iBooks (電子書籍?)の歴史は始まったばかり

”昔むかし、人にものを伝えたり、想像力を刺激して
体験できなかったことを体験させてくれる”もの”があってな、
それはそれはたくさんの人が、それに関わっておってな、
文字が紙に印刷された”本”と呼ばれておったんじゃ”

”それって、この”板”のこと??”

不思議な国のアリスの iPad 版です

iPad が、パソコンから、OSや、CPU、グラフィックカードを意識させない
操作性に優れた単なる”板”になったことによって
”フレームの内側の世界を創れる(@r1ow)”ようになっています

21歳のアメリカのCody Brown は
”著者の皆さん、次の作品はiBookではなくアプリであるべきだ”の中で
”私たちの世代を規定する”本”は印刷不可能であると大いなる自信を持って言える。
すばらしいことだ。”と結んでいます

日本で行われた、電子書籍に関する講演会で
版組や文字のフォントについてながながと議論されていて
非常な違和感を覚えました

才能のある若い人が、その作品を iBooks に発表するにあたって
その作品を iBooks に最適化するビジネスが成立するのではないか?
小説、詩集など念頭に置きながら iPad のiBooksの可能性に期待するに書いていました
これとて、世界の誰かが、最適化できるアプリケーションを開発し
App Store で合理的な価格で販売してくれるようになるでしょう

今、この”不思議な国のアリス”を、きゃきゃと声をあげながら楽しむ3歳の子供は
20年後、23歳となっています(まだ私も、生きています)
その時の風景は、どのように成っているのか
考えてみるだけで、楽しみで、わくわくしてきませんか?

iBooks の歴史は、まだ始まったばかりです


iPadの使い方は無限に拡大する!!

iPad の使い方は無限に拡大する
そう思われる現象がいくつも出てきています

iPad が発売される前から、すでに私たちはその使い方を
iPhone を通じて知っていますし、
改めてiPhone 用のアプリケーション150,000本以上
これがiPad でも使え、さらにiPad 用のアプリケーションが
現時点で3,000本以上開発されています

そのアプリケーションの影響力には驚かされます
どんどん想像力は膨らんでいき、使い方は無限になっていきます

ソファーに座ってゆったりとiPadを楽しむ
決してそんな使い方だけでない様々な可能性に
私もわくわくしています

2010年4月4日、デジタルステージ、平野さんの
26時間モーションダイブ開発合宿のUstreamの中で
(この時の様子は、iPad発売の裏で、Ustreamの衝撃
カシオペアのキーボード奏者向谷さんは
神田さんがアメリカから持ち込んだiPad に
ピアノのソフトをダウンロード、その可能性に夢中でした

さらに、DJ TAROさんは、DJソフトを使ってiPadでDJプレイを披露

アイデアとしては、ドラムマシンパッドソフトを使って
ドラム演奏も可能でしょうと言われています

ネット上、Twitter上で今話題になっている
Apple Girl
も, きっとiPad を使ってさらにいい声をきかせてくれるでしょう

KORGはiPad版リズムマシンELECTRIBEを
1200円(期間限定)で、すでに発売
しています
これも、どれほどの人を興奮させているか分かりません

友人のジャズプレイヤーの方は、
iPadの譜面台としての可能性にも注目しています
ただ、サックスプレイーヤーなので両手が塞がっています
どうやって譜面をめくるか? それだけが問題です

どなたか、”フットスイッチをBluetoothで iPad につなぎ、
簡単に譜面をめくる作業ができる”

こんなものを開発しもらえないでしょうか?
ひょっとして、世界にはもう存在しているのかもしれませんが・・・・


Apple iPad を考えるときに忘れてはならないこと

Apple iPad を考えるときに忘れてはいけないことがあります

すでに多くの人がスティーブ・ジョブス Steve Jobs の
アップルマジックに感染してしまっています

外出先では,これで用足りるし、電話かけられるし、3Gも使えるし、
音楽聴けるし、ビデオ見れるし、ゲームできるし
これを大きくしただけじゃない?

スクリーンだけ外して、小さくしたみたいだな

ビジネスモデルを比較してみたり、バックライトの方が読みやすいよね?

でも本当に、比較して考えなければいけないのは、上のどれでも無く

Apple iPad はボタン一つで起動し、もう、30秒、40秒も
Windowsが起動するのを待つ必要はありません

ディスプレイは、LEDバックライトの綺麗なもので
ビデオ再生や、ゲームに十分に耐えうるグラフィックカードを内蔵しています

IEEE802.11nのWifi でネットに接続できるし、
Bluetoothを備えているので、ヘッドセットなどの周辺機器も使えます
ケースによっては、3Gでネットに接続できます

バッテリーは10時間持ちます

スクリーンは、ネットサーフィンに最適な大きさですし
苦労してポインターを移動させたり、クリックしたりしてスクロールさせる必要もありません
タップし、指を滑らすだけで 思ったように快適に動きます

ネットブックに 位置情報や、加速度センサー付いていましたっけ?
購入した瞬間から140,000本のアプリケーションが使えます

なにか他に不満や、必要なことがあるとしたら
きっと世界の誰かがすぐにもアプリケーションを開発してくれます

本当に、これからの戦略をどのように立てようかと
頭を悩ましている人が、ネットブックの世界にいるでしょう
早々と、白旗を上げて他の分野でがんばるか、
同じ様な商品を開発するか
莫大な宣伝広告費を使って、
この新しい商品に消費者が気付かないように 目をそらさせるか
考えどころでしょう

それにしても、斜め後ろからの iPad の美しさ・・・・
手元の、店頭でのネットブックと、どうぞ比較してみて下さい


Apple iPad の楽しみ方、使い方

(2010年5月17日: ビデオのリンクが変更になっています
Apple の正式なアーカイブは無いようです
ビデオをご覧になりたい方はYouTube の録画を御覧下さい)

アップル・アイパッド Apple iPad の楽しみ方・使い方は
スティーブ・ジョブス Steve Jobs 自らが
アップル・スペシャル・イベントの中で示してくれました


(このビデオの丁度12分30秒からの部分、是非見て欲しい)

ゆったりとソファーに座りながら
写真を楽しむ
ミュージックビデオ・映画を楽しむ
(アメリカのiTunes Store ではレンタルや購入できます)
ゲームを楽しむ
読書を楽しむ
(iBooks では、アメリカの5つの大手出版社をおさえていますし、
ニューヨーク・タイムズの画像もあります)
Hulu でテレビ番組を楽しむ
もちろん、ネットサーフィンもメールやスケジュールの確認もできます

家庭での2台目か3台目の、いわゆるパソコンとして
リビングの一角に充電スタンドに立てておいて
気が向いたときにゆったりと楽しむ、
そんな使い方を提案しているように思えます
これには、Wifiのみの$499のモデルで十分でしょう
その美しいいデザイン、革新的な操作性、十分に魅力的です
これだけのものが、こんなに薄いタブレットになるなんて・・・・
というのが私の正直な感想です

日本では、どうでしょう

iBook の充実には時間がかかるでしょう
が、意外とこれまでメジャーとは言えない出版社から火がついて
コミックあたりからブレイクするかもしれません
iTunes Store  の映像も問題ですね
時間がかかりすぎるかもしれません

あと、なんとか手の届くところにデスクトップやラップトップがある
という住宅事情も影響してくるかもしれません

もうひとつの使い方は、屋外での利用でしょう

いつもブリーフケースを下げてアクティブに活動している人
マイクロソフトオフィスと互換性のあるiWork を十分に活用
顧客のところで、さっとブリーフケースからiPad を出して
ネットも利用してプレゼンを行う
これもクールでカッコいいですね
こちらはWifi プラス3Gで、しっかりと固めましょう

私の場合、よほどのことがないと、これだけ大きなものを持って外出しません
確かにiPhone の画面が小さいなと思うこともありますが
最低限の外出先の用は、iPhone で足りています
時によってTwitterやブログのポストもiPhone で足りています

後考えておくことは、万が一iPad を持って外出したときに
基本的には、無料のFree Spot フリースポットで事足りるのですが、
さらに、Wifi につなぐためにYahoo BB の月額504円の会費を払っておくかどうか?
くらいでしょう

日本では、コンテンツに未だ問題がありますが
十分に魅力的なApple iPad だと考えています

追記: 2010年4月9日

さらに、Apple iPad の使い方は、無限に拡大しています

AppleよりiPad 発表される

どんな名前で発表されるんだろうと思われていたApple Tablet
結局一番単純な名前、iPad で発表されました

アルミの削り出しと思われる薄いボディに、9.7インチのスクリーンです
アクセサリーとして、キーボードがありますし、
スタンドになるカバーのようなものも用意されています

マルチタッチのインターフェイス
ほとんど通常の大きさのキーボードも
画面上で利用できます

コンテンツとして、iBooks, iWork が紹介されています
iWork は、ソフトがそれぞれ$9.99で販売されます
iBooksも気になるところです
が、日本では相当に出版社側の抵抗があるのではないか
時代は変化しているのですが、それにどのように対応していくのか
対応が遅れています

アメリカでは、これまで結構高いと批判のあったAT&Tの料金
Wifi 及び3Gアクセス、 データ無制限のデールが
画期的な価格、月額$29.99となています
日本でのソフトバンクから3,000円くらいで出してくれると良いんですが

価格ですが、16G, Wifi アクセスのみのエントリーモデルが$499
これは、これはキンドルDXの価格と同じとか
ネットブックの一般的な価格でもありますね
これに3Gが付くと、$629
ストレージが、16G, 32G, 64Gとあり
64Gで、3G プラスWifi となると$829となります

直前に、アメリカ以外では販売されないのではないか
といった懸念もネット上ありました
が、インターナショナル・デールのついては6月末と
日本での販売も約束されていると考えられます

ネットブックでは必須かなと思われる
ビデオチャット用のカメラはあえて外されているような印象持ちました

全体として、薄くとてもキレイで
特に斜め後ろからのショットなどは、美しさにしびれてしまいます
ネットブックに対して、Apple からデザインの良い
マルチタッチの回答を出した、という印象を持ちました