ロッジ ダッチオーブン用トートバック


久しぶりにナチュラムを覗いたところ、以前品切れになっていたダッチオーブン用トートバックが入荷しています。 


LODGE(ロッジ) 純正12”キャンプオーブン用トートバック

アメリカ国外から、オンラインで注文出来なかったので、
何度か電話をかけていましたが、なかかな繋がらず、テープばかりでした。 
何かのんびりとしたテネシー州の雰囲気が伝わってくるようです。

今回、12インチ用が、3,980円。 アメリカでの価格が$23.95ですので、良しとしましょう。

早速、ナチュラムに注文したいと思います。

クリスマス スタッフド・チキンをダッチオーブンで


2005年12月18日 寒い日曜日でしたが親戚、友人の子供たちと
一足早いクリスマス・パーティを開きました。

子供たちも手伝ってくれて、メニューは何度も作っているスタッフド・チキン。 
レシピはこちらです。

2005 1218 Xmas 001.jpg

ダッチオーブンをベランダで使ってみました。 バーべキューコンロはこちら。
防水の塗料(アスファルト?)が熱で溶けないか気になりましたので、ダンボールを引きました。
やはり、相当熱を持ってきましたので、さらにダンボールに水を含ませて下に置いておきました。
何とかいけそうです。 
さらに、火の後始末用に、懐かしい飯ごうを利用しました。

子供たちも、鳥の丸焼きに大喜びしてくれました。

2005 1218 Xmas 004.jpg

デザートには、焼きりんごを作りました。
これも、おいしかった。

1日、おうはしゃぎのクリスマス・パーティでした。

2005 1218 Xmas 030.jpg

秋のキャンプ 福島 フォレストパークあだたら

おそらく、今年最後のキャンプ、2005年11月26日、27日 福島フォレストパークあだたらに行ってきました。
秋も深まって、ダッチオーブンの炎が恋しくなる時期です。

2005 1126 Adatara 003.jpg

秋のキャンプは、重ね着が基本。
自分の代謝に合わせて、どんどん重ね着をしていきます。
人の体はいったん冷えると自力で体温を回復するのは難しいので早めに着込みます。
とくに下半身、首周りに気を付け、あったかい空気が逃げていかないように。

おかげさまで、深夜11時ごろまで楽しく仲間と外で過ごせました。
明け方近くには、おそらく0度近くまで気温は下がったかと思います。

ダッチオーブン 野菜の丸焼きの調味料

次回のダッチオーブンでの野菜の丸焼き(皮をつけたまま焼くのが基本です)のために
調味料をまとめておきます。

皮を付けたまま焼くことによって、野菜の持つうまみ、甘さがそのまま閉じ込められます。
それをさらに美味しくするのが調味料です。

ジャガイモ 
バター、マヨネーズ、サルサソース、サワークリームで楽しめます。

サツマイモ
バターがあいます。

ヤマトイモ、サトイモ
醤油でしょう。

玉葱
とても甘いのです。 これにオリーブオイルをひとたらしして、塩、コショウで十分ですが
醤油をひと垂らししても美味しいです。

とうもろこし
十分甘いのですが、バターは如何でしょう。

チキンクリームスープ 2005年9月24,25日 伊豆モビリティ・パーク

ダッチオーブンでチキンクリームスープを作りました。
とても美味しく、改めてダッチオーブンのすごさを実感しました。

2005年9月24,25日、伊豆高原の海女屋で新鮮なねたの寿司を食べた後、
一泊で伊豆のモビリティパークを目指します。
あいにくの台風17号の接近で、雨の中でのテント設営となりました。

2005 0924 Mobility Park tent.jpg

今回のチキンクリームスープ、、また、ともダッチレシピを参考にさせていただきました。
ローストチキンシチューと紹介されています。
ちょっとレシピと異なるのは、今回ローストチキンのつもりで若鳥2.1Kgを買っていたので、
これを大きめに切って、ほぼ丸ごと使用しました。
又友人が厚手のアルミホイルを持っていたので、
これを使い、うまい感じでダッチの中に敷くことが出来ました。
また、レシピでは、ダッチを一度冷ますように書いてありますが、
お湯であれば問題ありませんので、そのままお湯を注ぎました。

さて12インチのダッチで、最初はこんな感じ

2005 0924 Mobility Park Duch 1.jpg

鶏肉を最後に入れます。

2005 0924 Mobility Park Duch 2.jpg

ちょうどこんな感じになるのに、30-45分。
下のアルミホイールで作った皿の中に、およそ2cmくらいはあろうかと言うスープが
美味しそうにたまっていました。 これを使います。

2005 0924 Mobility Park Duch 3.jpg

さらに10分程度でこんな仕上がりになります。 
濃厚な、とんこつスープかと言うくらいに深い味わいのスープが出来ました。 
玉ねぎ、ジャガイモ、にんじんも最初に火を通した際に、うまみがぎっしりを閉じ込められた感じです。
鳥を丸ごと使ったこともあり、このスープが出来たのかなと思っています。

2005 0924 Mobility Park Duch 4.jpg

今回のキャンプのメンバーの幸せそうな顔です。

2005 0924 Mobility Park member.jpg