北京事情 新たなカテゴリーにします

今回の北京事情を 新たなカテゴリーにします。

オリンピックを2008年に控えて、大きく変わろうとしている北京です。
中国の政治的な中心、首都であり、又歴史の街でもあります。
是非、オリンピック前に一度訪ねたくて、今回の訪問になりました。

確かに、いたるところで大きなビルが建設中でした。
住民の居住用のアパートも同様です。

2005 1025 Peijin 001.jpg


北京事情 ルールが違う

初日、2005年10月23日の胡同ツアーのガイドといろんな話をしました。

その中で、土地はすべて国、村の物で個人所有という観念はまったくありませんでした。
現在すんでいる土地は、代々その子孫に受け継がれますが、所有ではありまん。

最近、売買が認められましたが、それは個人であれば70年間
ビジネスであれば40年か50年間使用できるという物です。
期間後改めて、支払をしないと使用を継続できないというものです。

根本から、ルールが違うという実感です。
もう少し調べて見たいと思いました。


北京事情 北京国際空港

北京国際空港、2005年10月28日、午後1時頃です。
時間にもよるのかもしれませんが、空港は人でいっぱいでした。

タクシーを降り建物へ入ると普通はチェックインカウンターが見えるはずなのですが、
人、人、人で混雑しています。
建物を入ると、すぐカスタムチェックのゲートになっていています。
人をかき分け、用紙を探し、記入して入ります。

チェックインカウンターで手続き後出国カウンターに向かうと、ここも人だらけです。
やっと出国カードの用紙を探して記入、並びます。

中に入って、焼きそばを探しましたが無かったので焼きうどんにしました。
60元(JPY900)です。 ものすごく高い。
スターバックスのコーヒーも22元(JPY330)です。 現地の感覚からするととても高い。

毎度、喫煙ルームを撮ってみました。

2005 1028 Beijing 005.jpg


北京事情 あれこれ雑感

北京の最終日です。 あれこれまとめて書いておきます。

今回2日、昼食付きのツアーに参加しましたが、ごたぶんにもれず、美味しくなかった。
途中で連れて行かれるお土産物屋に付属しているような所でした。

大柵欄近くの開封灌湯小龍包子で、小龍包子を食べました。
12個で9元(JPY135)です。 
ちょっとお昼につまむという感じで地元の人でいっぱいでした。
英語、日本語は基本的に通じず、身振りで何とかなりました。
人気なのは納得ですが、
個人的には美味しい小龍包子とはどんなものか、いまだ掴めていません。

前門近くの雑技をやっている老舎茶館を訪ねました。
ガイドブックに営業時間が9時からと書いてあったので、
漠然と1日中やっているのかな、と思いながら11時頃行きましたが
日によって違いますが、雑技は2時頃からでした。
確認してから出かけてください。

北京事情 大柵欄(ター・ジャー・ラン)街を訪ねる

前門の南側にあります。

2005 1027 Beijing 003.jpg

街は、北京の庶民が買い物をする下町の感じです。
古くは、遊郭を控えた歓楽街だったそうですが、今は浅草の感じです。

2005 1027 Beijing 001 V1.1.jpg

一本裏側へ入るとこんな感じです。 
他の場所ではドンドン取り壊されて、新しいビルがあちらこちらで建設されています。

2005 1027 Beijing 006.jpg

老舗の御茶屋、張一元茶荘(ジョン・イー・ユェン・ツァー・ジョン)には、
地元の人が20人位お茶を買い求めて並んでいて、入り込めません。
よっぽど、買うお茶を決めてでも行かないと並べません。
入り口で説明していた、缶入りを買うのがやっとでした。

2005 1027 Beijing 002.jpg

清代の町並みと、書画骨董の町、琉璃(リュー・リー)チャンまで足をのばしました。
観光客と見るとすぐに声がかかりました。

2005 1027 Beijing 004 V1.1.jpg