日本でのマイクロソフトOffice

「マイクロソフトOfficeのiPadアプリ、46日で2,700万ダウンロードを達成」(日本では、このiPadアプリの配布は開始されていません)という、昨日(2014年5月13日)のニュースをみて、あまり使わなくなりご無沙汰しているOffice、改めて「Office 今、どうなってるの?」と疑問が出て来ました。 最近いろんなことが起こっており、調べてやっと理解できた結果、Officeとはしばらく距離をおいておこう、 当面あまり知られてないOffice Onlineが使えればなんとかなるかな? との結論になりました。

今起きているクラウド、SNS、モバイルの3分野での技術革新。 そんな中で出遅れているマイクロソフトです。

Google

Googleはオンラインでのドキュメント作成機能、Google Docsをオンラインストレージ、Google Driveで提供してます。 なかなか使いやすく、私も利用していますが、時としてオンラインでの入力に、意図しない動きが出てきたりして、長時間の入力は無理かな?と言った印象を持っていましたが、その辺は改良されたのでしょうか? ビジネス向けには、1ユーザーあたり月額600円でGoogle Apps が用意されています。 さらに2014年5月1日にはiOS、アンドロイド向けのアプリとして、ドキュメントとスプレッドシートの提供を開始しています(プレゼンテーションアプリも開発中)。 モバイルディバイスでの使用感をあげ、オフラインでも利用できるようにしたものです。

Apple

iPhone(2007年6月、日本では2008年7月)、iPad(2010年5月)でモバイルデバイスに革新を起こしたApple, アプリとしてKyenote, Numbers, Pagesを提供しており、2013年9月のiPhone5S、5Cの発売の際に、これらのアプリが無料で提供されるようになりました。 クラウド領域では後塵を拝したAppleですが、iCloudによってドキュメントなどの共有を進めています。

マイクロソフト

Office Online

2014年2月21日に、それまで2009年以来提供されてきていたOffice Web Appsの名称をOffice Onlineと変更しました。 これはブラウザーから無料でOfficeの主要機能を利用できるもの。 あまり知られていないというのが実状でしょうか?(私も知りませんでした)。 マイクロソフトアカウントが必要とされますが、ホットメールのアカウントで入ることができました。 クラウドのストレージサービスも同じタイミングでSkyDriveからOneDriveへと変更されています。

Office 365

2011年6月28日から正式版が提供されています。 発表当時、Officeのソフトがダウンロードできるようになって、月額課金に変更になるんだ、と言った印象しか持っていませんでしたが、その月額課金は、商用利用を中心として、クラウド上の様々な機能を積み上げるようなモデルとなっています。  料金は一人あたり月額490円から、PCにソフトを入れておきたければ、月額1,250円からとなっています。

Office 365

Office 365 Personal

2014年4月15日に発表されたOffice 365の個人向けプラン。 日本市場での提供の予定はないとされているものです。 PC1台、及びタブレット1台での利用が、月額$6,99、年額$69.99とされています。 商用利用ができない個人向けのプランとされています(どうやって区別できるんでしょう?) 日本では引き続き、パソコンにインストールするOfficeが個人向けに販売されることになります。

Office home

Office Mobile 

2013年6月にOffice 365のユーザー向けに提供が開始されていました。 スマホ上で作成、編集が可能で、保存先はマイクロソフトのOneDriveのみとなっています。 共有はメールでの送信のみです。 2014年3月27日次のOffice for iPadが発表されるのと同時に、このOffice Mobileを無料化し、Office 365のユーザーでなくても利用できるようにしています。

Office for iPad

これが冒頭で伝えた45日間で2700万ダウンロード達成したアプリです。 それだけ、iPad上でOfficeを取り扱いたいとの需要はあります。 これまでもCloudOn2.0 (これは、Officeをそのままの形でiPadで使おうとしていて、使いづらかった)や、ストレージサービスを横断する形でのHopToなどがありました。 今回はマイクロソフトからiPadで使いやすいように提供されるようになりました。 が、残念ながら日本での配布は行われていません(もちろん日本以外のiTunes Storeアカウントを持っている方は、ダウンロードできます)。 さらにドキュメントを見ることはできるのですが、編集しようとすると、Office 365を購入したアカウントが必要とされてしまいます。

こう見てくると、マイクロソフトはそのビジネス・モデルの転換中とは言え、法人相手のビジネスをOffice 365を中心に展開し、利便性を高めるためにOffice MobileやOffice for iPadを開発しているというのが素直な見方でしょう。 特に日本においては、その傾向が強くみられます。 消費者に新たな体験を提供しているAppleや、強力にCloudを推進しているGoogleとは方向性が違います。 とは言え、マイクロソフトのエクセルなど、ピボットテーブルを使ったデータ分析や初歩的な統計解析に使える関数など数多くの機能を持っており、いざというときにはどうしても使いたいソフトです。  当面あまり知られてないOffice Onlineが使えればいいか、とでも考えておきましょう。 何時まで無料で使えるか?不透明ではあります。


ガラケー、Nokia C2-01で十分、これから重要

ガラケー、結局NokiaのC2-01を選択しました。 eBayで香港の業者から本体$68、送料$15、合計$83アメリカドルで購入しました。 4月22日に購入、24日に発送したと連絡があり、どういう訳か、26日にシンガポールから発送、今日5月3日に手元に届きました。 NokiaのC2-01、日本の3Gネットワークで音声通話ができること、SIMフリーでアジアでの2G、GSMネットワークでも使えること、小型でデザインが良いこと、などが購入の動機になりました。

image

裏蓋を少し下にズラすと簡単に外れます。 バッテリーを外すとSIMカードのスロットがあり、ここに日本の携帯電話会社、NTT、ソフトバンクのSIMをはめ込み、バッテリーをセットすれば、ちゃんとネットワークを認識し、電話できるようになります。 簡単でした。 このガラケーは、家族に持たせ、家族間の音声通話専用に使うつもりです。

さて、いま進行している技術革新は、クラウド、SNS、モバイルの3分野で進んでいます。 クラウドで写真やドキュメントをスマートフォン、タブレット、パソコンで同期させたり、友人と共有したり、SNSのTwitter、Facebook、LINEを楽しんだり、これらが、スマートフォンやタブレットで簡単にできるようになって来ています。 今までガラケーだけ使っていた人が、そろそろスマホにするか? 周りもLINEやFacebookやってるみたいだし・・・と言った流れです。

SIMフリー(unlocked)

AppleのiPhoneでさえ、SIMフリーとなりました。 これからは携帯会社に縛られることなくスマートフォンの選択ができます。 海外に目を移せばそれこそ様々なスマホが選択の対象となってきます。

データ通信SIMカード

SIMフリーの端末の浸透と合わせて、大手携帯会社とは別に、データ通信に特化した(場合によっては、IP電話などの通話機能と組み合わせた)SIMカードが販売されています。 それこそ、外出先で、LINEやfacebook、たまにネットの検索、メールのチェックをする程度であれば十分に使えると思います。 どの会社のSIMを使うかは、ちょっと調べてみる必要があります。 この場合に、音声通話に特化したガラケーを持っておくことが重要になります。 料金プランを吟味して、贅肉を削ぎ落したプランにしておく必要があります。

LINE電話、スカイプ・アウト

2014年5月2日にLINEは「LINE電話」のiPhone版を発表しています(アンドロイド版は3月17日)。 すでにスカイプは「スカイプ・アウト」長年実施しており、音質などが非常に良くなっています。 携帯から電話をかけるのに、その携帯がWIFIにつながっているか、データ通信SIMカードが入っているのであれば、このLINE電話やスカイプ・アウトを使うことができます。 料金が安いのですから。 この流れがあるので、大手の携帯会社から、「音声電話定額プラン」なるものが、つい最近発表されています。 もともとプランの組み立てが非常に複雑になっていますので、ほんとうに必要か? 考えておかなければなりません。 音声通話に特化したガラケー、ここでは本当に電話を受けるだけのものになってしまいます。

デュアルSIM対応スマホ

2枚のSIMを利用できる端末です。 これなら、一つを音声通話専用、もう一つをデータ通信SIMと利用することができ、音声電話専用ガラケーも必要無くなります。 海外では多く販売されていますし、日本でもちらほら見かけるようになってきています。 日本の場合、2G、GSMネットワークが利用されなくなっており、音声電話も3G、4Gですので、2つのSIMスロットが3G以上に対応するものが必要になります。 また、2つのSIMが同時に待ち受けできるものが便利です。

これからスマホをと考える場合には、選択肢が色々と出てきています。 データ通信SIMの設定は複雑なようですので、すでに設定されているスマホを同時に手に入れるのが簡単かもしれません。 アンドロイド端末の場合、セキュリティの問題は残りますので、信頼できるアプリのみを使うという慎重さも必要です。 Amazonからもスマホの発売が近々あリそうです。 どんなスマホが出てくるのか楽しみです。 とは言いながら、しばらくはApple の最新の世界を楽しみたいとは思っています。


ガラケーが壊れた

これまで音声電話専用に家族で使用していたガラケーが、急にバッテリー充電できなくなって壊れてしまいました。 さてどうしましょう? 私自身はiPhoneを利用していますが、遠隔地の家族との音声電話専用として、ガラケーを家族に渡して使っています。 音声電話はソフトバンク同士ですから、午前1時から午後9時まで通話料無料、もちろんMMS・携帯メールもソフトバンク同士では無料、これを月額基本使用料937円で利用しています。

故障を直す

単にバッテリーがヘタってきたのであれば、バッテリーのみを探して交換する手もあるかと思います。 それにしても古いガラケーですから、何らかの修理が必要な場合、わざわざ修理する気にもなりません。

新しい機種に変える

スマートフォンに変える必要はなく、音声専用ですのでガラケーで十分です。 ソフトバンクの販売店で尋ねてみると、ガラケーへの機種変更が可能です。 「490円で変更できます」とのことですが、よく聞いてみるとどうも話が違います。 選べるガラケーは2機種のみ、毎月の機種代金がおおよそ1,300円、これに800円程度の割引がつくのですが、この割引、機種代金には充当されません。 他社への通話料や、オプションなどの料金のみ割引が適用されます。 結果、毎月の支払はおよそ2,300円ほどになります。 現在の支払額が937円ですので、一気に毎月の支払が245%になってしまいます。 また、2年縛りですので機種代金は31,200円相当になっています。 これもないでしょう。

Amazonあたりを探してみると、キャリアごとに結構新品のガラケーが出品されています。 価格的に妥当であって、そう機種にこだわらないのであればこの辺で探すこともできます。

中古のガラケーを探す

さて、近所の中古ガラケーを取り扱っている店やネットを見てみると、それこそいろんな品質の中古品が出回っています。 ガラケー自身の製造番号をチェックして、携帯電話会社から通話禁止となっていないかチェックする必要があるのがわかります。 Yahooオークションなどは、それこそなんでもあります。 携帯電話会社ごとにSIMロックがかかっているのを解除するのが商売となっているのもわかりますし、中古品の相場が形成されているのもよくわかります。 手元に他の携帯会社のガラケーがあれば、SIMロック解除の冒険をしてみるのも手かもしれません。 でも、これから何年間か使うことを考えると、いまさら限られた機種の品質がどうかわからない中古の携帯でもないだろうとの思いが出てきました。 それにしてもYahooオークション、商品を探しにくいし、掲載されっている商品の品質も様々でどれを選べば良いか、素人にはわかりにくい限りです。

海外の携帯電話を探す

よく海外で見かけた$20程度の小型でスマートな携帯電話、アメリカののAmazonやeBayを見てみるとたくさん出ています。 これが日本で使えるか?と言うとそう単純ではありませんでした。 アメリカのAmazonやeBayには、「unlocked・アンロック」というSIMロックのかかっていない電話のカテゴリーがありますので、まずこれを選んで、契約携帯会社を選択せずに調べてみます。

次にネットワークの形式が問題になります。 日本では使われなくなった「2G」のネットワークが、アメリカ、ヨーロッパ、アジアではまだ使われており、インターネットへのアクセスも、いろんな技術的な改良が加えられながら、2Gネットワークでも行われています。 各国でどのようなネットワークが使われているか?は、GSMarenaサイトで調べることができます。

GSM covarage

2GはGSM, 3GはUMTS、もしくはWCDMA、4GはLTEと表示されています。 ここで携帯を使おうとしている国でどのネットワークが使われているか? 表示の後に示されている数字のバンドも含めて確認しておくことが必要です。

$20程度の小型の携帯電話は、ほとんどが2Gネットワーク用のもので、日本では使うことができません。 $60あたりから3Gで利用できるガラケーや、面白いことにアンドロイドを使ったスマホが候補に上がってきます。 もちろん本体価格に日本への送料も加えて考えなければいけませんが、日本での中古価格に比べても、大きく選択肢が増えます。 Androidのスマホを買って、ガラケーとして使いながら、自宅を中心にWIFIに接続して楽しむ、そんな考えも出て来ましたが、どうしてもセキュリティの心配があります。 日本の3Gで使えそうなガラケーとして、ともにNokia製のC2-01(2010年11月発売)6350(2009年10月発売)が気になる候補として上がって来ます。

image

image

どちらも発売が古いのですが、それ以降は主力がスマホに移って来ていますので仕方ありません。 また、日本でAUの携帯を使っている人は、日本での音声電話の仕様が海外と違っていますので、海外の携帯電話が使えないことがあるという注意が必要です。 C2-01 については、日本のAmazonでも販売されていました。 もちろん海外仕様ですので、日本語の表示がサポートされていません。 電話専用のガラケーとしては日本語表示なくても使えるでしょう。 価格は変動しているようです。およそ9,000円位でしょうか。 ちょっと悩んで、改めて続報をアップします。


1.クラウド 2.SNS 3.モバイル

この3つは、テクノロジーの革命的進化が現在進行している分野として、Salesforce のCEO マーク・ベニオフ、Marc Benioff が2012年12月6日、日本でのCloudforrce 2012 の基調講演で示したものです。  マーク・ベニオフは、この3分野のテクノロジーの発達を前提に、これからのあるべき企業の姿を「カスタマー・カンパニィ、Customer Company」と名付けていました。 この概念も非常に示唆深いもので、改めて解説が必要とされるくらい重要なものです。

現在起きている世の中の変化を考えるときに、一体何が起きてるんだろう?と混乱したりし、どうしても一部の変化に目を奪われがちになってしまいます。  しかし、この3分野での変化を基礎に、改めてその3分野に関連付けて理解すると、非常に理解しやすく、スッキリと世の中の変化を捉えることができます。 会社の経営やマーケティングの戦略を考える際にも非常に役に立ちます。

1. クラウド

技術的な解説は、その分野の専門家にお任せします。 が、Salesforce は、クラウド上ソフトウェアーを提供することによって、パソコン上のソフトに依存しないサービスを1999年3月から開始、大きく躍進して来ました。 そして、この分野では、クラウド上のインフラ、クラウド上のOS, クラウド上のエコシステム、更にはクラウド上でのコンピューティングと進展してきています。  一般消費者にとっては、パソコン上のソフトに依存せずにGoogle の検索ができたり、Gmail が使えたり、Amazon で買い物ができたりといった変化として現れてきています。 この分野での巨人は、やはりGoogle とAmazon でしょう。

2, SNS

ソーシャル・ネットワーク・サービス、SNSとしては、2006年3月からのTwitter と、2004年に開発され2006年9月に公開されたFacebook でしょう。 Facebook は2012年9月に10億人にユーザーを獲得していますし、Twitter は2012年に5億人のユーザーと、一日で3億4千万のつぶやきと、16億の検索を達成しています。
急激なユーザーの増加にともなって、そこで発信される情報量の多さが特色です。 そこで現れた最初の変化は、Twitter が提供した即時検索でした。 今、起きていることが検索できてしまう、といったものです。 これは、それまでウェブサイトを数日ごとに巡回していたGoogle の検索に大きな影響を与え、その後即時検索が業界のスタンダードになって行きました。 次は、その情報量の多さ、そして、その発信者が一般の消費者であること。  その点からまず最初にソーシャル・メディア論が盛んになって来ました。 そして情報量の多さは、現在「ビッグデータ」として統計解析に影響を与えています。 マーケティングでの統計解析の利用は、以前から特にダイレクトマーケティング部門で進んでいたのですが、情報量の多さから改めて話題になっています。  更にFacebook が実名登録を採用、特にそのつながりが深いことから「エンゲージメント・マーケティング」として、企業側がブランドの浸透を図ったり、信頼の構築を行なっています。

3. モバイル

この分野では2007年6月に発売されたiPhone, 2010年5月のiPad がモバイルでの消費者の体験に大きな変化をもたらしました。  今思い返してみれば、決してApple は「電話機」を作ったのではありませんでした。 優れたユーザー・インターフェイス、UIに支えられて、判りやすく直感で操作出来る「タッチ革命」を生み出し、 また内蔵されたGPSは、様々なロケーション・サービスを生み出すことになります。  iPhone iPad に内蔵されたカメラなどの機能によって、様々なデジタル業界に大きなインパクトを与えています。  そしてそれはiOS とGoogle のアンドロイドの競争となって、それぞれの地域・国に応じた急速なモバイル端末の普及とインターネットへの接続となっています。

ポイントは、この1.クラウド 2.SNS 3.モバイル の変化を基礎にして、世の中の動きを観てみると、非常に整理され今起きていることが、更にちゃんと理解できる、と言う事。 どうぞお試し下さい。

ドロップ・ボックス Dropbox の使い方(2)

iPad で作成した Keynote ドキュメントを Dropbox を使って共有したい、と考えています。 Windows の PC を使いながら、iPhone や iPad を活用している人が多いのではないでしょうか。 結論として、最近使っていなかった(というかほとんど接続することがなくなっていた) iTunes を利用するのが、一番簡便ではないかと思いました。
Apple Keynote Share
Keynote など iWorks ドキュメントの共有方法

Keynote などの右上のスパナ印、ツール>共有とプリント、を見てみると、共有のやり方として
1) メールで送信、これは特定の相手方に例えばKeynote などをPDFで送ってシェアするなどの時に有効ですね。
2) iTunes にコピー
3) WebDAV にコピー、と3つの方法があるのがわかります。

WebDAV とは何だろう?

WebDAV とは、ファイルのサーバー上での管理のやり方、方法のようで、例えば、これまでファイルをネット上送信するのにFTPプログラムなどを利用してサーバーに送ったりしていましたが、このWebDAV だとそんなFTPを利用せずともファイルをサーバーへ移転できるし、また様々な管理ができるようです。  実際、レンタルサーバーを提供しているロリポップやさくらサーバーなどでもこの方式のサービスが提供されています。 従って、単にレンタルサーバー上にファイルを転送し管理するだけでしたら、このWebDAV にコピーを使うことができます。  Window やApple のOS を超えてドキュメントの共有を目的とするのであれば、さらにDropbox との連携が必要です。

WebDAV を利用したサービス

そこで、WebDAV のコピーの機能を直接Dropbox に関連付けるサービスが提供されています。 DropDavや、Otixo と言ったサービスです。 この2つとも、様々なクラウドサービスを、簡単な操作で一括して管理してくれるツールです。 それぞれのサービスに登録し、Dropbox との関連性を持たせることによって、「WebDAVにコピー」するだけでKeynote 等のファイルがDropbox ヘアップロードされることになります。 Google Drive やマイクロソフトのSkydrive などのクラウドサービスの利用が普及してくれば、こういったサービスも一般的になってくるかもしれません。  何よりも、PCに依存せずにファイルの共有の処理を完結できる利点は大きいと思います。  サービス開始の当時は、無料で提供されていたのですが、現在では両サービスとも月額$5.00程度の有料となっています。

iTunes にコピー

最近全く利用していなかった iTunes です。 Apple が iCloud を提供するようになって、まずはバックアップをそちらで取るようになり、一定の写真も共有されたりしていますので、iPad や iPhone を意識して iTunes に繋ぐことがなくなっていました。 今回改めてiTunes を観てみると、まずはWiFi を経由して、iPad やiPhone と接続することが可能となっていました。 これは同じ家庭内のWiFi に機器があれば、PCでiTunes を立ちあげてさえ置けば、簡単にKyenote などのドキュメントをiTunes に送信できることになります。 Apple TV が最初でしたが、WiFi 経由で、iTunes をPC上の基幹として利用できるようになっています。 そしてiTune 上にKyenoteがコピーされれば、右下の「保存先」をクリックして、Dropbox のフォルダーを指定すれば、簡単にKyenote をDropbox によって、他の人達と共有することが出来るようになります。