ソフトバンクのiPhone 5S を活用する

どなたにもお勧めできる方法ではありませんが、手元にあるソフトバンクのiPhone 5S を格安SIMを使って活用してみようと、試してみました。 結果、しっかりとNTTの3Gネットワークを掴み、データ通信は問題ありませんし、通話の発信もできます。 が、4G LTE のネットワークが使えず、また電話の着信ができません(携帯電話にかけても、「電波の届かないところにいるか、電源が入っていない」とのメッセージが流れ、NTTではSMSで、着信があった旨を知らせてくれます)。

最初に、ソフトバンクでSIMロックが掛かったものを解除する方法を探したのですが、情報が混沌としていて、ある意味途方に暮れました。 よく探してみると2つの方法があるようです。

ファクトリー・アンロック

一定のiPhoneの情報を送ることによって、iPhoneのSIMロックを解除してくれるサービスのようです。 が、料金が30,000円以上しますし、またSIMロックが解除されるかどうか、しっかりとした保証がないようです。

SIMロック解除アダプター

いわゆる「SIMに下駄を履かせる」といったやり方で、多くの商品がAmazonに出品されています。 偽物、不良品も多いようで、結果もマチマチ、どうも実用的でないと思っていたのですが、そんな中で岡山のventure resource が販売しているものが価格は高め、2,760円なんですが、しっかりとマニュアルもついていますし、動作保証、返金保証、有料サポートなどあり信頼できるようでした。

実際の作業もほぼマニュアル通りで大丈夫でした。 一点、事前の準備として、一度iPhoneを初期化しておくこと、またiCloud、iTunes への登録をサインアウトしておくことをやっておけば、ほぼ問題なく、しっかりとドコモの電波をつかむことができました(ソフトバンクiPhone5S iOS8.1.2 でした)。

5S Picture 006

IIJ mioフォンの音声通話付きの格安SIMを利用したのですが、大丈夫でした。 限界として、4G LTEは利用できません。 このためか、電話も発信は問題なくできるのですが、着信ができず、NTTからSMSで着信があった旨メールが送られてきます。

IIJ mio フォンの格安SIMを使う利点として、4G LTEを利用してのiPad mini へのデザリングの重きをおいていますので、最終結論として、手元のソフトバンクiPhone5sをデーター通信端末としてこれからも活用すると言う結論には至りませんでした。 手放すかなぁ。

 


ソフトバンクを止めて、格安SIMを使ってみる

これまでiPhoneの日本での発売からずっとソフトバンクを使っていましたが、今回これから利用が増えるであろう格安SIM、IIJ mioフォンを利用してみることにしました。

iPhone 5s に切り替えたのが遅いタイミングでしたので、iPhone 6 への変更は、見送ることにしてました。 が、ちょうど2年縛りの契約が2014年11月末で満期になるのを、ソフトバンクからのSMSを使ったメールで知ることになり、契約変更可能な12月中にどうするのかを決めなくてはなりませんでした。

無料通話アプリの普及

もともと携帯電話での通話は多くなく、仕事上も打ち合わせなどにはスカイプなどを利用しています。 スカイプは、その登録に若干の手間がかかりますが、無料通話の老舗として、通話の品質、「スカイプアウト」と呼ばれる一般電話への安価な発信機能など充実しています。 これに加えて、最近ではLine でも通話ができますし、またFacebookメッセンジャーも通話機能をつけています。 ネットに繋がっていれば、無料で通話できる時代になっています。

SIMロックフリー(SIM unlooked)

すでにApple からSIMロックのかかっていないiPhoneの発売がされているように、携帯電話会社に縛られないスマートフォンが手に入りやすくなってきています。

格安SIM

SIMロックフリーの流れに伴って、仮想移動体通信事業者(MVNO)によってデータ通信用の格安SIMが販売されるようになってきています。 この格安SIMには、データ通信のみ、データ通信プラスSMS、データ通信プラス音声通話の三種類があります。 携帯電話網を、この仮想移動体通信事業者に卸しているのは、現在NTTとKDDI(AU)のみで、ソフトバンクは、別の戦略を採るようです。

通話無制限による実質携帯電話基本料の値上げ

NTTが火を付けて、ソフトバンク、AUが追随しましたが、ここに来てソフトバンクは従来のホワイトプランの受付終了を実質延期するように方針を変更しています。 火付け役のNTTは、これまで携帯の通話が多かった人が、この通話無制限の料金プランに飛びつき、自社の利益を大きく圧迫する結果を招いています。 加えて格安SIM業者に、自社の携帯電話網を卸していることも利益圧迫要因の一つとなっています。

以上のような動きの中で、2年縛りが解けた状況で、今後どうするか?

Apple iOSかアンドロイドか?

アンドロイドのシェアが世界的に大きく伸びています。 特に新興国での格安の携帯電話の販売の増加によってその傾向は顕著です。 とはいえ、最新の動きはやはりApple のiOS から起こってきます。 ここのところは外したくありません。 またセキュリテーの点から考えても、アンドロイドのソフトでは、新しい事を試してみるのはリスクが大きすぎるように思えます。 これに対して、スマートフォンを持つ用途が、ネットで、Line 、facebook、Twitter, Gmailなど安心して使えるソフトを使うだけであれば、アンドロイドも選択肢になります。

携帯電話会社か格安SIMか?

結構高額なスマートフォンを手軽な分割払い、もしくは携帯電話会社の負担で使おうとすれば、携帯電話会社の利用を継続するメリットは、まだあります。 しかし契約の縛りがある2年間で格安SIMと携帯電話会社の料金には、およそ110,000円ほどの差があります。 この差を合理的にうまく使おうとすると、格安SIMが選択の対象になります。

色んなサービス会社が、格安SIMに一気に参入してきていますが、月額が安いだけで、そのアンドロイド携帯に特色もなく、大手の携帯電話会社と同じように2年縛りで携帯電話とのセット販売をするビジネスモデルを採用しているのは感心しません。 ここは格安SIMだけを手に入れて、スマートフォンを自由に選びたいところです。 また格安SIMの場合追加料金(ソフトバンクでは月額500円)無しに、デザリングができるのが一般的で、これができるとWIFI専用のiPad mini などの利用範囲が格段に広がることになります。

インターネットの黎明期から事業を行い、NTT回線を利用しているIIJが格安SIMの販売会社としては、適当ではないでしょうか? ブログで最新の情報も発信していますし、通信品質の評価も安定しているように思えます。

どのように格安SIM用のスマートフォンを手に入れるか?

Apple ストアー

SIMロックフリーのiPhoneをApple ストアーから購入するのが第一の選択肢です。 円安で価格は改定されていますが、iPhone 6が75,800円から購入できるはずです。 しかし、今日現在Apple ストアーでは、シムロックフリーの商品の注文ができなくなっており、さまざまな憶測を呼んでいます。

NTT docomo用のiPhone

これは格安SIMにNTT回線を使用している、IIJやOCNなどを利用する場合に、すでにNTT ドコモ用に販売されているiPhone(SIMロックがかかっています)を使うことができます。

Amazonで探してみると、2世代前のiPhone 5Cが、35,000円から49,900程度で販売されています(タイミングにより価格が変動しています)。 NTTドコモの販売店から30,000円程度で購入されたものが新品として流れてきているようです(すでにソフトバンクではiPhone5Cの販売は終了しています)。 iPhone 5Sが57,000円、iPhone 6が76,000円程度から手に入れることができます。

今回は、ちょっと試してみるというのもあって、Amazonで、iPhone 5C、32GB(新品)を33,800円 で手に入れました。 これにIIJ mio の音声電話付き、2GBの格安SIMを利用してみます。  これとは別に、これまで利用していたソフトバンクのiPhone 5Sが手元にあるのですが、これについてはドコモでも使えるようにいろいろと試みてみようと思っています。 成功すれば、改めて報告します。

Amazon での NTT docomo 用 iPhone5c

アンドロイド

今回は購入の対象としませんでしたが、いくつか面白い商品が目につきました。 アンドロイドは、できるだけ最新のOSであること(アンドロイド4.4から現在5.0)や、日本の進んだ4G LTEの電波網を利用できることがチェックポイントになるかと思います。

covia SIMフリースマートフォン FLEAZ F4s 価格9,699円

アンドロイドはV4.4  2つのSIMソケットを持っており、それぞれが3Gに対応しています。 これまでのガラケーのSIMを差し込み、もう一つのSIMソケットに格安SIMを差し込めば、お手軽にネットでのLINEやfacebook、ネット検索を始めることができます。 価格も手頃ですし、はじめてのスマートフォンに適しています。 4G LTEに対応していませんが、3G のデータ通信でも十分でしょう。 また、記憶容量が4GBと少ないので、あまり写真やアプリを貯めこむことはできません。

freetel フリーテル SIMフリースマートフォン LTEXM FT142D LTEXM BK 価格27,727円

IIJ mio の格安SIMとのまとめ買いで7,000円が割引され、20,727円で購入できます(2014年12月末まで)。 アンドロイドはV4.4  しっかりと日本の3G, 4G LTEを掴んでくれますし、海外、特にアジアで利用されている2Gにも対応していますので、海外でSIMを購入し差し込めばそのまま使えます。 記憶容量も16GBあります。 こちらも日本での高速4G LTEを使ってみたい人に最適かと思います。

Amazon まとめて割引 フリーテル・SIM フリースマートフォン


日本でのマイクロソフトOffice

「マイクロソフトOfficeのiPadアプリ、46日で2,700万ダウンロードを達成」(日本では、このiPadアプリの配布は開始されていません)という、昨日(2014年5月13日)のニュースをみて、あまり使わなくなりご無沙汰しているOffice、改めて「Office 今、どうなってるの?」と疑問が出て来ました。 最近いろんなことが起こっており、調べてやっと理解できた結果、Officeとはしばらく距離をおいておこう、 当面あまり知られてないOffice Onlineが使えればなんとかなるかな? との結論になりました。

今起きているクラウド、SNS、モバイルの3分野での技術革新。 そんな中で出遅れているマイクロソフトです。

Google

Googleはオンラインでのドキュメント作成機能、Google Docsをオンラインストレージ、Google Driveで提供してます。 なかなか使いやすく、私も利用していますが、時としてオンラインでの入力に、意図しない動きが出てきたりして、長時間の入力は無理かな?と言った印象を持っていましたが、その辺は改良されたのでしょうか? ビジネス向けには、1ユーザーあたり月額600円でGoogle Apps が用意されています。 さらに2014年5月1日にはiOS、アンドロイド向けのアプリとして、ドキュメントとスプレッドシートの提供を開始しています(プレゼンテーションアプリも開発中)。 モバイルディバイスでの使用感をあげ、オフラインでも利用できるようにしたものです。

Apple

iPhone(2007年6月、日本では2008年7月)、iPad(2010年5月)でモバイルデバイスに革新を起こしたApple, アプリとしてKyenote, Numbers, Pagesを提供しており、2013年9月のiPhone5S、5Cの発売の際に、これらのアプリが無料で提供されるようになりました。 クラウド領域では後塵を拝したAppleですが、iCloudによってドキュメントなどの共有を進めています。

マイクロソフト

Office Online

2014年2月21日に、それまで2009年以来提供されてきていたOffice Web Appsの名称をOffice Onlineと変更しました。 これはブラウザーから無料でOfficeの主要機能を利用できるもの。 あまり知られていないというのが実状でしょうか?(私も知りませんでした)。 マイクロソフトアカウントが必要とされますが、ホットメールのアカウントで入ることができました。 クラウドのストレージサービスも同じタイミングでSkyDriveからOneDriveへと変更されています。

Office 365

2011年6月28日から正式版が提供されています。 発表当時、Officeのソフトがダウンロードできるようになって、月額課金に変更になるんだ、と言った印象しか持っていませんでしたが、その月額課金は、商用利用を中心として、クラウド上の様々な機能を積み上げるようなモデルとなっています。  料金は一人あたり月額490円から、PCにソフトを入れておきたければ、月額1,250円からとなっています。

Office 365

Office 365 Personal

2014年4月15日に発表されたOffice 365の個人向けプラン。 日本市場での提供の予定はないとされているものです。 PC1台、及びタブレット1台での利用が、月額$6,99、年額$69.99とされています。 商用利用ができない個人向けのプランとされています(どうやって区別できるんでしょう?) 日本では引き続き、パソコンにインストールするOfficeが個人向けに販売されることになります。

Office home

Office Mobile 

2013年6月にOffice 365のユーザー向けに提供が開始されていました。 スマホ上で作成、編集が可能で、保存先はマイクロソフトのOneDriveのみとなっています。 共有はメールでの送信のみです。 2014年3月27日次のOffice for iPadが発表されるのと同時に、このOffice Mobileを無料化し、Office 365のユーザーでなくても利用できるようにしています。

Office for iPad

これが冒頭で伝えた45日間で2700万ダウンロード達成したアプリです。 それだけ、iPad上でOfficeを取り扱いたいとの需要はあります。 これまでもCloudOn2.0 (これは、Officeをそのままの形でiPadで使おうとしていて、使いづらかった)や、ストレージサービスを横断する形でのHopToなどがありました。 今回はマイクロソフトからiPadで使いやすいように提供されるようになりました。 が、残念ながら日本での配布は行われていません(もちろん日本以外のiTunes Storeアカウントを持っている方は、ダウンロードできます)。 さらにドキュメントを見ることはできるのですが、編集しようとすると、Office 365を購入したアカウントが必要とされてしまいます。

こう見てくると、マイクロソフトはそのビジネス・モデルの転換中とは言え、法人相手のビジネスをOffice 365を中心に展開し、利便性を高めるためにOffice MobileやOffice for iPadを開発しているというのが素直な見方でしょう。 特に日本においては、その傾向が強くみられます。 消費者に新たな体験を提供しているAppleや、強力にCloudを推進しているGoogleとは方向性が違います。 とは言え、マイクロソフトのエクセルなど、ピボットテーブルを使ったデータ分析や初歩的な統計解析に使える関数など数多くの機能を持っており、いざというときにはどうしても使いたいソフトです。  当面あまり知られてないOffice Onlineが使えればいいか、とでも考えておきましょう。 何時まで無料で使えるか?不透明ではあります。


1.クラウド 2.SNS 3.モバイル

この3つは、テクノロジーの革命的進化が現在進行している分野として、Salesforce のCEO マーク・ベニオフ、Marc Benioff が2012年12月6日、日本でのCloudforrce 2012 の基調講演で示したものです。  マーク・ベニオフは、この3分野のテクノロジーの発達を前提に、これからのあるべき企業の姿を「カスタマー・カンパニィ、Customer Company」と名付けていました。 この概念も非常に示唆深いもので、改めて解説が必要とされるくらい重要なものです。

現在起きている世の中の変化を考えるときに、一体何が起きてるんだろう?と混乱したりし、どうしても一部の変化に目を奪われがちになってしまいます。  しかし、この3分野での変化を基礎に、改めてその3分野に関連付けて理解すると、非常に理解しやすく、スッキリと世の中の変化を捉えることができます。 会社の経営やマーケティングの戦略を考える際にも非常に役に立ちます。

1. クラウド

技術的な解説は、その分野の専門家にお任せします。 が、Salesforce は、クラウド上ソフトウェアーを提供することによって、パソコン上のソフトに依存しないサービスを1999年3月から開始、大きく躍進して来ました。 そして、この分野では、クラウド上のインフラ、クラウド上のOS, クラウド上のエコシステム、更にはクラウド上でのコンピューティングと進展してきています。  一般消費者にとっては、パソコン上のソフトに依存せずにGoogle の検索ができたり、Gmail が使えたり、Amazon で買い物ができたりといった変化として現れてきています。 この分野での巨人は、やはりGoogle とAmazon でしょう。

2, SNS

ソーシャル・ネットワーク・サービス、SNSとしては、2006年3月からのTwitter と、2004年に開発され2006年9月に公開されたFacebook でしょう。 Facebook は2012年9月に10億人にユーザーを獲得していますし、Twitter は2012年に5億人のユーザーと、一日で3億4千万のつぶやきと、16億の検索を達成しています。
急激なユーザーの増加にともなって、そこで発信される情報量の多さが特色です。 そこで現れた最初の変化は、Twitter が提供した即時検索でした。 今、起きていることが検索できてしまう、といったものです。 これは、それまでウェブサイトを数日ごとに巡回していたGoogle の検索に大きな影響を与え、その後即時検索が業界のスタンダードになって行きました。 次は、その情報量の多さ、そして、その発信者が一般の消費者であること。  その点からまず最初にソーシャル・メディア論が盛んになって来ました。 そして情報量の多さは、現在「ビッグデータ」として統計解析に影響を与えています。 マーケティングでの統計解析の利用は、以前から特にダイレクトマーケティング部門で進んでいたのですが、情報量の多さから改めて話題になっています。  更にFacebook が実名登録を採用、特にそのつながりが深いことから「エンゲージメント・マーケティング」として、企業側がブランドの浸透を図ったり、信頼の構築を行なっています。

3. モバイル

この分野では2007年6月に発売されたiPhone, 2010年5月のiPad がモバイルでの消費者の体験に大きな変化をもたらしました。  今思い返してみれば、決してApple は「電話機」を作ったのではありませんでした。 優れたユーザー・インターフェイス、UIに支えられて、判りやすく直感で操作出来る「タッチ革命」を生み出し、 また内蔵されたGPSは、様々なロケーション・サービスを生み出すことになります。  iPhone iPad に内蔵されたカメラなどの機能によって、様々なデジタル業界に大きなインパクトを与えています。  そしてそれはiOS とGoogle のアンドロイドの競争となって、それぞれの地域・国に応じた急速なモバイル端末の普及とインターネットへの接続となっています。

ポイントは、この1.クラウド 2.SNS 3.モバイル の変化を基礎にして、世の中の動きを観てみると、非常に整理され今起きていることが、更にちゃんと理解できる、と言う事。 どうぞお試し下さい。

ChromeでGoogle 検索ができなくなってしまった

こんなこともあるんですね、いつものようにPCを立ちあげて、Chrome の検索窓でGoogle 検索しようとしたら、「Google 検索 現在アプリからアクセスできません」とのメッセージ。 アプリって何?状態でした。 困ったもんだ。 「Google に接続できない」 とiPad で検索。 Google ウェブ検索ヘルプの該当ページに12のステップの解決法が書いてあります。 私の場合4番目までやった所で、改めてPCの検索が使えるようになりました。 様々な原因があるようですので、このステップに従ってやってみるのが最善でしょう。 1つ困った事は、この検索結果のGoogle のページ、iPad では、しっかり12ステップが見えるのですが、PCで表示しようとすると、わずかステップ1が表示されるだけで、それ以下が表示されません。 いや、こんな所で「モバイル・ファースト」、それもちがった形でやんなくていいのに、というのが正直な感想です。