バリ島 ケチャ、レゴンダンスをどのように見るか

今回のバリ島訪問の間に、少し時間がありましたので
空港で手に入れた日本語のガイドに載っていた
ケチャを見学した後で、食事をしながらレゴンダンスを楽しむ
といったツアーに参加しました

サヌールでケチャを見て、
バリ ハイアット近くのレストランでレゴンダンスを見たのですが、
結果としては、あまり満足のいくものでは在りませんでした

小学校の課外活動でレゴンダンスを教えたり
いろいろなグループがケチャをやっているようです
そのため、観光客用のケチャやレゴンダンスと
芸術性が高いグループのそれとは雲泥の差があるのが現実です

前回は、わざわぜウブドまで、特定のグループの
レゴンダンスを見学に行って非常に、満足、感激しました

地球の歩き方にも、詳しい情報がありますので
少し時間を使って、やはり芸術性の高いグループの
ケチャやレゴンダンスを見に行った方が
バリ島の旅行の満足度が高まると思います
ほとんどのグループがウブドで活動しているようです


バリ島 ヌサドゥアへの旅

一昨日、バリから帰ってきました

今回のバリ島、直前で出発日が決まっていましたので
コリアン・エアーを使いました

一般的には、シンガポール・エアーの新しい2階建ての飛行機が
価格的にも手ごろで使いやすいようです

コリアン・エアーの場合
行きに、韓国で一泊しなければいけません
日本を5時PMに出発、韓国に7時25分PMに着きますが
バリ島・テンバサールのグラライ国際空港には
翌日の8時10分PMの出発になってしまいます

それはそれで、韓国の1日を楽しんできました

バリ島に何度も足を運んでいる人は
山間部のさまざまなホテルに宿を取ったりもするようです
が、どうしても浜辺でのんびりとしたいので
プライベート・ビーチが充実している
ヌサドゥア地域のホテルを選ぶことになります
3年前には工事中だったエリアが
現在では、バリ・コレクションとそごうのエリアになっています
観光客向けではありますが、
スーパーマーケットや10軒程度の飲食店などが集まって
使いやすくなっています

前回使ったウエスティン・ホテルが満室だったため
ラグーナリゾート&スパ(3年前は、シェラトン・ラグーナ
全館リニューアルされています)を選んでみました

ラグーナと呼んでいるプールに直接入れる1階の部屋を
勧める意見もありますが、
海に浮かぶコテージでは無いので
プールが見えるラグーナ・ビューで十分かと思います
設備もあたらしく、しっかりと、かつのんびりできるホテルでした

グランド・ハイアットも検討しましたが、
日本人や中国人の団体客の受け入れに積極的なようで
今回は、パスしました


バリ島・ヌサドゥア バダンバイでシュノーケリング

今日、2008年9月4日 バリ島のバダンバイでシュノーケリングをしました
こんな木造の船に乗ってポイントまで移動します

バダンバイ、バリ島の東側、
南部のヌサドゥアからだと、ダイビングの準備や他の人のピックアップなど
なんだかんだと片道3時間程度かかります
ちょっと、遠いなと感じました
ダイビングをする人は、2ダイブが多いようです

水がちょっと冷たく、おそらく20度から25度くらい
しばらくシュノーケリングをしていると
体が、結構冷えてきました

サンゴの状態、色、魚の種類などがそれほど豊富ではなく
シュノーケリングより、ダイビングのほうが良いのかもしれません

バリ島にはシュノーケリングのポイントも多く
ヌサドゥアの南のほうにもあるようです
近くてよいかもしれません


インドネシア・バリ島 ヌサドゥア 再び

ホテルのベランダから
ホテルのベランダから

現在所用でインドネシア・バリ島のヌサドゥアに来ています
今回は、韓国経由でバリ島に入っています

前回バリ島を訪れたのは3年前
日本人の観光客が減って中国系の観光客が増えた
と、ガイドが話していましたが、
今回の印象は、ロシアからの観光客が少なからず居るように感じます