秋田へ Garmin Nuviの軌跡

2012年8月4日から6日、2002年から訪ねている秋田を訪ねました。

上部に白い雲がかかっているのが、世界自然遺産の白神山地。  秋田県と青森県にまたがる地域になっています。  その下に見えるのが能代市で日本海に流れ込む米代川水系。  北側に白神山地に源を発する粕毛川、藤琴川、早口川、岩瀬川などがあります。

中央部に見えるのは、八郎潟、そしてその左は男鹿半島で、秋田での海釣りの目的地ともなっています。  ガーミンの軌跡の終着点となっているのは、ちょうど森吉山の麓、旧森吉町、現在北秋田市となっています。  ここは米代川支流阿仁川水系が、南から北側方向に流れています。 この水系の阿仁川、小阿仁川、小又川、打当川などが、秋田に来た際のメインの渓流釣り場になっています。  小又川上流部に森吉ダムが完成したことによって、小又川はここ数年大きく姿を変えてしまっています。

今回新潟側を経由して秋田へ入りました。  幾つかの場所を記しておきます。

笹川流れ: 新潟北部を11km続く海岸線。  綺麗な海と白い砂浜が売りで、家族連れや若者たちが、海岸線にテントやスクリーンを上手く張って、短い夏を楽しんでいるのが印象的でした。  中心部にある笹川集落から名前が来ています。
あつみ温泉: 全ての村に共同温泉があるといわれている山形県には、大きな温泉地は少ないのですが、その一つが、海岸線からすこし入ったあつみ温泉。  海岸線に道の駅も出来ていて、そこで岩牡蠣を食べることができました。

湯の越の宿: 秋田五城目町にある温泉。  檜の湯船が印象に残っていたので、今回訪ねてみましたが、数年前に改装されて綺麗な石造りの湯船に変わっていました。  現在積極的に近隣の高齢者デイケアーに力を入れているようでした。
咲花温泉: 帰りにさすがに疲れて一泊した温泉です。  新潟から磐越自動車道を安田インターチェンジまで進んだ阿賀野川沿いに10軒弱の温泉街を構成しています。   硫黄泉なのですが、時間によって綺麗に色が変わっていました。  女性客をターゲットに、プロモーションに力を入れているように見受けられました。  が、これまでの温泉宿のいろんな部分を引きずっているように感じました。  この他、新潟近辺で、月岡温泉、寺泊温泉など、宿泊をあたってみましたが、日曜日の昼間、なかなかうまくは行きませんでした。
水上温泉: 何度か行ったことのある温泉地ですが、今回も寄ってみました。  今回は大手ホテルの温泉を試してみました。  日帰り入浴には、露天風呂のみ開放しており、残念ながら循環の温泉でした。  内湯は源泉かけ流しとなっています。  団体客、ツアー客に力を入れていて、庭園にプールもあることから、子供連れの家族で賑わっていました。


カーナビは ガーミン・Garmin で充分

GPS メーカーとして、世界のスタンダードとなっているガーミン・Garmin。  現在渓流釣りの山歩きにオレゴン・Oregon 450 を使用しています。  カーナビもGarmin で充分ではないかと思い始めています。

これまでのカーナビへの不満は、「どうしてインターネットと連携できないんだろう?」 ということでした。

世界標準(と言っても良いと思います)のGarmin のカーナビ、Nuvi。  これまで、パーソナルGPS の高額販売で何かと話題になっていたGarmin の日本での総販売代理店 「いいよねっと」。  ガーミンのカーナビの販売では販売戦略を変えたようで、カー用品店で目玉商品として販売されたりしています。  偶然入ったカー用品店でGarmin Nuvi 2565 が14,000円で販売されていました。

この Garmin Nuvi 2565, 5インチのタッチ・スクリーンですこし小さめ、簡単に車から取り外すことができ、 USB2.0 でパソコンに接続できます。  「大容量メモリー」とパソコンに認識させて、Google Map で検索した地点を、カーナビに転送できます。  これは、Google Map でこれから行きたい所や、興味がある地点を検索。  検索した結果の下にある、その他>送信>送信先>ナビメーカー>Garmin>送信、でカーナビに「お気に入り」の地点として、送信できます。  この作業には、Garmin Communicator Plugin をパソコンにダウンロードして、インストールしておくことが必要です。  現在多くのカーナビメーカーが、このGoogle Map との連携機能をサポートしているようですが、何らかカーナビが通信機能を持つようなサービスに入らなければならないようです。  この点、Garmin での作業は、Nuvi をパソコンに繋ぐだけとお手軽です。

また、車の軌跡・ルートをGoogle Earth に取り込んで表示させることもできます(Google Earth のヘルプにしっかりとした解説が設けられています)。  同じようにGarmin Nuvi をパソコンにUSB接続し、大容量メモリーとして認識させます。  Garmin Nuvi のGPS フォルダーの中に current.gpx ファイルがあるので、これをパソコンにコピーします。  後は、Google Earth >ファイル>開く>(ファイル形式をGps に指定)>current.gpx を開く>ポップアップボックスが出てきますが、デフォルトのままでOK、これで車の軌跡を見事にGoogle Earth に表示してくれます。  細かく日時指定ができますし、ツアー作成もできるようです。  データーをGPS からインポートするもう一つの方法として、Google Earth >ツール>GPSを利用する方法もあるのですが、どういう訳か、インポートの最中に「GPSのファイルに無効な記述がある」として、私の場合こちらの方法は上手く機能しませんでした。

Garmin Nuvi の取り付けにいろんな方が苦労されているようですが、GPS として衛星補足能力が高いので、ダッシュボードの上におかなくても充分機能します。  私の場合、マジックテープを利用してセンターボードの一番下に軽く固定して使っていますが、しっかりと衛星を捕まえてくれます。

良い事ずくめのGarmin Nuvi ですが、もちろんトンネルの中や地下、ビルの中では衛星を捕まえることはできません。  これを不便と考えるか、必要ないと考えるか?ですね。
また都市部でのナビゲーションとして考えた場合、「700m先を右折です」「右折です」と2回しか案内してくれませんので、交差点が多い都市部では、迷うことがあります(交差点名の表示は出来るようになっています)。   日本メーカーのように、800m、300m、80mでそれぞれ右折です、と案内してくれるほどには、親切でないかもしれません。  地方都市で使うには、全く問題ありません。

追記: 2012年8月11日 Garmin Nuvi の案内、どうも交差点の70mくらい手前で、「右折です」との指示を出しているようです。  感覚的に、これをわかっていると都市部での道案内にも随分迷うことがなくなってくるようです。


横浜から九州・熊本まで車で走ってみた

年令を重ねるごとに思考回路が過激になるようで、横浜から熊本まで、距離にして1,200kmを車で走ってみました。  幾つかの要因が重なってのことなんですが、これはこれで楽しい経験でした。  職業的なドライバーにとってはどうということもないことなんでしょうが、驚きや発見がありました。

2002年の8月から、ここ10年、ほとんど毎年2回ほど秋田の阿仁川水系に渓流釣りに行っています(昨年、2011年は行っていませんが)。  この距離がおよそ700km。  この距離感があったので、1,200kmも一泊すれば、無理な距離では無いなとの思いはありました。

話題になっていたスカイマークの東京・熊本の航空運賃がおよそ11,000円から13,000円位(スカイマークの感想についてはまた改めて書きます)。  無料化の話がいつの間にか消えてしまった高速道路の料金、休日特別割引なるものが実施されているようで、5割引き(半額)で横浜・熊本間がおよそ11,000円。  もちろんガソリン代などかかりますが、感覚的にはおんなじ料金ともいえます。

これまで、一度乗ってみたくて購入していた「静かさ」を売りにした大きい国産車、5年近く経って、どうもドライブが楽しくない、何か退屈なだけ、との感想を持ち始めていました。  今回は、小排気量でインタークーラー付ターボエンジンをのせたドイツの小型車、これがめっぽう運転するのが楽しいし、疲れない。  もともと車に対する文化が日本とドイツでは違う、と考えていましたので、このドイツ車をとことん走らせて見たくなりました。

ドイツのアウトバーン、一度だけ、同乗させてもらい走りました。 その時の感じでは、ドイツの都市と都市を結ぶ自動車専用道路、もちろん無料。  1933年本格的に建設が始まり、ドイツ総延長17,000km、ドイツだけでなく周辺国の道路とも有機的に繋がっています。  ドイツの人を中心にユーロ圏の人たちにとっては、車でのアウトバーンでの移動は、当然のこととして、車もアウトバーンを安全に快適に移動する道具としてしっかり作られています。   これに対して、日本の高速道路、どうも都市と都市と繋ぐと言うよりも、都市をかすめて、山の中をトンネルでつないで走る、との印象を持ちました。  「トンネルと高架の建設技術は素晴らしい」ですね。  アウトバーンは、トラックは制限速度があり、かつ追い越し車線に入ることが禁じられています。  この点トラックが追い越し車線に入ってくることによって後続車のスピードが落ち、渋滞の原因にもなってしまう日本との大きな差になっています。

横浜出発は、午前10時半。  土曜日恒例の東名・町田の渋滞に最初からぶつかり、「これ、行けなかったら、浜名湖でうなぎでも食べるか、温泉でも入って帰ってこよう」くらいの軽い気持ちでスタートしました。  が、その後順調に、愛知・豊田まで。  豊田から伊勢湾岸道路から新名神高速道路。  素晴らしい道路が出来ています。  名古屋セントレア空港が、すぐ近く。  この空港、まだ利用したことがありませんが、ロケーション的には、成田の数倍良いかもしれません。  また、このあたりではフェラーリなどのいわゆるスーパーカーを何台も見ました。  京都が近くなって、宿を探したのですが、ちょうど祇園祭の宵山とぶつかり、何処の温泉地も予約でいっぱいでした。  そのまま大阪・神戸を過ぎ、やっと岡山市内のビジネスホテルで一泊。

次の日、9時半から出発。  岡山から広島、山口の山陽道路、車の量は少ないのですが、トンネルが続き、けっこう退屈でした。  初めて関門海峡を車で渡りました。  そこから熊本までの138kmは、短く感じましたし、九州での高速道路は景色もよく見れ、トンネルが少ない印象でした。  よく行く山鹿・平山温泉、「かどや」でゆっくりと汗を流し、熊本に夕刻には到着しました。

このチャレンジ、またやるかもしれません。

追記;2012年7月26日 熊本までのドライブをやったのは、7月14,15日。 その後7月21、22日に同じように横浜に帰って来ています。

 


Garmin Oregon 450 (7) 地図はいどんなっぷ

最終的にGarmin Oregon 450に入れる地図は
いどんなっぷさんの物に決定しました

最初はサンプル地図が
上手く表示されなかったのですが
これは、いどんなっっぷさんが書かれている
設定>マリン>Marine Chart Mode を
オフすることによって、ちゃんと表示されました

自分の用途に応じて地図を選択
私の場合、もっぱら渓流釣りのお供ですので
全国地図に加えて
よく出かける渓流地区のTopo 10m を加えました

日本語のみ、日本語・英語併記を選択しなければなりません
私は両併記では表示がうるさくなるだろうと
日本語のみを選択しました

が、これはまだGarmin のちゃんとした機能を
完全に理解していませんでした
日本語を表示できるようにしてあっても
検索はアルファベットのみ対応しており
この検索が出来ると
様々な他の Garmin の機能がもっとよく使えるようです

これから購入される方には日本語・英語併記をお勧めします

表示のうるささの問題も、
実際現地で使用する縮尺、20mやそれ以下では
全く問題になりません

前回の釣行に、このGarmin Oregon 450 を持って行きましたが
現在どこに居るのかがわかること
渓流の地形がわかること
退渓点までの距離がわかること
など、非常に重宝しました

Garmin Oregon 450 (6)日本語化する

海外から購入したGarmin Oregon 450
少しでも英語表示を日本語化して
判りやすくした方が使用感が良くなりますね

私の Garmin Oregon 450, ソフトウェアーのヴァージョンは3.50
すでに多言語、いわゆるマルチ・バイトの言語にも対応しています

やり方の一つとして、このソフトウェアー(ファームウェアー)
そのものを台湾のものに入れ替える方法を取られている方も居ますが、
基本的には、多言語に対応しているソフトですので
日本語に対応するファイルのみを追加してやれば
それでOK ということになります

日本語の地図を表示させる
メニューを日本語にする

この2つに対応するファイルを手に入れて
Garmin をマスストレージとしてUSB接続した状態で
適切な場所にコピー、もしくは入れ替えて
やれば良いことになります

検索してみれば、そのやり方がわかりますので
自己責任でやってみましょう