バリ島 テロ 2005年10月1日

心から今回のテロにあわれた方の冥福をお祈りし、お見舞いを申し上げます。

テロがあったのは、クタジンバラン
クタはグラライ空港(テンバサール国際空港)のすぐ北、
ジンバランは私たちが観光客やってしもうた所。

私たちが滞在し、2005年9月18日に帰ってきたヌサドァは、
グラライ空港からタクシーで南東に20分
クタもジンバランもこの中間地帯西側にあります。

写真は、ヌサドァの北、ブノア半島の土産物屋の近所で取ったもの。
左側のおばさんに何を造っているかと、身振り手振りで聞くと、
お供えの入れ物を作っているとのこと。
あちこちで、このように婦人がお供えの入れ物を作っていました。

2005 0915 Bali V sign.jpg

お店の店先や住居、いわゆるお地蔵さんなどには必ずといってよいほど
綺麗なお供えが飾ってあります。

2005 0915 Bali Set.jpg

バリ島のほとんどの住民はヒンドゥー教であり、日々の暮らしの中に浸透しています。

島民は約312万人。 日経新聞によるとその80%から90%が観光事業に関連しているとのこと。
2002年のディスコでのテロ以降、落ち込んでいた観光客も
昨年は持ち直し146万人に達したとのこと。

滞在したヌサドァは 北ゲート、ヌサドァゲート、南ゲートに警察官が立ち、
ホテル、ショピング地区が現地の人の生活と隔離されています。
ウェスティンホテルの敷地には私設のガードマンがゲートを構えており、
毎回、車の下をミラーで確認する念の入れ方でした。

今回のテロで、現地の方も多く被害を受けておられ、
また、その生活を脅かされています。

私は、テロ対して、普段の自分の生活を出来るだけ変えることなくやって行きたいと思っています。


バリ島 ヌサドゥア 月給US$130

バリ島訪問の最終回です。

現地のガイドの話によると、
外国人観光客を相手にしている自分の旅行代理店からの月給は$130
これはホテルの従業員と同じくらいだそうです。
ホテルは指導が厳しいので、ガイドをやっているとの事です。
又一度ガイドとしてついた人に自分の名刺を配り、次回の訪問の際には
直接連絡を取ってもらい、アルバイトをしているとの事。

街にはバイクが多く走っていますが、これは$1,100程度
ほとんどローンで買っているそうです。
ベトナム、ホーチミンと違い、ピカピカに磨き上げています。

ホテル近くの、マルタ・ティラールで、スパも体験しました。
トラディショナル・マッサージと頭を約3時間やってもらい、これで$80程度でした。
お客は、私を除いて、すべて日本人の女性、若い人が多かった。
バリのスパは、伝統的にジャワ王朝からの女性のための美容ケアーの色彩が強いように思います。

バリ島は、これから雨季に入ります。
例年10月、11月から、翌年6月くらいまで雨季だそうです。
雨季になり強い雨が降ると、町中の道路が、川となってしまいます。
下水が整備されておらず、どぶ川があふれ出すと言った感じでしょうか。

今回、おなかをこわすことも無く、存分にバリ島を楽しむことが出来ました。


バリ島 ヌサドゥア マリンスポーツ

早いもので、バリ島、遊べる最終日。

今日はシュノーケリングを、ホテルの手配でやることにします。
場所は、ヌサドゥア北のブノア半島。 1時間で$20程度です。

潜る場所は岸から少し行ったリーフのすぐ内側。
魚はいましたが、さんご礁が綺麗かというと、そうでもありませんでした。
グアムのちょっとしたポイント、石垣島、バハマの方が格段に綺麗です。
すぐリーフの外側では、スキューバの人たちがもぐっているのが、上から見えました。
引き潮のせいもありますが、透明度も高くありません。

余力もありましたので、その後パラセーリング$13でやってみました。

2005 0917 Bali No2 Para.jpg

2005 0917 Bali No2 Para2.jpg

現地の生活に、肉体的、精神的に溶け込むのに2,3日かかりますので、
滞在は一箇所で、やはり7泊はほしい所。
今回は5泊で、現地の生活感に慣れた所でおしまい、とちょっと残念です。

ガイドのワヤンさんの話では、観光客は昔は日本人が多かったそうですが、
最近は 8割がた中国人だそうです。
まだ中国は香港、マカオを別として、上海にしか行ったことがありませんので、
是非オリンピックの前に、北京を訪ねてみたいとの思いを新たにしました。
オリンピックの後では、日本がそうであったように、劇的に変化してしまうでしょうから。


バリ島 ヌサドゥア インターネット事情 ウェスティンホテル

ホテル内に10MのLANが張ってあり、これを経由してインターネットに接続します。
各部屋のLANコネクターにケーブルを差し込めば、Windoews XPで問題なくつながります。
通信速度は、遅め、写真がじっくりとおりてくるというのを久し振りに体験しました。
接続はISPと思われる画面を介して、行われ、24時間約JPY2,000かかることになります。

接続はでき、一般のページは閲覧できるのですが、メールがつながりません。
結局、テクノロジーの担当者が来て、Proxyの設定を行ない、
Hotmailのみはつながりましたが、他のメールサーバーにはつながりませんでした。
ここまで約2日かかりました。

この程度のことでしたら、マニュアルをおいてくれれば、すぐに設定できるのですが、
メールに最後までアクセスできないのは少し困りました。

バリ島 ヌサドゥア 失敗 観光客やってしもうた

昨日、2005年9月15日にヌサドゥアの北、ブノア半島に出かけ、
観光客向けではありますが、ホテルの外で、
1人$10程度で美味しく食事できていたので、気が緩んでいました。

今日、ウブド近郊のティルタ・サリのレゴンダンスを見た帰りに、
うっかりチャーターしたタクシーの運転手の誘いに乗って、
夕食を食べるレストランを紹介してもらう事にしてしまいました。
片道、約1時間の帰り道、ホテルから15分程度のところとの事、
帰りも10時近くなるので、まー・いいかな程度でした。

ジンバランの浜辺のレストランとのこと。
行ってみると、お客は日本人だけ、メニューも魚介類のバーベキューのみ。
結局、ビールとグラス・ワインを入れて、US$70近くなりました。

後で調べると、ジンバランの浜辺の屋台には 評判のよい店(イカン・バカール)も在り、
そこでは魚介類がその時の時価、いわゆる浜値で食べられるとの事。
ロブスターを食べても 一人$20程度で大満足できるとの事。

久し振りにやってしまいました。  反省。

見た限りでは、バリ島では観光客相手の商売か、現地の生活しか成立しておらず、
ベトナム、ホーチミンにはありましたが、
ちょっと現地のお金持ちが行くレストランと言うのは無い様に思います。

ホテルでおとなしく食べていればよかったと、反省しきりです。

ちなみにタクシーの初乗りは、6,000ルピア、JPY84程度です。
しかし帰りのタクシーがつかまらないので、勢いホテルで1時間US$8-11のタクシーをチャーターし、
公演が終わるまで待っていてもらうことになります。 
一回公演を見に行くと5時間程度かかり、$40-50になってしまいます。

2005 0917 Bali Dance.jpg