パリの旅 刺激的でした

paris-81

ちょっと引っ張りすぎかなと思いながら
ドイツとフランス、特にパリの様子を1ヶ月にわたりアップしてきました

写真は、最後に訪ねたオランジェリー美術館の脇にある
チュイルリー公園 Jardin des Tuileries の噴水です
丁度中央にルーブル美術館
その手前のカルーゼル凱旋門 Arc de Triomphe du Carrousel が見えます

皆さん、思い思いに噴水の周りの椅子で、サンドイッチなどを食べています
ほとんどが観光客、パリの学生も居るのでしょうか?
私たちも、この日のお昼は自分たちで作ったチーズをはさんだサンドイッチを
この近くのベンチで食べました
なんとも心地良い時間が流れます

丁度反対側は、コンコルド広場オベリスクから中央に凱旋門が見えます
また、シャンゼリゼ通りは何時も人で一杯でした
片道4車線の道路にそれより広い歩道が広がっています
そのほとんどが観光客、フランス各地からも多くの人がパリを訪れています

paris-80 paris-14

アジアの国々やアメリカなどと違って
また、いろんな刺激を受けた今回の旅でした


パリ オランジェリー美術館 Musee de l’Orangerie を訪ねる

パリ滞在の最後の日、2009年5月4日の月曜日です
オルセー美術館 Musee d’Orsay を訪ねたかったのですが
あいにくと月曜日は休館日です

モネ睡蓮を展示してある
オランジェリー美術館を朝から訪ねました
結構な広さの部屋の周りに
いくつかの季節を代表するモネの睡蓮が4枚
周りを取り囲むように配置されています

paris-71

このような部屋が、2つあります
合計8枚、大作です
圧倒される、不思議な、満足できる空間となっています


日曜日 サン・ミッシェル St Michel で昼食をとる

日曜日は、デパートもレストランも休みのところがほとんど
そんなパリのルールに従わなければなりません

が、そんな中でも、サン・ミッシェルあたりの学生街には
開いているレストランがいくつもあります
2009年5月3日に訪れました

左岸の入り口のシンボルとなっている
サン・ミッシェルの噴水です
ここから1本路地を入ってサン・ジェルマン・デ・プレ教会方向に行くとと
パリ中の観光客が集まったかのような混雑ぶりです

paris-75 paris-76

昼食は、ここらで少し米も食べたい・・・
と考えて、スペイン料理の店ォゴン Fogon
パエリアを食べることにしました
たまたま、1時PM過ぎに予約無しで入れましたが、
その後3組ほどのお客が満席で断られていました
予約をして行く方が良いようです

paris-74

ランチのメニュー(定食コース)になっており
パエリアの種類を選択することになっています
ミートかシーフードの中からシーフードを選択すると
さらに”パエリアの種類を選択”しろといった雰囲気
よくわからずに選択すると
シーフードを細かく刻んだタイプのパエリアが出てきました
殻つきのままのパエリアか、細かく刻んだパエリアか
といった選択だったようです
あまりの美味しさに、写真を撮るのは忘れていました

こちらはデザート
”やはりこうでなくっちゃ”と納得する
チョコレート Pave au Chocolat です

paris-77

もうひとつは、甘いタパス Tapas sucrees です

paris-79


ルーブル美術館 Musee du Louvre を訪ねる

大きい、広いとは聞いていましたが、
本当に広く、”世界最大の美術館”に間違いありません
2009年5月3日日曜日に訪ねました
毎月第一日曜日は無料開放されています
これも、本当に美術を学びたい人たちにとっては
ありがたいことではないでしょうか

開館9時AMの30分ほど前に行ったのですが、
ピラミッド中央入り口にこれほど並んでいます
が、今日は無料であるため
セキュリティ・チェックを一階の入り口で受けた後
ピラミッドの地下に降りて、チケットを買うために再度並ぶ必要はありません

paris-72 paris-73

とはいえ、人はどんどん入ってきます
皆さん、まずは”モナリザ”を目指して早足で歩いていました
他の美術館と違って、フラッシュを使用しなければ
写真撮影が許可されています
この辺も寛大ですね
皆さん、あちらこちらでデジカメで写真を撮っています
ちょっと、うっとおしく思うこともありました
とは言いながら、こちらが”ミロのビーナス”です

paris-78

女性の場合はトイレの場所を確認しておくのも重要ですね
何処のトイレも行列ができていました

とても1日くらいでは、見れるものではなく、
おそらく何度訪れても新しい発見があることでしょう
次回は、事前にパリ・ミュージアム・パスを準備しておき
入るのに並ぶ必要の無いポルト・デ・リオン Port de Lions の入り口か
カルーセル・デュ・ルーブルから入りましょう
こちらの入り口は、一階の回廊の途中に、警備員が立っている
ガラスで囲まれた部分です、ここから入れます

パリ近郊唯一のアウトレットを訪ねる

何処にもアウトレットはあるものですね
フランスでは一般の小売店は年に2回しかセールができないと
法律で定められています
(少し変更があったようです)
そんな中でも、パリ・ディズニーランドの一駅前、Val d’Europe に
アウトレット La Vallee Outlet Shopping Village
ラ・ヴァレー・アウトレット・ショッピング・ヴィレッジ
があります
2009年5月2日に訪ねてみました

パリ市内からA4番線に乗って約50分程度でしょうか
少し走ると緑の景色に変わりました
Val d’Europe駅を出ると、正面にこんなビルがあります
が、このビルではなく、右手に見えるこのビルが
まずは、ショピングセンター Val d’Europe です

正面
正面
右手
右手

案内図に従って、ビルの中を左手に進んで行って
いったんビルを出るとアウトレットになります
50を超えるブランドショップがあるようです
男性ものでは、ポロ・ラルフローレンに人が集まっていたように思います

paris-65 paris-68

ショッピングセンターとアウトレットが一体となって
その背後には相当広い駐車場があります
皆さん車で、家族連れでショッピングに
この場所を訪れているようです
ショッピングセンターの地下1階には水族館
1階にはレストラン・カフェやフードコートも備えています
1日のんびり楽しめますね

paris-69 paris-64

paris-66 paris-67