デザインの美しさ


ある商品が発売されることによって
それまでに発売されていたすべての商品が、全く陳腐に見えてしまう

それほどまでに、息を呑むほどに美しく、洗練されていて、
消費者・ユーザーに”持つ喜び”を最高に堪能させてくれる

今回の iMac, マジックマウスもそうでしょう
考えてみれば、iPod nano や iPhone も見れば見るほど美しい

うま口Macさんの”Jonathan Ive の熱弁映像、Objectified より”
に触発されて、デザインの美しさについて考えています
紹介されているビデオのはじめの方に
ニューヨーク 5番街のアップルストアー Apple Store の様子が紹介されています
自分が2007年にそこを訪れたときのことを思い出してしまいました

ひとつのことを責任を持って突き詰めてデザインしていく
そんな姿勢が、Apple のこんな商品群を作り出していくのでしょう
Apple Store のビデオでもそれが分かります
これまで、進歩する部品を寄せ集めて
がらんどうのケースに詰めていたWindows PC が 本当に陳腐に見えます

日本で工業デザインを重視して商品を売って行こうとの動きがあります
が、責任の概念が未熟で、最終的に皆の意見を取り入れて
誰も責任を取らない、と言う判断過程をとっていく限り
息を呑むようなデザインの商品の開発は難しいでしょう

iPhone 3GS で映画を楽しみたい


せっかくのおもちゃ、iPhone 3GS が手元にあるんですから
iPod として、音楽も楽しみたいし、映画も楽しみたい
特に映画、長い時間拘束される地下鉄、
トンネルの多い新幹線、何もすることのない飛行機の中など,最適でしょう
映画だけに限らず、音楽DVDなども楽しいですね

まずはちゃんと手に入れようと、日本の  iTunes Store を覗いてみます
が、ほとんど映画などはありません

アメリカはどうなっているんだろう?

iTunes Store US

これはすごい・・・・
すでに数千の単位で映画のタイトルが揃っています
このなかには、私の観たいものもすでにあります
ダウンロードすれば、$9.99 (千円弱、900円程度でしょうか)
レンタルであれば、$2.99 (どのようなレンタルなのか?
再生回数が制限されているんでしょうか?)
程度です。 価格も納得のいきますね

じゃ、ダウンロードできるのだろうか?

結果として、できませんでした
”新たな登録が必要” とのメッセージにしたがって
登録をやっていきます
住所は、アメリカの友人の住所を借りて書いておきます
ここまでは、うまくいったのですが、
クレジットカードの登録を終了した段階で、
”クレジットカードの請求書送付先住所と、登録住所が一致しません”
とのエラーメッセージが出て先に進めません

普通は、登録住所の郵便番号が
アメリカの郵便番号にマッチするかのチェックで終わるんですが
iTunes Store の場合、
クレジットカード会社から請求書送付先の郵便番号まで手に入れてチェックを掛けていますね
もちろん、請求書送付先がアメリカ国内のクレジットカードを持っていれば
このチェックをクリアーでき、めでたく映画をダウンロードできますね
残念ながら、現時点でこのようなクレジットカードを持っていませんので
私もダウンロードできません

(追記: 2010年2月21日
いろんな裏技があるようで・・・・
アメリカ用のiTune ギフトカードを手に入れると
直接アメリカのサイトからダウンロードできます
詳しくは、自己責任でいろいろと検索してみて下さい
2010年5月16日
無料のプログラムを手に入れるだけでしたら
iTunes ギフトカードを購入しなくても利用できる
方法もあるようです)

でも、映画を、iPhone 3GS, iPod で観たい

仕方がありませんので、DVDを何とか持ち運べるようにしましょう
いろんなソフトがあるようですが、
目的は、なるべく簡単に、わかりやすく
DVD を iPhone 3GS (iPod) で見れるようにすること
複雑な編集機能などは必要ありません

DVD Catalyst Free が操作も簡単で良いようです
DVD Catalyst Free をダウンロードする際に、
Free が何処にあるか分かり辛いのですが
ページの右側に、Free 版のダウンロードが表示されています
まだ、上手く字幕が表示されていません
が、簡単に iPhone 用のファイルを作成できます
別のソフトで発生した、映像に音声が遅れるといったトラブルもありません

iPhoneからのテストです

iPhone用のフラグインからの投稿をテストしています

iPhone 3G から iPhone 3GS へ買い替える

すでに多くの方が iPhone 3G から iPhone 3GS に
切り替えられたかと思いますが
あまり正確な情報が書かれていないように感じましたので
私の場合に価格がどうなったか記録しておきます

iPhone 3G の端末代金は、私の場合
3,660円ー割引・月月割り 1,829円=1.829円
この月月割が、新しい iPhone 3GS に適用されて、無くなりますので
この部分で、毎月の支払いが1,829円増えることになります

新しい iPhone 3GS の端末価格は
新規購入の場合、実質負担金
16G 480円  32G 960円 とされています

が、機種変更の場合は
16G 割賦金2,700円(現金販売価格64,800円)に対して
月月割が、現在の利用期間に応じて
1,920円、1,720円、1,220円
32G 割賦金 3,180円(現金販売価格76,320円)に対して
月月割りが、1,920円、1,720円、1,220円と設定されています

私の場合、今回32Gを購入しましたので
3,180円ー割引・月月割1,920円=1,260円 となり
この部分も毎月の支払いが増えます

3Gの支払い分の増額分とあわせると
毎月の支払いが、合計1,829円+1,260円= 3,089円増えることになります

他に、パケット定額フルの上限金額が
5,985円ー4,410円=1,425円
安くなるキャンペーンが2009年9月まで行われており
この分は毎月の支払いが減ることになります

結論として、3,089円ー1,425円=1,664円
毎月の支払いが増えることになります

この支払いの増額で、
世界標準の最新 iPhone 3GS を持つことができます
すべてのものの値段が下がっている
デフレスパイラルに入ったかのような世の中で、
少ない、持つ喜びを感じさせてくれる iPhone 3GS ですので
この金額の増額は良しとしましょう

最後に、今回の iPhone 3GS への切り替えの際に、
Wホワイトプラン(他社携帯などへの通話割引)、980円への加入が必須となっています
が、必要なければ、翌月に忘れないようにプラン変更・解約しておきましょう

また、いままでの iPhone 3G の割賦が終了すれば(私の場合14ヵ月後)
毎月の支払いが、3,660円減少することになります
とはいっても、またその頃には新しい Apple 商品がでてくるでしょうが・・・・・

現在、手元にある iPhone 3G はどうするか?
家族に使用させるか、買い手があれば売ってしまうか
いろいろと考えられますね

iPhone 3GS の予約について考えてみる

意外と、2009年6月18日からスタートした
iPhine 3GS の予約が盛り上がっているようです
私にとっては意外です

丁度一年前なら判ります
が、隣の人が iPhone を持っているから、盛り上がっているのでしょうか?
すこぶる日本的な反応ですね

アメリカでは、AT&T の価格体系が問題にされているくらいで
特に今回の iPhone 3GS で盛り上がっているようには見えません

あせって今iPhone 3GS を買うと来年泣きを見るかな?

とはいっても、およそ2倍スピードの速い CPU はそれなりに魅力ですし、
カメラ、ビデオ、コンパスも何かと使えそうです

ソフトバンクの価格は 16GB が月額480円 32GBが960円
現在もっている iPhone 3G からの切り替えになります
ソフトバンクの代理店の話によると
古い端末の月月割と言う電話機割賦金に対する割引が
新しい電話機に適用になるので、古い電話機に対しては無くなるとのこと
調べてみると、私の場合、この部分1,829円がなくなり、
この金額が毎月の負担増になるかと思います
古い機種の一括買取と言う手もありますが
一括買取したからといって、安くなるわけでもありませんね

これに加えて、新機種への切り替え料金 2,000円近くがかかるようです
まぁ、正確かどうかはなんともいえませんが、こんなもんでしょう

さてさて、どうしましょうかねぇ・・・・・・・