ガラケーが壊れた

これまで音声電話専用に家族で使用していたガラケーが、急にバッテリー充電できなくなって壊れてしまいました。 さてどうしましょう? 私自身はiPhoneを利用していますが、遠隔地の家族との音声電話専用として、ガラケーを家族に渡して使っています。 音声電話はソフトバンク同士ですから、午前1時から午後9時まで通話料無料、もちろんMMS・携帯メールもソフトバンク同士では無料、これを月額基本使用料937円で利用しています。

故障を直す

単にバッテリーがヘタってきたのであれば、バッテリーのみを探して交換する手もあるかと思います。 それにしても古いガラケーですから、何らかの修理が必要な場合、わざわざ修理する気にもなりません。

新しい機種に変える

スマートフォンに変える必要はなく、音声専用ですのでガラケーで十分です。 ソフトバンクの販売店で尋ねてみると、ガラケーへの機種変更が可能です。 「490円で変更できます」とのことですが、よく聞いてみるとどうも話が違います。 選べるガラケーは2機種のみ、毎月の機種代金がおおよそ1,300円、これに800円程度の割引がつくのですが、この割引、機種代金には充当されません。 他社への通話料や、オプションなどの料金のみ割引が適用されます。 結果、毎月の支払はおよそ2,300円ほどになります。 現在の支払額が937円ですので、一気に毎月の支払が245%になってしまいます。 また、2年縛りですので機種代金は31,200円相当になっています。 これもないでしょう。

Amazonあたりを探してみると、キャリアごとに結構新品のガラケーが出品されています。 価格的に妥当であって、そう機種にこだわらないのであればこの辺で探すこともできます。

中古のガラケーを探す

さて、近所の中古ガラケーを取り扱っている店やネットを見てみると、それこそいろんな品質の中古品が出回っています。 ガラケー自身の製造番号をチェックして、携帯電話会社から通話禁止となっていないかチェックする必要があるのがわかります。 Yahooオークションなどは、それこそなんでもあります。 携帯電話会社ごとにSIMロックがかかっているのを解除するのが商売となっているのもわかりますし、中古品の相場が形成されているのもよくわかります。 手元に他の携帯会社のガラケーがあれば、SIMロック解除の冒険をしてみるのも手かもしれません。 でも、これから何年間か使うことを考えると、いまさら限られた機種の品質がどうかわからない中古の携帯でもないだろうとの思いが出てきました。 それにしてもYahooオークション、商品を探しにくいし、掲載されっている商品の品質も様々でどれを選べば良いか、素人にはわかりにくい限りです。

海外の携帯電話を探す

よく海外で見かけた$20程度の小型でスマートな携帯電話、アメリカののAmazonやeBayを見てみるとたくさん出ています。 これが日本で使えるか?と言うとそう単純ではありませんでした。 アメリカのAmazonやeBayには、「unlocked・アンロック」というSIMロックのかかっていない電話のカテゴリーがありますので、まずこれを選んで、契約携帯会社を選択せずに調べてみます。

次にネットワークの形式が問題になります。 日本では使われなくなった「2G」のネットワークが、アメリカ、ヨーロッパ、アジアではまだ使われており、インターネットへのアクセスも、いろんな技術的な改良が加えられながら、2Gネットワークでも行われています。 各国でどのようなネットワークが使われているか?は、GSMarenaサイトで調べることができます。

GSM covarage

2GはGSM, 3GはUMTS、もしくはWCDMA、4GはLTEと表示されています。 ここで携帯を使おうとしている国でどのネットワークが使われているか? 表示の後に示されている数字のバンドも含めて確認しておくことが必要です。

$20程度の小型の携帯電話は、ほとんどが2Gネットワーク用のもので、日本では使うことができません。 $60あたりから3Gで利用できるガラケーや、面白いことにアンドロイドを使ったスマホが候補に上がってきます。 もちろん本体価格に日本への送料も加えて考えなければいけませんが、日本での中古価格に比べても、大きく選択肢が増えます。 Androidのスマホを買って、ガラケーとして使いながら、自宅を中心にWIFIに接続して楽しむ、そんな考えも出て来ましたが、どうしてもセキュリティの心配があります。 日本の3Gで使えそうなガラケーとして、ともにNokia製のC2-01(2010年11月発売)6350(2009年10月発売)が気になる候補として上がって来ます。

image

image

どちらも発売が古いのですが、それ以降は主力がスマホに移って来ていますので仕方ありません。 また、日本でAUの携帯を使っている人は、日本での音声電話の仕様が海外と違っていますので、海外の携帯電話が使えないことがあるという注意が必要です。 C2-01 については、日本のAmazonでも販売されていました。 もちろん海外仕様ですので、日本語の表示がサポートされていません。 電話専用のガラケーとしては日本語表示なくても使えるでしょう。 価格は変動しているようです。およそ9,000円位でしょうか。 ちょっと悩んで、改めて続報をアップします。


iPhone 4 マルチタスクを終了させる

谷さんから教えてもらったのですが
iPhone 4 から採用されている iOS4
マルチタスクで動いているアプリを終了させるやり方です

ホームボタンを二度押し>出てきたアイコンを長押し
>アイコンが揺れてきて、左上に☓印が出てきたら
ひとつ一つ削除していく
(二本の指で同時に押すと、2つ消せます)

これには、いろんな議論があるようで
単に起動したアプリケーションの履歴にすぎない
という見方もあるようです

とは言え、iPhone 3GS で挙動が不安定だったり
バッテリーの消耗が激しい人など
試してみる価値もありそうです

いよいよ明日、2011年10月5日は
iPhone 5 の発表となるのでしょうか?

個人的には、iPad 2 のようなカーブのついた
更に薄い iPhone 5 を期待しています


Aterm に iPad をWiFi 接続する

ずいぶんと前に設定した家庭内のLAN
Aterm の WD701CV に無線LAN 用のカードWL54AG を
差し込んで、WiFi 環境を作っていました
これまでラップトップを持ち込んで
何の問題も無く無線LANが使えていました

そこに、iPad と iPhone を持ち込んで
ネットにつなごうとしたのですがつながりません
無線LANは認識し、パスワードを求めてきますので
入力すると無線LANは接続されたインジケーターが表示されるのですが
インターネットにつながりません

確認してみると、169.254.XXX.XXXといった
IPアドレスをiPad iPhone側で取得しています
ここは、インターネットにつながる為には
家庭内のLANとして設定してある
192.168.XXX.XXX でなければいけませんよね

さて、どうしてだろうとAterm サイトやApple のサイトなど
いろいろと調べてみますが、良い案がなかなか浮かびませんでした

横浜の自宅では iPad も iPhone も無線LANでつながっています
そことの違いはなんだろうと良く考えてみると
無線LANの暗号化の方式の違いに行き着きました

Aterm でその時使っている無線LAN の暗号化方式は
ずいぶんと前に設定したせいもあってWEPです

この設定を、Aterm でさらにセキュリティの高いAESに変更しました

これによって、iPad iPhone は問題なくネットにつながるようになりました
ラップトップのほうは、認識した無線LANの設定を
改めてAESに変更しなければなりませんでした

結論として、なるほどiPad や iPhone は
初期の暗号化方式であるWEP はサポートしていないんだな
さすがApple と、変なところに感心してしまいました


ブログの表示を iPhone 用に最適化する-WordPress

iPad の発売が延期されて、悲しいのですが、
WordPress では、早速 iPad 用のツールを発表しています

気になっていたのが、自分のWordPress で作成しているこのブログを
iPhone で表示させるのに、最適なように調整しておくこと

WordPress のプラグイン・Plugin で
WPtouch iPhone Theme を試してみることにします
こんな感じで、iPhone からサイトにアクセスすると
表示が最適化されています


iPhone お持ちの方は、是非一度
http://livemoreint.com/blog/
までアクセスしてみて下さい

Apple iTune と Windows 7 64bit版のトラブル

昨日、Windows 7 64bit 版のPCが
iPhone 3GS を認識しなくなるというトラブルが発生しました
USB に接続したiPhone をまったく認識しません

これは?と思って、”Apple iTune  Windows 7 64bit”などで検索してみると
英語も含めて、結構いろいろとトラブルが報告されています

Windows Vista の 64bit 用のドライバーに変更するのが
有効な方法のひとつとして報告されています

が、私のとった対策は、いったんiTune をアンインストールし、
Apple のサイトから Windows 7 64bit 用のiTune を再度インストールすることです
これで、しっかりと iPhone を再度認識するようになりましたし
iTune に保存されていた音楽などのコンテンツはそのまま利用できます

根本的な解決になっていないのかもしれませんが、
Apple が iTune を改善してくれるまでのつなぎとしては十分でしょう