喫煙室 香港国際空港

香港の喫煙室がよくなっていると書きましたが、どうも場所によって違っています。

香港国際航空は、利用者のことを良く考えて造られており、非常に好きな、退屈しない空港です。
出発手続機をした後も、人を一箇所からそれぞれの方向にシャワーのように散らすように造られています。
その中心には、利用者を退屈させない食べ、飲み、買い物できる施設が作ってあります。

喫煙室がよくなっているのは、出発ゲートを入ってすぐの1階エスカレーターで下がった部分です。

今回、バリ島からトランジットで使った、60番ゲート付近の喫煙室は、以前と変わらず、
でも成田よりは快適な喫煙室でした。

写真は、バリ島のグラライ空港の喫煙コーナーです。

2005 0918 Bali smoking.jpg


香港 感心したプログラム 香港料理大賞

香港料理大賞の仕掛けに感心しました。
非常に良く出来た、良く考えられたマーケティングプログラムです。

香港への旅行者に向けたプログラムです。
香港への旅行者を魅了することがこのプログラムの目的となっています。
香港政府観光局とガス会社の主催です。

2004年は4年目の大会として、牛肉、鍋、デザート、卵料理部門で争われました。 
写真を見ているだけで、食べたくなります。
毎年、料理部門を細かく切り分けて、シーフードや点心なども過去に行われています。
あくまで料理(皿)の大会ですので、
おんなじレストランが、何度も部門を越えて受賞しています。
また、多くのレストラン、コックの受賞の機会が増えることになります。
レストランでは、誇らしげに受賞の賞状が飾ってありました。

るるぶはまんまとこの企画にはまって、料理大賞の特集を組んでいますし、
多くのマスコミが、香港料理大賞を取り上げ、香港への旅行者の増加に寄与するでしょう。
 
“香港 感心したプログラム 香港料理大賞” の続きを読む


香港 ずいぶんと街がきれいになっています

友人 Sさんから聞いていたのですが、香港の街が随分ときれいになっています。

これまで10回近く訪れている香港ですが、
どうしても雑然として、埃っぽいイメージがぬぐえませんでした。
しかし、SARSや鳥インフルエンザをきっかけに、街がすっきりとした感じになっているようです。

短い時間で、細かい町並みを多く歩くことは出来ませんでしたが、
きっと、そこでの匂いまでもと変化してるのでは思えました。


香港 ホテル事情

香港のホテルは高値傾向が続いています。

以前の会社ではJWマリオットコンラッドを良く使っていましたがUS280程度かかります。

クラスを落としてUS$100程度のホテルを探そうとしても
無いではないのですが、極端にクオリテイが下がります。

そんな中で、今回、2005年1月仁オープンしたCosmopolitan Hotelを選択しました。
場所はワンチャイの山側、クイーンズ・ロード沿いです。
24平米のデラックスルームで税金含んでUS$93でした。
ちょっと狭めではありましたが、設備が新しく快適でした。

お風呂は、シャワーブースのみ。 少し狭め。
洗面台がガラスでおしゃれなんですが狭かった。
ゴミ箱もオシャレ。
置いてあるグラスはブルーのしゃれた少し大きめの物。
インターネットは各部屋、ホテル内100MのLANを経由して高速回線接続。
また、ホテルマンは若く、良く教育されて非常に良い印象でした。

マカオ インターネット事情 その2 2005年8月15日

ホリデイインのビジネスセンターで実際、インターネットを見てみました。

これも短い時間でしたので、誤りがあるかもしれませんが、
その都度、追記の形で訂正していきたいと思います。

デフォルトのページがMSNになっていましたが、ポルトガル語のようでした。
そこで、世界のMSNを開けてみたのですが、アジアのカテゴリーはあるのに
そこには Japanが在りませんでした。 
あれと思いながら、とにかく US に飛び、自分のメールにアクセスしました。
これは、日本語のフォントも入っていたようで、問題なく見ることが出来ました。

次にUSのMSNのホームから Expedia に飛んで香港のホテルの予約を行いました。
これも問題なく、日本でやるのと同様に出来ました。

これだけで、何がわかるとも思いますが、
中国でのインターネット人口は 103百万人と1億人を超え(2005年6月末)、
日本の70百万人(2005年2月)をはるかに超えています。
この中で中国ではインターネットの閲覧に制限が加えられているのが事実です。

中国在住の方のブログでも、その苦労がうかがえます。

規制の内容についてはこちらが詳しく、それが2000年にさかのぼるのがわかりいます。
全体については、こちらが判りやすく解説してありました。

とにかく、これは常に変化していくことのようです。
“マカオ インターネット事情 その2 2005年8月15日” の続きを読む