ネットギアがスカイプ・Skype向け携帯電話機を発売


日経新聞にスカイプの記事が出ていました。
おぉーと思いよく読んでみましたが、どうも書き方がオーバー過ぎ,正確でありません。

正確に書いてあるのは、CNETJapanの方でした。

すでに、USB接続のスカイプ用の電話機は出ていますし、
これは単純に個人用の無線LANに、PCなしでつなげますよ、程度のことでしょう。
もちろん、ルーミングの機能も将来搭載可能でしょうが、その場合でも一般公衆無線LANの接続費用は必要でしょうから、
その費用がどれほどリーズナブルになるかの問題があります。

またスカイプ・アウトの費用については、私が比較したものがありますのでご参考に。
決して、1分1円強ではありません。

BroadBand Watchには携帯の写真も出ていました。

Skypeがアフィリエイトプログラムをやっていました


恥ずかしながら、本日気付きました。

気に入ってSkypeを使っていましたので、何気なくバナーを張っていました。
SkypeOut についてもすでに自分で申し込んでいました。

しかし、本日届いたヴァリューコマースのメールを見ると、
そこにSkypeのアフィリエイトが紹介してありました。
改めて、Skypeのサイトを見てみると、確かに会社概要にプログラムの紹介がありました。

個人的には印象が良くないヴァリューコマースですが、早速申し込みました。

スカイプ Skype のスカイプアウト SkypeOutはお得

スカイプのスカイプアウトの料金が安いのか調べてみました。
結論は、すべてにおいて安いので早速利用することにしました。

友人同士や、海外との会議電話にスカイプを利用しています。
世界中どこでも無料で、音質も非常にいいです。
スカイプアウトは、一般の電話にかけることが出来ますが、有料です。

料金を現在使用している、KDDI IPとVodafoneと比較してみました。
以下、1分単位での比較です。

スカイプアウトSkypeout, 世界中どこからでもどこにかけるかで料金が決まっています。
日本国内どこでも: 2.66円
日本国内携帯電話へ: 17.5円
たとえばアメリカへ電話: 2.737円

KDDI IPの場合
市内・県内: 2.8円
県外: 3.87円
国際電話 アメリカへ: 9.0円
携帯 Au以外へ: 18.375円

Vodafoneの場合
10.5円から63円ですが、私のプランの場合、31.5円でした。

私の場合、国内遠距離、国際電話と携帯電話は明らかにスカイプアウトが安くなります。

スカイプアウトにも以下のデメリットがあります。

最低10ユーロ(1,361円)の前払いであること
クレジットカードでのユーロベースの支払であること
カード会社は独自の交換レートを使用します。
前払い金額に6ヶ月の使用期間があること

すべて限定的な影響ですし、円高ユーロ安のメリットも考えられますので
早速、使ってみることにしました。

Skype は 便利で音がきれい

友人に薦められて、Skype を使用しています。

PCとヘッドセットがあれば世界のどこでも
利用者と無料で話せます。

ヘッドセットを使用しているとはいえ
音質が良いのに驚かされました。

また、友人がログイン(PCを使用)しているのが分かりますので
安心してコンタクトできます。

是非、会社は無理かもしれませんが、自宅のPCに
Skypeを入れてコンタクトしましょう。