えるか気になるところ、
現在使用しているロリポップでは、
WordPress の設置方法のマニュアルも準備されています

これまでモーバブルタイプ、MovableTypeで作成した記事が
うまくワードプレス、WordPressに持って行けるかも気になるところですが
ワードプレス、WardPressは強力なインポート機能があるので
問題無さそうです

ただ、これまでのURLリンクを引き継げるかと言うと
モーバブルタイプ、MovableTypeのエクスポート機能には
パーマリンクの出力が含まれておらず作業が必要です

そんなにリンクが張られているわけでもないので
一切無視して、簡単に行ってしまおうかとも思いましたが
それも、リンクを張ってくれている人や、
これまでトラックバックをさせていただいた方に失礼と考え直しました

yujisのrailsブログさんによると
MovableTypeとWordPressでパーマリンクの形式が少しだけ違うようです

移転作業の様子は、なないろブログさんに詳しく、
その元になっているのは、blog@browncat.orgさんです

移転した後のスパムコメント対策も気になります
現在MovableType で使用しているScodeと同じようなものが
十六夜.JPさんで紹介されています

WordPressでのSEO対策も気になりますが、
Happy AccidentsさんやPlasticdreamsさんの記事が参考になります

何とかなりそうな感じです

WordPress・ワードプレスがブログ・ソフトのスタンダード

Movable Type 4のリリースをきっかけに
小粋空間さんで、Mobvable TypeがWordPressに負けた理由
と言う記事が投稿されました

アメリカではMovable Type 3.0のリリース、2004年5月の時点から
新たに導入された価格体系に批判、議論があり
Google の検索トレンドではWordPressがMovable Type を抜いており、
アメリカや世界ではWordPressのシェアーが圧倒的に優位との事

日本でのGoogle検索トレンドは、
2007年に入りWordPressがMovable Typeを超えようとしています
当初、WordPressの日本語の解説が少なかったようです

また、今回のMovable Type 4 のリリースに際しては
今年中にMovable Typeがオープンソース化されるとの事が
Web屋のネタ帳さんに記されています

これによって、更なるMovable Typeの展開を期待する見方もあります

が、どうもシックス・アパート日本法人の有償サポートを
日本の法人に販売しようと言う戦略や
オープン・ソース化されるMovable Type をMovable Type 4 とは別商品と述べている点
などいろいろと考えさせられる点が残ります

じっくりと、考えて見たいと思っています